野獣 (美女と野獣)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
野獣(ビースト)
The Beast
初登場 美女と野獣
作者 グレン・キーン
原語版声優 ロビー・ベンソン
日本語版声優 山寺宏一
詳細情報
種族 姿を変えられた人間
性別

野獣(やじゅう、Beast)は、1991年公開のディズニーの長編アニメーション映画『美女と野獣』の主人公[1]ビーストと表記されることもある。映画以外には続編『美女と野獣 ベルの素敵なプレゼント』と『美女と野獣 ベルのファンタジーワールド』の二本のOVA作品や、ゲームソフト『キングダム ハーツ』シリーズなどにも登場している。いずれの作品も現地声優はロビー・ベンソン、日本版声優は山寺宏一

設定[編集]

デザイン[編集]

野獣の容貌は特定の動物をそのまま擬人化したものではなく、複数の動物のパーツが組み合わさったものである。野獣のキャラクターデザインを担当したグレン・キーンは野獣の容貌をバッファローの頭部・ゴリラの額・ライオンの鬣・オオカミの尾と脚・クマの身体・イノシシの牙を合成した姿と認めている。[2][3]

人間としての姿のデザインもキーンが担当した。映画のDVD特典で、彼がミケランジェロ・ブオナローティオーギュスト・ロダンの彫刻を参考にしたというエピソードが紹介されている。[3]

どちらの姿の時も瞳の色は青である。元の姿に戻った際、この瞳の色はベルに目の前の男性(王子)が野獣と同一人物だと確信させた。[3]

人物[編集]

映画の冒頭の時点では不作法で、我慢ができず、すぐに癇癪を起こす。時間が経過して彼がベルに特別な関心を持つようになると、彼の態度は純真で不安定なものに変わって、しばしばベルを喜ばせようと熱心に試みる。彼はまた雪遊びのシーンなどで子どもっぽい様子を見せる。映画の終盤になるとベルの助けによって分別をわきまえ、幼稚さは消滅する。同時に大胆で、優しく、動揺を見せない、誇り高い紳士になった。

呪われてからはフォルテというパイプオルガンに姿を変えられた城の音楽家が奏でる陰気な曲のみを慰めにしていた。フォルテが居なくなった後は陰気な曲調以外の音楽も好むようになった。逆に、呪われてからはクリスマスと鳥を嫌っていた。理由は魔女がやってきたのがちょうどクリスマスの夜だったのと、己が醜悪であることを自覚しているため鳥のように可愛らしい姿の動物の存在は不愉快にさせるからであった。しかしベルの影響によって好意的に捉えられるようになった。

ミュージカル版の追加されたシーンでは、野獣は文字の読み方をほとんど忘れてしまっている。しかし1997年のOVA『美女と野獣 ベルの素敵なプレゼント』に野獣が本を難なく読むシーンがあり、矛盾が生じている。2002年に公開されたアイマックス版の追加映像はミュージカル版と合致している。

Prince Adam(アダム王子)[編集]

映画の監督およびプロデューサーは、DVDコメンタリーで野獣の本名を設定していないことを示唆する発言をしている。ミュージカル版やOVA等の著名な関連商品にも使用されていない。

一方で、1998年にDisney Interactive社が発売したMicrosoft Windows 95およびMacintosh対応のクイズゲームThe D Showでは、王子の名前をPrince Adam(アダム王子)としている。日本では、講談社の一部の雑誌において野獣の姿を「ビースト」、人間の姿を「アダム王子」と表記したことがある。[4][5][6][7][8]

アニメーション[編集]

美女と野獣[編集]

王子としてフランスのとある古城で召使いに甘やかされ暮らしていた。傲慢で冷酷な性格が原因で、11歳の冬の晩に魔女から呪いで悪魔のような醜い野獣に変えられてしまう。彼や召使い、城全体にかけられた呪いは彼の21歳の誕生日まで咲き続けるバラの最後の花びらが散るまでに彼が人を愛し人に愛されるという「真実の愛」を見つけなければ、二度と解けることはないと魔女に告げられる。醜い姿を恥じた野獣は城に閉じこもり続けた。

20歳になりバラの花びらが散り始めた頃、父モーリスのかわりに城の囚人となった若い娘ベルと暮らし始める。当初野獣に嫌悪感しか抱かなかったベルだったが、城から逃げ出しオオカミの群れに襲われた彼女を野獣が助けたことがきっかけで少しずつ友人として心を開いていく。野獣もまた、優しい心を育んでいった。

ある夜、ベルと野獣はベルを助けに森に入り、倒れているモーリスの姿を魔法の鏡で発見する。動揺するベルを見て、野獣はベルの釈放を決意する。ベルを釈放することは野獣たちの呪いが解けないことを意味するが、ベルを愛した野獣は承知の上で彼女を自由にしたのである。

ベルが城を去った後、野獣は生きる気力を失う。城の侵入者の一人ガストンに傷つけられても無反応・無抵抗だった。しかし城に戻ったベルに気付くと反撃を開始し、ガストンを追いつめる。ガストンの命乞いに応じ、野獣を待つベルの元に近づくが、今度はガストンに不意打ちを食らい腹部を刺され絶命する。深く悲しんだベルは野獣の亡骸に愛の告白をした。その直後にバラの最後の花びらが散る。

野獣が期限内に「真実の愛」を見つけられたので、彼の呪いは解け人間の王子の姿に戻った状態で生き返った。それから召使いと城も無事元に戻る。人間の姿のルミエールコグスワースポット夫人を見て王子は大喜びした。

