ジャック・スパロウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャック・スパロウ
Jack Sparrow
パイレーツ・オブ・カリビアン』のキャラクター
Jack Sparrow in Tokio.jpg
東京ディズニーランドのジャック・スパロウのコスプレイヤー
初登場 呪われた海賊たち
作者 テリー・ロッシオ
テッド・エリオット
ジョニー・デップ
平田広明
詳細情報
種族 人間
性別
職業 海賊
家族 エドワード・ティーグ(父)

ジャック・スパロウ(Jack Sparrow)は、映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズに登場する架空の人物で、同作の主人公格(※ジャックが本当に主役になったのは生命の泉から)である海賊。映画では俳優ジョニー・デップが演じ、日本語吹き替えは平田広明が担当している。

キャラクターの発想について[編集]

ジョニー・デップは、現在に残されている海賊たちの実像を記録した文献以外にも、彼が大ファンであるローリング・ストーンズのギタリスト、キース・リチャーズ(彼はデップの熱烈なリクエストから第3作に出演することとなった)と、アニメ『ルーニー・テューンズ』に登場するスカンクのキャラクター、ペペ・ル・ピューの双方に演技の面で影響を受けたと述べている(ちなみに、1935年の冒険映画『海賊ブラッド』の初期に登場するブラッド船長を演じた、オーストラリアの俳優エロール・フリンの演技にも感化されたとしている)。またデップは文献から「自身の掟に忠実な海賊は、自身の美意識に忠実な現代のロックスターのような」イメージを持っていること[1]、またジャック船長を「性的にあいまいな」感じに好んで演じていたことについても述べている[2]

デップは当作の演技でアカデミー主演男優賞にノミネートされた。脚本家のテッド・エリオットやテリー・ロシオらは1作目のDVDのコメントで、デップが演じるジャック船長をバッグス・バニーやアメリカの喜劇俳優グルーチョ・マルクスと比較している。

伝記[編集]

映画登場以前[編集]

ディズニー公式サイトや映画シリーズに基づいたテレビゲームによれば、ジャック・スパロウはかつて劇中の東インド貿易会社に雇われていた船乗りで、東インド貿易会社の商業用大型船である「ウィキッド・ウェンチ号(「あばずれ娘」の意)」の舵を取り、カトラー・ベケット卿からの一風変わった仕事を遂行していた。しかしジャックが奴隷を輸送するのを拒んだため、ベケット卿はウィキッド・ウェンチ号に火を放って沈めることで制裁を与え、ジャック・スパロウに海賊の烙印を押した。これ以降ジャックは他人から命令される生活に戻らず、名実共に海賊となりその名を轟かせるようになる。後に、自らの船を求めたジャックは、映画2作目で登場するタコの姿をした海賊デイヴィ・ジョーンズに、沈んだ船を海底から引き上げて欲しいと嘆願する。その後船を「ブラックパール号」と命名し、自らの船とした。

なお、2006年6月より、ジャックの少年期の冒険を綴った子供向け小説シリーズ『ジャック・スパロウの冒険』全12巻が出版されている。作家ロブ・キッドによって書かれたこのシリーズは、ジャックと寄せ集めの若い船員達が伝説の「コルテスの剣」を探し求めるというストーリーである[3]2011年4月より、同じくロブ・キッド作のパイレーツ・オブ・カリビアン外伝『シャドウ・ゴールドの秘密』全5巻が出版された。このシリーズは、ブラックパール号の船長となったジャックが呪いをかけられてしまい、それを解くのに七つの海を渡り伝説の海賊長たちの元を訪れるというストーリーで、『ジャック・スパロウの冒険』の続編となっている[4]

