PSS (拳銃)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Пистолет бесшумный ПСС
ПСС (пистолет).jpg
PSS消音拳銃
Пистолет бесшумный ПСС
種類 自動拳銃
製造国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
設計・製造 テシニートチェマッシ(精密機械技術中央科学研究所)・ビクター・レフチェンコ
仕様
口径 7.62mm
銃身長 35mm
使用弾薬 7.62mmx42 SP-4
装弾数 6+1発
作動方式 ショートリコイル
全長 165mm
重量 700g
銃口初速 200m/s
有効射程 25m(最大射程は50m)
歴史
設計年 1979年~1983年
製造期間 1983年~
テンプレートを表示

PSS拳銃ロシア語:Пистолет бесшумный ПССピスタリェート・ビシュシュームヌィイ・ペー・エース・エース)は、1983年ソビエト連邦ソ連国家保安委員会(KGB、以下KGBと呼称)が開発した自動拳銃である。特殊なカートリッジ弾薬)を使う事によって消音機能を持たせた珍しい拳銃である。「PSS(ПСС)」とは「特殊自動装填拳銃(Пистолет самозарядный специальный)」の略で、ロシアではこの略さない名称も一般に使用される。設計者の名前から、「レフチェンコ・ピストル」とも呼称される。以下PSSと呼称する。

概要[編集]

それまで偵察及び暗殺任務にはMPS拳銃とS4M拳銃を使用していた。この2つの拳銃はその任務の性格上、表ざたになることは無かった。しかし冷戦真っ只中の1970年代後半になり、ソビエト連邦のKGB要員がアメリカ中央情報局(CIA)を主導とした捜査網に掛かり逮捕される事態が発生し、その際にS4M拳銃の存在が知られてしまう事態となった。そこでKGBは、1979年に暗殺及び偵察等の秘密任務用に開発したのがPSSである。

旧ソ連の特殊部隊向け兵器を専門に開発していた、テシニートチェマッシ(精密機械技術中央科学研究所)のビクター・レフチェンコが開発したPSSは、S4Mと似たような特殊な弾薬カートリッジを採用している。これは、カートリッジ内に弾とピストンと燃焼剤が詰め込まれており、発射時に燃焼剤が燃焼してピストンが押し出され同時に弾丸も押し出され、発射された際に発生したガスを薬莢に留めると言ったシステムである。これにより、通常の拳銃の様な大きな音を出さずに発砲出来ると言うものである。無論口径は独自規格の7.62mm×42mm弾で、装弾数は6発で尚且つダブルアクション式のオートマチックとなっている。

当初1983年にKGBやロシア連邦軍参謀本部情報総局特殊部隊であるOSNAZに配備され、現在でもOSNAZのほか、KGBの後継機関であるロシア連邦保安庁ロシア内務省で使用されている。

登場作品[編集]

ゲーム[編集]

関連項目[編集]