RPG-32

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
RPG-32
RPG-32
種類 対戦車ロケット弾発射機
製造国 ロシアの旗 ロシア
仕様
口径 105mm(砲身直径)
105mm / 72mm(弾頭)
使用弾薬 PG-32V タンデムHEAT弾
RHA:600mm + ERA
TBG-32 サーモバリック弾
装弾数 1発(使い捨て)
全長 1,200mm(105mmキャニスター装填時)
900mm(72mmキャニスター装填時)
重量 3kg(キャニスター無し)
10kg(105mmキャニスター装填時)
6kg(72mmキャニスター装填時)
銃口初速 m/秒
有効射程 200m
歴史
設計年 2005年~2007年
配備期間 2008年~現在
配備先 ロシア
ヨルダン
メキシコ
ブラジル
テンプレートを表示

RPG-32 Hashimロシア語: РПГ-32 Хашим)とは、ロシア連邦が開発した使い捨ての短距離対戦車ロケット弾発射装置である。

概要[編集]

RPG-32はロシア連邦がヨルダンからの発注に基づいて2005年から設計を開始し、2008年に完成した。

従来のRPGシリーズは砲身全体が使い捨てではないタイプ[1]と発射装置全体が使い捨てのタイプ[2]に大別されていたが、RPG-32は光学照準器と引き金がついたトリガーグループと、ロケット弾を格納したキャニスターで構成されており、トリガーグループはキャニスターの前端部に前部から差し込んで取り付ける。

発射後はトリガーグループから使用済みキャニスターを取り外した後に、新たなキャニスターを取り付ける。この時、発射後のキャニスターは廃棄される。

補足[編集]

  1. ^ RPG-2 / RPG-7 / RPG-16 / RPG-29
  2. ^ RPG-18 / RPG-22 / RPG-26 / RPG-27 / RPG-28 / RPG-30

関連項目[編集]

外部リンク[編集]