2011年11月、初の大人向け番外編小説『パイレーツ・オブ・カリビアン 自由の代償』上・下巻が竹書房より出版された。この小説は上記2シリーズとは異なり、著者はA・C・クリスピンである。ジャックが20歳から25歳の時のストーリーで、彼が海賊から東インド貿易会社の船乗りとなり、再び海賊に戻ってブラックパール号を手に入れるまでのいきさつや、カトラー・ベケットとの確執、そしてジャックの恋愛話などが盛り込まれている。総ページ数1000ページを超える長編小説であり、恋愛描写もかなり踏みんだ内容になっているなど、子供向け小説とは作風の全く違う、大人の読者を意識したストーリーとなっている[5]

パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち[編集]

部下の裏切り[編集]

映画第1作である。映画の物語の10年前、ジャックは、ブラックパール号を指揮して、隠された伝説のアステカの金貨を探索していた時に、ヘクター・バルボッサ一等航海士に率いられた船員達の反逆により、自決用に弾丸が一発だけ装填されたピストルと共に孤島に一人だけ放置された。しかし、3日後、その孤島に酒類を蓄えていた酒類密輸入船の一団がやってきた時、物々交換による取引で孤島から脱出させてもらう(他人には、上手く捕まえた2匹の海亀を自分の背中の毛で作ったロープで縛ってイカダにして、孤島から自力で脱出したなどと吹聴していた)。以来、屈辱を味わわせたバルボッサへの復讐に燃えながら、海賊として再起することになったのである。そして、意趣返しのために、バルボッサを殺す時に使うのは「一発だけ弾丸が装填されたピストル」と心に決めて、10年もの間携帯しており、ナッソー港では銃を使うことなく略奪に成功している。

ウィルとの邂逅[編集]

ジャックは現在のジャマイカにあり17世紀商業船の中心港であったポート・ロイヤル港に到着するも、総督の娘エリザベス・スワンが溺れているのを救った後、海賊容疑で逮捕されてしまった。拘留されている間、スパロウの牢屋にウィリアム・ターナー・ジュニアが訪れ、バルボッサ率いる海賊にさらわれたエリザベスを探しだすためにジャックの助けを求めた。エリザベスはポート・ロイヤル港でバルボッサ一団に襲われた際、自身を「エリザベス・ターナー」と名乗ったため、バルボッサは彼女こそビル・ターナーの血を引く生き別れの子供だと勘違いしており、呪いを解く目的で彼にさらわれていたのである。ジャックはここでウィルが以前の船員仲間であった「靴ひものビル」または「ブーツ・ストラップ」の異名を持つビル・ターナーと全く同じ名前であることに気付き、話の中でウィルがビルの実の息子であると悟る。ビルは暴動でジャック追放に同調せず、その後バルボッサとの対立から、靴紐に砲弾を括り付けられて海の底に落とされてしまった男だった。

ブラックパール号の船員を襲ったアステカの呪いの伝説に詳しいスパロウは、呪いを解くにはアステカの金貨を宝箱から入手した者、またはその親族の血で金貨そのものと共に贖われなくてはならないこと、つまり金貨を持ち出した船員の1人であるビルの血を引く者が必要であると知っていた。そこでジャックはブラックパール号を奪回するためにウィルを使えると考え、エリザベス救出に力を貸してやると持ちかける。ウィルは海賊をひどく嫌っていた(彼は父の素性を知らなかった)にもかかわらず、スパロウを牢獄から出すのを助け、宮廷海軍船であるインターセプター号を奪うことに同意した。その後2人は、トルトゥーガへ行って船とその船員となる人物を募り、イスラ・デ・ムエルタへ向かってブラックパール号を捕捉。ウィルの愛するエリザベス・スワンを救い出す。

バルボッサとの決着[編集]

それからジャックはブラックパール号に追われることとなる。激しい海戦の末、インターセプター号は沈み、船員は捕虜としてブラックパール号に捕らえられてしまう。そしてジャックとエリザベスは、ジャックが以前置き去りにされた島に二人置き去りにされることになった。エリザベスは長らく捨て去られていた備蓄品のラム酒を使用して火をおこし始め(ジャックはラム酒が無くなったことに落胆していたが)、海軍船舶に発見される。彼らはジェームズ・ノリントン提督に救出され、ウィルを助けるため、エリザベスはノリントンにイスラ・デ・ムエルタを攻撃するよう説得した。

