9K32

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
9K32「ストレラ-2」
SA-7b.jpg
ミサイル本体(上段)
ミサイル・コンテナおよび発射装置(下段)
種類 携帯式防空ミサイルシステム
製造国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
性能諸元
ミサイル直径 約100mm
ミサイル全長 約1,490mm
ミサイル重量 9.97kg
(さらに発射装置重量 4.71kg)
弾頭 HE破片効果(1.15kg)
射程 550m-5500m
射高 18m-4500m
推進方式 単段式固体ロケット・モーター
誘導方式 パッシブ赤外線ホーミング(IRH)
(PbS素子)
飛翔速度 430m/s(ストレラ-2)
500m/s(ストレラ-2M)[1]
テンプレートを表示

9K32「ストレラ-2」(9K32「ストレラ-2」;ロシア語: 9К32 «Стрела-2»ヂェーヴャチ・カー・トリーッツァヂ・ドヴァー・ストリラー・ドヴァーStrela-2)は、ソ連で開発された携帯式防空ミサイルシステム(MANPADS)。小型の発射装置と赤外線誘導ミサイルの組み合わせにより、歩兵が携行、発射できる。ミサイル弾体は9M329М32ヂェーヴャチ・エーム・トリーッツァヂ・ドヴァー)と呼ばれる。北大西洋条約機構(NATO)によって用いられたNATOコードネームは「グレイル」(Grail)、DoD番号はSA-7。なお、「ストレラ」はロシア語で「」のこと。

概要[編集]

9K32「ストレラ-2」は、車載式の9K31「ストレラ」と並行して1959年頃から開発され、1968年前後に量産および配備が開始された。筒状のコンテナにミサイルが入っており、その下に小型の発射装置と引き金、ミサイル電源用の小型熱電池が取り付けられている。

ミサイルの射程は550m-5,500m程度、高度18m-4,500m程度の目標に対応する。誘導方式はパッシブ赤外線ホーミング方式であり、ミサイル先端に取り付けられた赤外線シーカーが目標となる航空機の熱を感知して追跡する。ただし本機の赤外線シーカーは冷却措置をもたない硫化鉛(PbS)焦電素子を用いたものであり、検知波長の関係上、必ずしも目標を適切に捕捉できない場合があり、特に初期型は性能が劣るとされている。

目標に直撃した場合、炸薬(HE)1.15kgが爆発し、これにより目標を破壊する。また、目標を逃した場合は、15秒程度で自爆する仕組みになっている。発射装置は別のミサイル容器に取りつけることにより、再使用できる。

9K32「ストレラ-2」は輸出が積極的に行なわれ、実戦でも多数が用いられている。中東戦争の際はアラブ諸国に供給され、ベトナム戦争では北ベトナム軍(ベトナム人民軍)に供給されて南ベトナム軍やアメリカ軍ヘリコプターを相当数撃墜している。アフガニスタン紛争 (1978年-1989年)において、ムジャーヒディーン側が中国エジプトのストレラ2のコピー品を使用していた。これらはCIAサウジアラビアの支援団体などが供給したものであり、皮肉にも自国が開発した兵器の複製品が自分たちの航空機を狙ったのである。近年では、湾岸戦争イラク戦争でも存在が確認されている。2012年には、ヒズボラがSA-7を用いて、イスラエルのヘリコプターを攻撃したとの報道もなされた[2]

基本型のストレラ-2は、射程が短く、炸薬の量が少ない点、フレアに対して脆弱である点などが欠点だが、海外製の派生型はこれらを改良しているとされる。生産数も多く、現在では世界中に拡散しており、非正規軍や、テロリストの手にも渡っているものと見られる。特に、2010年アラブの春に端を発する中東各国の政権崩壊の混乱により、軍が保有している武器がテロリストに流出しており、9K32も例外ではない[3]

後継型は9K34「ストレラ-3」

派生型[編集]

他に、艦載型(運用側の名称は「ストレラ-2」のままだがDoD番号は新たにSA-N-5が付されている)、車載型も開発・配備されている。その他、ユーゴスラビアなどでも派生型が開発されている。また、現地改修型と分類すべき派生型も多く、必ずしもすべては把握されていない。

配備国[編集]

登場作品[編集]

ドラマ
ゲーム
「熱追尾式ロケットランチャー」という名称で登場する。航空機はおろか、車両、船舶に対してもロックオン可能という驚異的な性能を誇っている。
名称がストレラ3になっている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]