ピート (ディズニーキャラクター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピート
Black Pete / Peg-Leg Pete
初登場 Alice Solves the Puzzle(1925)
作者 ウォルト・ディズニー
アブ・アイワークス
原語版声優 ウォルト・ディズニー(1928)
ビリー・ブレッチャー(1932 – 1954)
ジム・カミングス(1992 – )
日本語版声優
BVHE
大平透
詳細情報
種族 ヤマネコ
性別

ピート (Pete) は、ヤマネコをモチーフにしたディズニーキャラクターである。フルネームはブラック・ピート (Black Pete) 、またはペグレグ・ピート (Peg-Leg Pete)。

来歴[編集]

デビューは短編シリーズ『アリス・コメディー』の『Alice Solves the Puzzle(原題)』(1925年2月15日)で、ミッキーマウスよりも早い。その後も引き続き『アリス・コメディー』シリーズや、『オズワルド・ザ・ラッキー・ラビット』シリーズに登場し、ウォルト・ディズニーがオズワルドの版権を奪われてからも1933年まで同シリーズに登場していた。ミッキーのデビュー作である『蒸気船ウィリー』(1928年11月18日)にも登場し、それから今に至るまでミッキーのライバルでい続けている。このことから、ピートは最古のディズニーキャラクターの一人と言えるだろう。

ロバート・ルイス・スティーヴンソンの小説『宝島』のジョン・シルバー船長がモデルと言われており、初期の作品ではそちらの設定に倣って『蒸気船ウィリー』などの一部作品を除きシルバー船長と同じく義足になっていることが多かったが、作画の効率化のためのちに義足の設定は削除された。しかしミッキー、ドナルド、グーフィーの三銃士の作中では再び義足になっている。DVDの映像特典であるミッキー達の解説によるコメンタリーによると特殊な方法で義手をつけているらしい。『エピックミッキー』に登場する過去のピート達も全員義手であった。

声優[編集]

原語版声優
吹き替え声優

設定[編集]

パパはグーフィー』(原題:GOOF TROOP)シリーズでは、お隣のグーフィーの家と家族ぐるみの付き合いをしている。このシリーズではグーフィーから親友だと思われているが当の本人は嫌気が差している。しかし、この設定がある『グーフィー・ムービー』シリーズでは「俺達、やっぱり縁があるな」と言うなど嫌ってはおらずむしろ彼に友好的でTVシリーズとは異なり、親友と言える間柄である。

  • 妻:ペグ。美人でスタイルもいいが気が強く、ピートを尻に敷いている。グーフィーに対しては友好的。ピートがグーフィーを都合良く利用しているとピートを諫め、グーフィーの味方をしてくれる事が多い。
  • 息子:PJ(ピート・ジュニア)。外見はピートに似ているが気が弱く、優しい性格。グーフィーの息子のマックスと親友になっている。ピートから厳しくされているが感謝の手紙を読むと涙を流したり、PJがいなくなると異様なまでに心配されることがある。
  • 娘:ピストル。外見はペグに似て可愛らしいが、ピートに甘やかされて育ったせいか我が儘でおてんば。

ピートとグーフィーとは大学時代からの親友(実際はグーフィーがそう思っているだけ)らしいがグーフィーと関わると酷い目にあうと思い、彼を嫌っている(作品によるが基本的にグーフィーはピートとは今でも親友と思っている)。

職業は中古車ディーラーの社長。ピートが粛清役でミッキー・ドナルド・グーフィーがいろいろとトラブルを起こす役という設定もあるが、ミッキーマウスの宿敵というキャラクター設定もあり、狡賢い悪役キャラクター設定になっている。特に際だつのが、「子供が役に立つのは税金の控除の時のくらいのもんだ」(第40話『ハエになったピート』より)というセリフ。しかし『パパはグーフィー』シリーズにおいては娘のピストルを溺愛しており、PJもなんだかんだで大切にしている。

職業が「中古車ディーラー」というのもアメリカ的である。これは、アメリカ人にとって、「自動車ディーラー」は「歯医者」よりも行きたくない所らしく、「うまく口車に乗せられて売りつけられる」というイメージがあることから。アニメの中でも、廃車同然の車を高額で売りつけるシーンが何度も登場する。

趣味は自家用クルーザーで釣りに行く事。

一部の短編作品やゲームなどでは、グーフィー同様本人ではなく彼によく似た人物(ジュリアスなど)が登場し、悪さしていることが多い。(これはエピックミッキーでピート本人が「色々な兄弟がいる」だと話している)かなり皮肉屋でドナルド以上の短気なキャラという設定が目立つがその一方で間抜けで憎めない部分がある。一部の作品の説明でも根は善人と出ており、近年の作品では、「ハウス・オブ・マウス」で今までクリスマスパーティーに招待しなかった自分を招待してくれたミッキー達を助けたり、「ミッキーマウス クラブハウス」などでは仲良くしていることが多いなど昔に比べ、悪人度が下がっている。『エピックミッキー』でも当初は住民からは良く思われていなかったがミッキーの協力で和解し、どのピートも人々のために力を尽くす一面を見せる。『ミッキー、ドナルド、グーフィーの三銃士』のコメンタリーでも憎まれ口を叩きながらもミッキー達と仲良く会話する場面がある。

クラシック短編集時代はミニーに好意を抱いており、キスをしようとしては嫌われ、攫うことが多かったが「ハウス・オブ・マウス」以降からは既に結婚しているためか興味はなく特に『ミッキー、ドナルド、グーフィーの三銃士』では王妃である彼女に不満を持っている。

ミッキー達からは基本的に「ピート」と呼び捨てにされているが作品によってはさん付けしたり、ピート隊長などと呼ぶこともある。『キングダムハーツシリーズ』では、ミッキーとは上司と部下という関係のためか王様になってもミッキーからは「ピート船長」と呼ばれている。

その他[編集]