到着した島では、ジャックが洞穴にこっそり入り、バルボッサに海軍が外で待ち伏せしていると知らせてウィルが犠牲にされるのを防いだ。そしてバルボッサは、ジャックの提案によって海軍を全滅させ、軍艦を手に入れるため船員を送り出す。しかしジャックはバルボッサへ向き直り、剣で交戦する。バルボッサはジャックの胸に剣を突き立てたが、月光が差す後ろへよろめいたジャックは、なんと呪われた姿となっていた。彼はバルボッサと対等に戦うために自分もまた不死身になろうと、隙を見て宝箱からこっそり金貨を盗み、自分もあえて呪われていたのだった。不死身同士の戦いで決着がつかないと思われたが、ジャックが常に持ち歩いていた銃でバルボッサを撃つと同時に、ウィルの血の一滴により呪いが解かれ(当然ジャックの呪いも解ける)、バルボッサは倒れる。ジャックは再び逮捕されて、絞首刑執行のためポート・ロイヤルに引き戻された。ところがウィルとエリザベスの助けによって城壁から「誤って」後ろへ落ちたとし、その場を脱出することに成功した。かつてのジャックの仲間たちが操るブラックパール号は既に停泊して彼を待っており、乗船したあと進路を変えた。ついにジャックはブラックパール号の船長に返り咲くことに成功したのだった。

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト[編集]

島の族長に[編集]

第2作目が始まるにつれ、ジャックが13年前にデイヴィ・ジョーンズ自身からブラックパール号を手に入れたことが明らかとなり、今やジョーンズへ船の借りを返すか、もしくは死者の船として有名な彼の「フライング・ダッチマン号」で100年間奴隷として働くかを迫られていた。その頃ウィル・ターナーは東インド会社のカトラー・ベケット卿からジャックのコンパスを見つけるか、あるいはジャックの脱走を手助けした罪でエリザベスと共に絞首刑に処されるか、と告げられていたため、ジャックが所有するコンパスを捜していた。ウィルはジャックをペレゴストス族の島で発見するも、ジャックは彼らに族長と勘違いされ神として扱われており(1作目で「…そしてその時彼らが俺を族長にしたんだ」といったセリフがあったのを思い出される)、それはまたジャックがこれから島の民に食べられ、「肉体から魂を解き放たれる」ことを意味していた。ジャックは生きながらにして料理される前に島民に小休止をとると告げて自由の身となり、彼らに捕まえられる前にやっとのことで停泊していたブラックパール号に辿り着くことができた。ジャックは「今日という日を忘れるな、キャプテン・ジャック・スパロウを捕り逃がした日だ」と決め台詞を言おうとするものの、船側の波に遮られた。この出来事に続いて、船員たちはジャックがかつて関係をもったと示唆するジャマイカの司祭、ティア・ダルマのもとへ辿り着いた。

最後の闘い!?[編集]

ジャックはその後デイヴィ・ジョーンズと相対する羽目になり、ジョーンズにジャック自身の命と引き替えに100人の魂を交換することを約束してしまう。それからジャックは大急ぎでデイヴィ・ジョーンズの宝箱を捜し、また同じく宝箱を求めるノリントンとターナーの双方と対峙することになった(例を挙げれば、ターナーはジョーンズの船で奴隷の境遇にある彼の父親・「靴ひものビル」を自由にしたいと切望していた)。ノリントンが、宝箱をもって戦場を走りぬけ、デイヴィ・ジョーンズの船員たちが、それを追跡している間に戦闘からなんとか逃れたが、彼らが戦っていた島から十分に離れられる前にジャックの命と彼のブラックパール号を奪うため、ジョーンズはフライング・ダッチマン号を海中から海上に浮上させた。デイヴィ・ジョーンズはブラックパール号が手の届かない位置に遠ざかるまで大砲で船を襲撃した。これにより、デイヴィ・ジョーンズが船を取り戻すためにクラーケンを召喚するよう促してしまう。ブラックパール号の船員が自分たちの命を守るため果敢にも戦っている中ジャックはボートで逃げ出したが、コンパスを覗き自分の「最も手に入れたいもの」が何であるかを知る。 その後、期せずして英雄的登場でブラックパールに戻り、ウィルと協力してクラーケンを追い払うが、単にクラーケンを怒らせただけだ、とブラックパールを捨てることを決断する。

