AK-107

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
AK-107
AK-107
GP-25グレネードランチャーを装備したAK-107
種類 アサルトライフル
原開発国 ロシアの旗 ロシア
開発史
開発者 Youriy K. Alexandrov
開発期間 1990年代
製造業者 イジェフスク機械製作工場
派生型 AK-108
諸元
重量 3.8 kg (8.38 lb)
全長 943 mm (37.1 in) stock extended/700 mm (27.6 in) stock folded
銃身 415 mm (16.3 in)

弾丸 5.45x39mm弾(AK-107)
5.56x45mm NATO弾(AK-108)
作動方式 ガス圧作動方式, ロータリーボルト, BARS system
発射速度 850rounds/min(AK-107)
900rounds/min(AK-108)
初速 900 m/s (2,953 ft/s)(AK-107)
910 m/s (2,985.6 ft/s)(AK-108)
有効射程 500m
装填方式 30発マガジン
60発マガジン(AK-74互換)
照準 Protected front post, rear V-notch on tangent

AK-107は、5.45x39mm弾を使用するAK-100系列のロシアアサルトライフルである。これはかつてAEK-971で用いられたのと似た安定化(Balanced)機構が特徴である。名前のAKはこの場合"Avtomat Kalashnikova"(カラシニコフ自動小銃)ではなく"Alexandrov/Kalashnikov"(アレキサンドロフとカラシニコフ)である。これは従来のカラシニコフ型小銃にYouriy Alexandrovが開発した新型のガスシステムが組み込まれているためである。

これら新型ライフルは1970年代初期に開発された技術実証用のAL-7ライフルに由来する。AL-7は革新的な自動反動安定化システム(Balanced Automatics Recoil System,BARA)として知られる安定化ガス給弾機構を備えており、これは反動と銃口の跳ね上がりを除去するために1965年にPeter Andreevich TkachevがTsNIITochMashにて開発したAO-38で最初に用いられた。この機構はイジェフスク機械製作工場の若手エンジニアだったAlexandrovによって改良が加えられAL-7と名づけられた試作型が開発された。AL-7はソ連陸軍が制式小銃として採用したAK-74と比べて生産するには高価すぎると考えられた。それから1990年代まで開発が進展することはなく、すでにAlexandrovは年配の技師となったころになってAN-94よりは安価な別の選択肢として設計することを指示された。この新型小銃はオリジナルのAL-7からただひとつの差異しかない。AK-107のレシーバーには溝がなく、3点バースト機能はすでに備わっていた。別の言い方をすれば試作型のAL-7とほぼ変わらないといえる。

設計[編集]

AK-107とAK-108は1940年代に原型が作られたカラシニコフ型動作方式とは重要な変化があるとされている。特徴である安定化機構はニュートン力学第三法則(作用・反作用の法則)を用いている。この機構はそれぞれ反対方向へ動作する二本のオペレーティングロッドを使用することにより反動を安定化する反動軽減カウンターマスメカニズムを採用している。オペレーティングロッドのうち上側が前方向へのガスピストンである。前部からハンドガードまでのガスチューブは二本のロッドがある都合から二つの出口がある。ハンドガード上部にある拡大したガスチューブカバーはそれぞれのロッドをガイドする役割がある。

このライフルの射撃時にガスはガスポートから吸われチューブに入り込み、ボルトキャリアを後部に押しやるのと同時に、反動を打ち消す上側レールを前方へ押しやる形となる。重要な往復時の動作は両者と連動するよう繋がれた星型のスプロケットによってロッドが共に動ききった後に元の地点まで完全に同時に戻るようになされる。このように反動が軽減され、精度の向上と制御しやすいオート射撃を行えるようになる。往復部の長さは他のカラシニコフ設計の小銃より短く、そのため850–900発毎分という標準的なカラシニコフ小銃(600発毎分)より高い射撃レートを誇る。しかし、そのため反動が軽減されていても特にバースト射撃中ではむしろ強くなっていると製造者は主張しており、他のAK-100シリーズと比較して1.5倍から2倍であると報告される[1]

AK-107は射撃モードを変更することができ、セミオートとフルオートの中間に3点バースト射撃機能がある。AK-107においては3点射撃はたとえ1,2発を発射している途中であったとしてもトリガーを引くたびにリセットされる。光学および夜間照準器を備え付けることが可能でGP-30 40mmグレネードランチャーも搭載可能である。

AK-108はこの銃の5.56x45mm NATO弾を用いる派生型である。他のAK-100シリーズのようにこれら新型AKもピストルグリップやヒートシールドに用いられる繊維強化プラスチックのように化学合成素材を用いている。このような素材は原型のAK-74やAKMの木製素材よりも費用対効果が高く強靭である。

関連項目[編集]

出典[編集]