美女と野獣 ベルの素敵なプレゼント[編集]

呪いが解ける前のクリスマスの話。野獣の回想を通して王子が呪われるときの様子が詳細に描写されている。

ベルと野獣の仲は当初よりは良好なものになっていた。しかしクリスマス・イヴの日、クリスマスを憎む野獣とクリスマスを祝おうとするベルは口論してしまう。

野獣の知らない間にベルは野獣のために本を書き、包装して彼の部屋に忍ばせる。次にクリスマスツリーに適した木を城の周りで探すが見つからない。呪いが解けない方が都合がいいフォルテは城の外にいい木があるとベルに告げる。ベルはフォルテの助言に従い、城に戻ってくるつもりで外に出た。

包装されたプレゼントを見つけ、野獣は喜びベルに歌をプレゼントしようとした。しかしベルが現れないので魔法の鏡を使うとベルが森の中を移動していた。フォルテはベルが野獣を裏切り逃げ出したと嘘をつき、騙された野獣はベルを追う。凍った池の中に落ちてしまったベルを助け出した。

ベルを牢に閉じこめた後野獣は本を読んだ。本の内容で野獣はベルが彼の幸せを願っていたことを悟る。

ベルを釈放し、野獣もクリスマスを祝おうとする。しかしフォルテは諦めず、魔法がかかった音楽の力で城を破壊しようとする。野獣はフォルテの一部を破壊して音楽を止め、フォルテは転倒し、滅びた。

最終的にクリスマスパーティーは無事に行われた。翌年のクリスマスに、王子はベルに一輪のバラをプレゼントした。

キングダムハーツシリーズ[編集]

キングダム ハーツ』をはじめ続編の『キングダム ハーツ チェイン オブ メモリーズ』、『キングダム ハーツII』、『キングダム ハーツ 358/2 Days』の四作に登場している。『美女と野獣』のキャラクターで声の出演が最も多い。キングダム ハーツ シリーズに登場するディズニー作品のキャラクターの中でも多大な活躍を見せた。性格は原作後期のものに近く、作中では一貫して「ビースト」と呼ばれている。ストーリーは原作をなぞるものではなくほぼオリジナルとなっている。

  • キングダムハーツ - 自分達の世界が闇の力に飲み込まれても連れ去られたベルを救いたい一心でホロウバスティオンに降り立ち、そこでソラと対面する。傷付いて尚ベルを救おうとする姿は打ちひしがれたソラを再起させた。その後はソラと共にベルを救い出し、無事に元の世界に戻った。
  • キングダムハーツ チェインオブメモリーズ - KHCOMでのビーストはソラの記憶の幻影としての存在である。再びマレフィセントによってベルと離ればなれにさせられるが、もう一度ソラの助けでマレフィセントを撃破し、ベルを救出した。
  • キングダムハーツ 358/2Days - 『KH』での出来事の後、ベルとすれ違いが生じていたが、あるきっかけから元の関係に戻っていった。しかし、この頃からすでにザルディンから偽りを吹き込まれていき、『KHII』の事件に至った。
  • キングダムハーツII - 強い心を持っていることからXIII機関の一人ザルディンに狙われるも、ソラたちの助けで難を免れる。エンディングで人間に戻った姿を見ることができる。

ミュージカル[編集]

ソロ曲『If I Can't Love Her』(日本語題『愛せぬならば』)をはじめ、ミュージカルの野獣は映画に比べ歌う場面が増えている。またわがままで幼稚な性格や笑えるシーンがところどころに見られる。例えば、映画と異なり序盤でベルに直接頭を下げて夕食に誘ったり、ベルの衣装への賞賛内容が的外れだったりと映画からの変更・追加がある[9]劇団四季による日本語版で野獣を演じた俳優は次のような人物がいる。

後注[編集]

  1. ^ ベルと野獣どちらが主人公なのかは製作者の間でも一貫していない。一例を挙げれば、映画のDVDにおいて製作総指揮のハワード・アッシュマンは生前「映画のタイトル通り両者が主人公」であるとの見解を示していたと語られる。一方で監督のゲーリー・トゥルースデイルとカーク・ワイズは「作中で成長する野獣が真の主人公」との見解を示している。
  2. ^ Dave Smith(1998)『Disney A to Z: The Updated Official Encyclopedia』(Hyperion、ISBN 0-7868-6391-9)p.52。
  3. ^ a b c 映画DVD特典「キャラクター・アート・ギャラリー」の音声解説
  4. ^ ディズニーファン 2010年1月号』、講談社、2009年11月21日。
  5. ^ ディズニーファン編集部、『東京ディズニーリゾート スーパートリビアガイドブック』、講談社、〈My Tokyo Disney Resort〉、2010年3月16日、31、33頁。
  6. ^ 『東京ディズニーランドガールズガイド 2010-2011』、講談社、2010年2月19日。ただし「アダム王子」ではなく「プリンスアダム」である。
  7. ^ 『子どもと楽しむ! 東京ディズニーリゾート』、講談社、〈My Tokyo Disney Resort〉、2010年6月11日、42、45頁
  8. ^ 『東京ディズニーリゾート スーパートリビアガイドブック 2012』、講談社、〈My Tokyo Disney Resort〉、2012年3月12日、16頁。「アダム王子」の表記のみ。
  9. ^ 2008年劇団四季公演

関連項目[編集]

外部リンク[編集]