スパロウ死す[編集]

船員が船から脱出の準備をする際、エリザベスはジャックをブラックパール号のマストへと連れだして彼にキスをし、同時にマストの支柱に手かせで彼を縛り付けた。彼女がクラーケンはジャックの後のみを追っており、こうして縛り付けたことは仕方がなかったと説明した際、ジャックは飾り気無く「海賊め」と答えたが、それはもし自分が彼女の立場なら自分も同じことをしただろう、と彼女を認め、自分の運命を受け入れたことを指し示していた。エリザベスはその後脱出ボートに乗り、ウィルが荒く(キスシーンを見た後で)「ジャックはどこだ?」と聞くと、彼女はボートに乗った自分達が助かるより良い機会を与えるため、一人船に留まったのだと答えた。

そうしている間にジャックは手錠から抜け出して何とか自由になることができたが、自身がクラーケンと目の前で対峙するのがわかっただけであった。ジャックは無くしていた自分の海賊帽を拾い上げて「Ello, beastie(よお、怪物)」と言い、クラーケンの口へと突進していった。その頃ブラックパール号と共に海に沈んでいくジャックを見届けたデイヴィ・ジョーンズは、宝箱に彼の心臓はもはや入っていないことに気が付いていた。怒ったジョーンズは宝箱のことでジャックを咎め、「Damn you, Jack Sparrow!(おのれ、ジャックスパロウめ!)」と叫んだ。しかし肝心のジョーンズの心臓はノリントンが所有しており、彼はそれをベケット卿に届けてジャックを追跡した際に失った名声、第1作目後のある時期に遭遇した竜巻で失った彼の多くの船員、それから彼の階級を取り戻したいとベケット卿に取引を持ちかけた。

ブラックパール号の残りの船員達は、暗く陰鬱な空気に包まれたティア・ダルマの家へ再び到着した。ギブスがジャックの名声に乾杯の音頭をとると、ウィル以外皆が連なってそれに答えた。そして暖かい飲みものを配り、皆がジャック・スパロウ船長を祝してそれを飲んだ。しかしエリザベスは悔恨にあふれ、唯一飲まなかった。打ちひしがれた様子のエリザベスに気付いたウィルは「もしジャックを取り戻すためにできることがあったなら、エリザベス…」と言うとそこにダルマが割って入り、ジャックと彼の大切なブラックパール号を取り返すためなら快く地球の果てまで航海するかどうかと尋ねると、全員が賛同を表明した。ダルマは一同に「不気味で取り憑かれたように危険な『世界の果て』」に果敢に立ち向かうならば、7つの海を知り尽くした船長が必要だ」と告げた。その言葉を受けて階段を下りてくる人物。肩に猿のジャックを乗せ、青いリンゴをかじる男は、死んだはずのバルボッサだった。「よお、俺の船はどうなった?」と尋ねるシーンで第2作目は終了する。

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド[編集]

スパロウ救出[編集]

ジャック・スパロウはジョーンズのクラーケンに飲み込まれブラックパール号ごとジョーンズの墓場に送られていた。バルボッサやブラックパール号の船員たちに救助され、元の世界に戻る方法をひらめき仲間と共に無事に生き返る。

海賊長会議へ[編集]

