9A-91

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
9A-91
9A-91.jpg
9A-91
概要
種類 アサルトカービン
製造国 ロシアの旗 ロシア
設計・製造 デジニトクマッシ
性能
口径 9mm
ライフリング 4条右回り
使用弾薬 9x39mm弾
装弾数 20発
作動方式 ガス圧利用式、ターンロックボルト
全長 604mm(銃床展張時)
385mm(銃床短縮時)
重量 1,750g
発射速度 700-900発/分
銃口初速 270メートル毎秒

9A-91は、ロシア連邦で開発されたアサルトカービン

概要[編集]

1980年代ソビエト連邦のデジニトクマッシ(TsNIITochMash)設計局は、特殊任務部隊向けとして、弾薬およびを総体として消音化した小銃ファミリーを開発した。これによって実用化された弾薬9x39mm弾であり、これを使用するアサルトライフルAS Val狙撃銃VSSであった。

しかし、これらの小銃で使用される9x39mm弾は、7.62x39mm弾を元にして大口径・亜音速化して開発された少数生産の専用弾であり、特にコスト面での問題が大きかった。9x39mm弾の普及を図り、生産数を増やす必要から、1990年代前半、デジニトクマッシ設計局は、この弾薬を使用する非消音型の小銃の開発に着手した。9A-91の開発は1992年より開始され、1994年より生産が開始された。なお、これと並行して、1994年よりSR-3 ビカールも開発されており、こちらは1996年より生産が開始された。

9A-91は、優れた隠匿携行性と威力を両立させており、ロシア国内軍に採用されているほか、輸出用として7.62x39mm弾、5.45x39mm弾5.56x45mm NATO弾を使用するバリエーションもラインナップに加えられている。また、9A-91を元に消音狙撃銃としてVSK-94英語版が開発されたほか、KBP A-91においても、その内部構造が踏襲されている。

参考文献[編集]

  • 床井雅美 『最新サブ・マシンガン図鑑』 徳間書店、2000年ISBN 978-4198913427

関連項目[編集]