RPG-40手榴弾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Soviet RPG-40 anti-tank grenade.JPG

RPG-40手榴弾ロシア語表記РПГ-40 )は、1940年にソビエト連邦で開発された対戦車手榴弾(対戦車擲弾)。

第二次世界大戦大祖国戦争)で使用され装甲車軽戦車には効果があったが、ドイツ軍が使用するIV号戦車V号戦車パンターといった中戦車には威力不足なため、1943年には後継としRPG-43手榴弾が開発された。第二次世界大戦後には、ワルシャワ条約機構軍も使用した。

スペック[編集]

  • 重量:1,200 g
  • 直径:213 mm
  • 全長:95 mm
  • 炸薬:TNT
  • 炸薬重量:760 g
  • 信管:遅延信管

外部リンク[編集]