復帰後、ジャックは周囲からの話や実際にクラーケンの死骸を目の当たりにすることで、自分の不在中に海で起きた状況を確認する。ベケットがジョーンズの心臓の入った宝箱と鍵を手に入れ、制海権を握りつつあることを。彼はベケット本人と交渉を行い、東インド貿易会社へ対抗する海賊の最後の牙城であり近々海賊長会議が招集される「難破船入江」の場所を案内する見返りとして、ジョーンズとの契約を無効にするよう要求してその場を去る。

パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉[編集]

生命の泉[編集]

スペイン漁船の漁網に謎の男の身体がかかり引き上げられ、すでに死んでいると思ったその男は何故か生きていた。手に持っていたのは「生命の泉」に関する事が書かれたものと、その男が唯一発した言葉「Ponce de León(ポンセ・デ・レオン)」…200年前に生命の泉を発見したと言われた伝説の海賊の名だった。

偽スパロウ現る[編集]

ジャックは相棒のギブスと共にイギリスのロンドンに潜伏していた。そしてロンドンのいたるところで「ジャック・スパロウが乗組員を集めている」という噂を聞く。そのことを調べていく内に父親のキャプテン・ティーグと出会う。ティーグはジャックを酒場に連れ込み、泉に行くにはレオンの持つ聖杯2つがいるという事と「泉はお前を試す」と言い残し、ジャックの目の前から姿を消した。その直後に酒蔵に自分に似た影を発見し激しい剣戟の末偽スパロウの正体はかつて肉体関係を持ったアンジェリカであることを戦い方から見抜いた。その直後ジャックはアンジェリカの仲間に吹き矢で眠らされてしまった。

黒ひげ[編集]

目が覚めたジャックはアンジェリカの乗る船で水夫として働かされていた。マストには神の教えを説いていたという宣教師、フィリップがくくりつけられていた。ジャックはアンジェリカに事の次第を問いただしていく内にアンジェリカの父が史上最恐の海賊「黒ひげ」であるという事が判明した。アンジェリカは父の死が予言(義足の男に命を奪われる)されておりそれから救おうとし、そのために生命の泉を目指していることも判明した。 その夜、ジャックは仲間を集め反乱を計画、黒ひげの姿を見たことがある者がいないという事は黒ひげは乗っていないと推測し、船を乗っ取ろうと反乱を起こした。反乱は成功に終わろうかとしていたとき船長室から史上最恐の海賊「黒ひげ」ことエドワード・ティーチが現れた。ジャックは黒ひげに取り入ろうとするも失敗し、さらにアンジェリカに「二人だけで泉に行かないか」と取り入ろうとするも一人生贄が必要だから二人で行っても意味がないと失敗。しかしここでジャックは泉で必要な儀式についての情報を得る。それは聖杯が二つとそれぞれに泉の水を入れ、さらに片方に人魚の涙を入れる必要があるということ。そして水だけが入っている聖杯を飲んだ方の寿命を、人魚の涙と水が入ってる聖杯を飲んだ方が得られるということを聞き出した。さらに黒ひげは今まで沈めた船を瓶に閉じ込め集めていて、その中にブラックパール号があった。そして自分に手を貸せばブラックパール号を渡すとアンジェリカは交換条件を差し出してきた。

人魚の涙[編集]

黒ひげはまず儀式に必要な「人魚の涙」の獲得のためホワイトキャップ湾へ向かう。そして黒ひげは人魚を一匹捕獲することに成功した。 次に聖杯を獲得するため黒ひげ一行はレオンの船へと向かう。しかし一行は断崖絶壁に行き当たる。ジャックは迂回をしていく道を進めたが黒ひげはジャックにここから飛び降ろ、と命じる。ジャックはしぶしぶ聞き入れ崖から飛び降りた。

バルボッサ、再び[編集]

