RPG-18

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
RPG-18
RPG-18 weapon.JPG
携行状態のRPG-18(上)
内部に収納されたPG-18 HEAT弾(下)
RPG-18
種類 対戦車擲弾発射器
製造国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ロシアの旗 ロシア
仕様
口径 64mm
使用弾薬 PG-18 HEAT弾
RHA:375mm)
装弾数 1発
全長 1,050mm(発射状態)
705mm(運搬状態)
重量 2.6kg(弾頭付き)
銃口初速 115m/秒
有効射程 200m
歴史
配備期間 1972年 ~ 1990年代前半
関連戦争・紛争 ソ連のアフガニスタン侵攻
テンプレートを表示

RPG-18ロシア語: РПГ-18 "Муха"エールペーゲー・ヴァスィムナーッツァチ「ムーハ(の意)」)は、ソ連の開発した携行用対戦車擲弾発射器で使い捨てのものである。

概要[編集]

使い捨てなので装填手を必要としない。RPG-18は通常発射筒を縮めた状態で運搬し、内部管を後方へ引き伸ばしてから発射する。発射筒は表面保護を施されたアルミニウム合金製で、外面に絵入りの取扱説明が書かれている。発射筒を伸ばした後で発射を中断する際には、手動の安全装置を使用する。いったん伸ばした発射筒を再び縮めるためには専門教育を必要とする。ベトナム戦争で捕獲されたアメリカ製M72 LAWを参考に開発されたとも言われているが定かではない。

最大射程は200mでそこに到達するのに6秒かかる。飛翔時間が6秒を超えると安全のために弾頭が自爆する。

1972年にソビエト連邦軍に正式採用され、アフガニスタン侵攻などで使用されたが、より高性能なRPG-22に更新されて1990年代前半に退役した。

登場作品[編集]

ゲーム

関連項目[編集]

外部リンク[編集]