ディズニー・ヴィランズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ディズニー作品 > ディズニー・ヴィランズ

ディズニー・ヴィランズDisney villains)は、ディズニー作品の悪役キャラクター、敵役キャラクターを集めた一種のブランド名。多種の企画、商品展開が行われている。

概要[編集]

ディズニー作品の悪役全般であり、子分や手下もこれに含めるが、元々悪役だったが改心したキャラクターなどもいるため、例外的ケースがある。ヴィランかどうかを主に決めるのは、初出演作の終了時点であるといわれている。例えば、『アラジン』の悪役ジャファーの手下イアーゴは、続編では改心してアラジンの仲間となっているが、本作終了時はまだ敵に回っていたためヴィランであるということになり、ナサニエルやケンとビッグベビーのように作品の途中で改心している者は含まれないことになる。また、「リロイ&スティッチ」で改心したのに「スティッチ!」で再び敵になったガントゥとルーペンといった特例もある。

また、ミスター・スミーやクロンクのようにヴィラン側に属しているだけで、本人の性格はいたって善良なキャラクターも存在する。逆に、クレイトン、プロスペクター、ローク、ヘンリー・J・ウォーターヌース、リコ、オート・パイロット、ロッツォ・ハグベア、マザー・ゴーテル、キャンディ大王、ハンス、ラムズリーのように一見主人公側の味方に見えるが、途中で邪悪な本性を露わにする者や、シンドロームやチャールズ・マンツのように冒頭では善良だったが、途中で悪の道に走る者もいる。また、ロッツォ・ハグベア、ターボ、ランドール・ボッグスのように過去にプライドが傷付いて悪者になった者もいる。

ヴィランの目的は実に多々で、主に王の座、世界征服、主人公を倒す事、ヒロインとの結婚、大金、美貌、不老不死、復讐、優勝などが挙げられる。

扱い[編集]

ディズニー作品はほとんど勧善懲悪なので、ヴィランズの多くは最終的に(場合によっては半分自滅する形で)倒される。但し、初期の作品やあまり物語に関わらないヴィラン(『ピノキオ』の悪役群、ズオウとヒイタチなど)は倒されずに、いつのまにか物語から姿を消すことも少なくない。また、ヘッドレス・ホースマンのように珍しく倒されずに主役に勝つ悪役もいる。『シンデレラ』のトレメイン夫人のように続編にて初めて制裁を受けたヴィランズもいる。ヴィランはだいたいシリアス系(マレフィセント、アースラ、ジャファー、クロード・フロローなど)とコミカル系(フック船長、ハデス、イズマなど)に分かれており、ラストの結末もどちらに属するかでだいたい決まっている。シリアス系は途中まで主人公側を圧倒して追いつめるが、最後に逆転されて壮絶な最期を遂げることが多い。また、死因の多くが崖や高い建物から落ちるなどといった転落死である。コミカル系は、死なずに辛うじて生き延びるものの、主人公側から散々に痛めつけられて笑いものになるパターンが多い。さらにコミカル系のヴィランの一部は、ビッグ・バッド・ウルフ、ブレア・フォックス、カーのようにディズニーランドのショー・パレードで、元の作品では敵同士だったキャラと仲良く登場するケースもある。また、ヴィランは劇中で悪巧み中や主人公側を追い詰める時に高笑いするケースが多い。パークのショーに登場する際も、高笑いする事例が多く見られる。

悪役の手下は、シェンジ・バンザイ・エドやペインとパニックのようにドジでいつもボスに迷惑をかけてばかりな者が比較的多い。逆に、レイバンやフロットサムとジェットサムのように使える手下も数少ないながらもいる。また、悪役の手下やペットには、サイとアムやブルータスとネロのように二人組で行動するのが多いのが特徴である。

ヴィランの味方は基本的に少ない手下しかおらず、物語の登場人物の大半は主人公側の味方だが、「美女と野獣」、「カールじいさんの空飛ぶ家」、「アナと雪の女王」のようにヴィランの味方の方が多い場合もある。

ディズニー作品と一口に言っても「長編アニメ映画」「OVA」「TVシリーズ」「実写映画」「ディズニーチャンネル・オリジナル・ムービー」「ゲーム」など色々なジャンルがあるが、ヴィランは同じ条件で制定される。