レオンの船に辿り着いたジャックを待っていたのはバルボッサだった。しかしバルボッサは海賊ではなく生命の泉を探す英国王ジョージ2世に忠誠を誓い、いまや英国海軍に属し「サー」の称号を持つ公賊へと変貌していた。

聖杯[編集]

ジャックとバルボッサはレオンの船の中で聖杯の入った箱の取り合いを始める。しかし箱の中には石が二つ入っていただけでスペインに先を越されていた。二人はレオンの亡骸が持っていた地図を見てスペインの拠点を突き止める。ジャックとバルボッサは協力をし聖杯を取り戻すことにした。一度は聖杯を手にはしたが逃げ道をスペイン軍にふさがれ二人はヤシの木にくくりつけられて囚われの身となってしまう。その際にバルボッサはイギリスやジョージ2世、生命の泉などはどうでもよく自分の片足とブラックパール号を失わせた黒ひげを殺すことのみが目的とジャックに話した。 その後ジャックはヤシの木によじ登りロープにヤシの実をくくりつけて向かいのヤシの木に巻きつけ、飛び移り脱走、さらにそれを合図と得たイギリス軍の手によりバルボッサも自由の身となりジャックは聖杯二つを確保しその場から去る。

いざ、生命の泉へ[編集]

聖杯を手に入れたジャックはバルボッサの元で案内人役をさせられていたギブスとともに黒ひげ達の元へと戻り生命の泉を目指す。戻った際にジャックはいくつかの交換条件を黒ひげに持ち出す。それは「コンパスを自分に返すこと」、「アンジェリカに手を出さない」という内容だった。

キャラクターの個性[編集]

船長としての地位[編集]

船長という「階級」無しで単に名前だけを呼ばれることを嫌い、名前だけを呼ばれるといちいち「キャプテン(船長)だ。キャプテン・ジャック・スパロウと呼べ」と訂正を求める発言を繰り返すことに象徴されているが、自分こそがブラックパール号の船長だという強い気持ちを持っている。第1作目における彼の大部分の行動は殆どこの目的のみに尽きるし、逆に船長になるためにはどんなことでもする。

ジャックは一度船長となったバルボッサには、自身の従属と自分の海賊としての稼ぎの25%を還元することを申し出ており、それはジャックがバルボッサに彼の側に従うものと確信させるための単なる策略にすぎないはずであったが、それが結果としてジャックに船の指揮権を奪回させた。更にジャックは自由を好み、エリザベスにも「船とは、本当のブラックパール号とは、自由なのだ」と説明している。また彼は第2作目の『デッドマンズ・チェスト』では、ジャックが文字通りブラックパール号に自身の魂を売り正しく船の船長であるのだと確証された。クラーケンに襲われ船員達が船から離れざるを得なくなった時もまだ、ジャックは「ブラックパール号は俺にとってたった一つの船だ」とギブスに告げ、その後も船に居残り最愛の船を置き去りにすることを意図していないように見えたが、これはクラーケンがボートではなくジャックを追っていることを彼自身知っており、エリザベスもクラーケンが何の後を追っているのか確かめていた事実があったためと思われる。

振る舞い[編集]

最も明白な特徴と言えば、焦点が定まっていないかのように決まり悪そうに激しく動かす手ぶりと、やや酔っぱらっているようなよろめいた動きである。 彼は実際、島からの脱出を助けてもらった酒類密輸業者と浮かれ騒いで過ごしていたこともあったが、ウィルは劇中、スパロウのふらつきはその前に孤島に置き去りにされて高温の気候と熱射に苦しんだ結果ではないのか、と推測するシーンがある(ギブスは否定しているが)。またスパロウの手振りは、敵を無防備にさせておくための策略のひとつであるとも信じられており、まともに話を聴いているのかわからない酔っぱらいのような態度は、話を不明瞭にする傾向にも繋がっている。

