ブレア・フォックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブレア・フォックス(Br'er Fox)は、ジョーエル・チャンドラー・ハリスの作品『リーマスおじさん(Uncle Remus)』シリーズに登場する架空のキツネ。また、その作品を原作としたディズニー映画南部の唄』に登場するディズニーキャラクターである。名前のブレア(br'er)はブラザー(brother)の南部訛りである。

原作におけるブレア・フォックス[編集]

ディズニーにおけるブレア・フォックス[編集]

擬人化されている。主人公であるブレア・ラビットと敵対しているためディズニー・ヴィランズに分類される。日本では「スプラッシュ・マウンテン」での呼称に従い、きつねどんと呼ばれることもある。


ブレア・フォックス
Br'er Fox
初登場 南部の唄
原語版声優 ジェームズ・バスケット
日本語版声優 関時男(ポニー版)
石丸博也(ブエナ・ビスタ版)
青山穣(ディズニーランド・アドベンチャーズ)
詳細情報
種族 キツネ
性別


南部の唄[編集]

日本語吹き替え版での呼称は旧吹き替え版ではずるぎつね、新吹き替え版ではきつねくん。チカピンヒル(旧吹き替え版ではチカピンヶ丘)という丘の上に住むずる賢いキツネ。ブレア・ラビットを捕まえて食べようと綿密な計画を立てているが、毎回ブレア・ラビットに出し抜かれたり相棒のブレア・ベアに邪魔されたりして失敗に終わっている(それどころか逆に散々な目に遭っている)。旧吹き替え版では事あるごとに「いーっひっひっひっひ」と不気味に笑っている。

スプラッシュ・マウンテン[編集]

東京ディズニーランドでの呼称はきつねどんずるぎつね(ブレア・ラビットから)で、声は旧吹き替え版の関時男が担当。基本的に映画と同様の役回りだが、アトラクションではブレア・ラビットを茨の茂みに投げ入れる役がブレア・ベアに変更されている。

関連項目[編集]