制裁の例

シリアス系

マレフィセント:真実の剣で心臓を貫かれて消滅した。

アースラ:船の先端が腹部に突き刺さり、海の底に沈んで消滅した。

ジャファー:ランプを破壊されて消滅した。

スカー:ハイエナたちの裏切りにあい、食い殺された。

クロード・フロロー:神の怒りに触れ、大聖堂から転落した。

シャン・ユー:ムーシューが放ったミサイルに突き飛ばされて爆死した。

クレイトン:蔦が首に絡まり、木から転落して首を吊った。

ホッパー:親鳥に捕まり、小鳥たちに食い殺された。

ローク:体がクリスタルに変貌し、プロペラに衝突して粉砕した。

ラティガン:ビッグベンの鐘の音が響き渡った際に、ビッグベンの針の上からバジルと共に転落した。

パーシバル・C・マクリーチ:川に落ちてワニから逃れたが、滝壺に転落した。

ブッチ・ギャヴェンディッシュ:列車に衝突して死亡。

ドクター・ファシリエ:世界を支配する資格はないと別世界の友たちに判断され、異次元に引きずり込まれた。

マザー・ゴーテル:フリンがラプンツェルの髪を切ったことで魔力を失い、朽ち果てた。

キャンディ大王/ターボ:ダイエット・コーラの噴火に飲み込まれて消滅した。

びっくり箱:兵隊との決闘の末、暖炉に落ちて燃え尽きた。

コミカル系

フック船長:ワニに追いかけられ、水平線の彼方へ消えていった。

ハデス:死の川に落とされ、トイレのような臭いを嫌がりながら吸い込まれた。

ランドール・ボッグス:人間界に追放され、ワニと間違えられて殴られた。

ロッツォ・ハグベア:運転手に拾われ、トラックに貼り付けにされた。

ハンス:衛兵に逮捕され、王国へ強制送還された。

ディズニー・ヴィランズの一覧については、下記の公式サイトのアーカイブを参照のこと。

ヴィランズのテーマ曲のみを集めた音楽アルバムや、既存作品のヴィランズ登場部分を集め、新作部分を加えたオリジナルビデオなども多数販売されている。

主なディズニー・ヴィランズ一覧[編集]

ウォルトディズニーアニメーションスタジオ長編作品[編集]

ディズニー・ピクサー作品[編集]

実写映画[編集]

ヴィランが歌っている歌[編集]

  • 準備しておけ/Be Prepared:スカー、シェンジ・バンザイ・エド、ハイエナたち
  • 劣れる者よ/You're Only Second Rate:ジャファー
  • ウーギーブギーのうた/OOGIE BOOGIE'S SONG:ウーギー・ブギー
  • 哀れな人々/Poor Unfortunate Souls:アースラ
  • 信じて欲しい/Trust In Me(The Python's Song):カー
  • 朝の風景/Belle:ガストン
  • 強いぞ、ガストン/GASTON:ガストン、ル・フウ、村人たち
  • 夜襲の歌/The Mob Song:ガストン、ル・フウ、村人たち
  • 僕の願い/Out There:クロード・フロロー
  • 罪の炎/Hellfire:クロード・フロロー
  • 海賊のくらし:海賊たち
  • スミーの鼻歌:ミスター・スミー
  • フック船長はエレガント:フック船長、海賊たち
  • マイン・マイン・マイン/Mine, Mine, Mine:ジョン・ラトクリフ
  • Savages:ジョン・ラトクリフ
  • Things Are Not What They Appear:ジョン・ラトクリフ
  • 悪役の館/It's Our House Now:ジャファー、アースラ、クルエラ、フック船長、ハデス 他
  • ファシリエの企み/Friends on the Other Side:ドクター・ファシリエ、別世界の友
  • ファシリエの企み(リプライズ)/Friends on the Other Side(Reprise):別世界の友、ドクター・ファシリエ
  • ドント・フォール・イン・ラブ/Don't Fall In Love:フォルテ
  • 私のララバイ/My lullaby:ジラ、ヌカ
  • 世界一の大悪党/The World's Greatest Criminal Mind:ラティガン、ラティガンの手下たち
  • シャム猫の歌/Siamese Cat Song:サイとアム
  • アバヨ、王子様/Prince Ali(Reprise):ジャファー
  • 誰がバラを赤く塗った?/Who's Been Painting My Roses Red:ハートの女王、トランプ兵士たち
  • Madam Mim:マダム・ミム
  • Feel Like A Million:イズマ
  • 盗賊仲間へようこそ/Welcome to the forty thieves:盗賊たち
  • 味方か敵か?/Are you in or out?:サルーク、盗賊たち
  • ハイ・ディドゥル・ディー・ディー/Hi Diddle Dee Dee:正直ジョン
  • Yodel-Adle-Eedle-Idle-Oo:アラメダ・スリム、ウィリーズ
  • お母様はあなたの味方/Mother Knows Best:マザー・ゴーテル
  • お母様はあなたの味方(リプライズ)/Mother Knows Best (Reprise):マザー・ゴーテル
  • クルエラ/Cruella:クルエラ・ド・ヴィル
  • アイム・ゲッティン・グッド・アット・ビーイング・バッド/I'm Gettin' Good at Being Bad:クルエラ・ド・ヴィル
  • スウィート・ナイチンゲール/Oh Sing Sweet Nightingale:ドリゼラ
  • とびら開けて/Love Is An Open Door:ハンス

その他[編集]

  • 朝の風景(リプライズ)/Belle(Reprise)
  • 町のクルエラ/Cruella de Vil
  • Hercules - Gospel Truth II
  • 町のクルエラ 2000/Cruella de Vil 2000
  • モルデューの歌/Song Of Mor'du

参考[編集]

  • 『ディズニーキャラクターコレクション ディズニー・ヴィランズ』 講談社 2004年1月20日発行 ISBN 4-06-315503-X
  • ディズニー・ハロウィーン
    東京ディズニーリゾートのショー、パレードにヴィランズが登場するものは多々あるが、特に下記のパレードはそのタイトルに「ヴィランズ」の文言を含んでいる。
    • 2008年 ディズニー・ハロウィーン・パレード “レッツ・ゴー・ヴィランズ!”
    • 2008年,2009年 ディズニー・ハロウィーン・パレード“バンザイ!ヴィランズ!”
    • 2009年 ディズニー・ハロウィーン・パレード“リ・ヴィランズ!”

関連[編集]

  • ディズニープリンセス - ディズニー作品に登場するプリンセスのキャラクターの総称。商品展開の名称としても使用されている。

脚注[編集]