そのほか、ジャックは右の肘と手首の間の前腕に、はっきりと海に沈む太陽の前方を飛ぶスズメタトゥーを彫っている。これは明らかにノリントンがすぐ識別できると思われる、忌まわしい海賊へのよく知られた認定印である。(ちなみにスズメは英語でSparrow)更に彼は東インド会社によって右の手首にアルファベットPPirates{海賊}の頭文字とされる)の焼き印が押されている。第2作目中にPの焼き印が映っているシーンで、カトラー・ベケット卿は彼とスパロウがある時期においてお互いに「印を付けた」ことがあると触れている。一方でベケット卿の焼き印も同じくアルファベットのPであるらしいものの、どのようにしてジャックがベケット卿に焼き印をつけたのかについては正確に明示されていない。

ジャックの資産[編集]

海賊であるジャックは資産として自身の体に常に多数のアイテムを身につけており、彼の三角帽コンパスピストル、そしてコートをまとめて「彼の資産」として知られている。

コンパス

北を指さないコンパス。ヴードゥー教の予言者ティア・ダルマと交換して受け取ったもので、通常のコンパスと異なり、コンパスを持つ人間が最も欲しているものを差す。一般的にこのコンパスは宝物や価値のある品目を指すが、人を指すこともできるほか、どんな人間が持っても機能し、地面の上に置かれ触れられていない間でさえも機能することができる。

このジャックのコンパスは第2作目の初めでは故障しているように思えたが、しかしその後ジャックがウィルを助け出す唯一の方法は「死者(デイヴィ・ジョーンズ)の宝箱」を探し出すことだと説得してエリザベスに持たせると、彼女はウィルを救い出すことしか考えていなかった為うまく機能した。また、後になってエリザベスがコンパスを所持していた際、コンパスはジャックを指したため彼女は動揺しながら「コンパスが壊れている」と不満を言わせることになった。またジャックが地面に置かれたコンパスを見たときエリザベスが砂地に座っていたため、身振りでその場所を移動するよう合図したシーンもある。

ピストル

弾が一発だけ入ったピストル。ジャックがバルボッサに裏切られ、島に置き去りにされた際に施されたものである。本来は自決用に用意されたものだが、ジャックはこのピストルでバルボッサに復讐することを決意し、島を脱出した後10年間使わずに持っていた(ただし発砲はせずとも脅しには何度も用いている)。『呪われた海賊たち』にてバルボッサに発砲、心臓に命中し、その瞬間にウィルが金貨の呪いを解いたためにバルボッサは死亡、悲願は達成された。

三角帽

ジャックの帽子。ジャックのお気に入りで常にかぶっており、「ジャックの資産」について話し合うとき彼は必ず帽子について特別な言及をする。2作目では冒頭部にてデイヴィ・ジョーンズの脅威から逃れる際、誤って海に落としてしまうが、必死に回収しようとする船員達に「そのままにしておけ」と命じて彼らを驚かせた。この帽子はその直後にクラーケンによって食べられてしまう。しかしジャックはやはりこの帽子に未練があったようで、同作品中で映画全体を費やしてちょうどいい代用の帽子を探しており、特にパブでの乱闘のシーンでは戦闘に没頭していた数多くの人の三角帽を盗んでは試着していた。結局彼は2作目の最後に向かう場面で、自分が飲み込まれる前にクラーケンに吐き出された元の帽子を再び取り戻している。

「銀貨」

ジャックが9人の“伝説の海賊”の1人である証。ジャックのそれはモロッコビーズと古代タイの金貨で、彼はそれを装飾品として頭からぶら下げていた。カリプソを目覚めさせる儀式にて焼失。

特色[編集]

海賊にはまれながら、スパロウは利他的な性向があることで知られる。彼はよく危険を冒してまで他人を救い出すことがあり、特にウィルとエリザベスには著しくよく見られる。第1作目の脚本では、ジャックの優しさは甘さに通じ、彼の船員が反乱を起こした理由の一つであると示唆している。ジャックが海軍船「インターセプター」上で呪われたアステカの金貨の一つを非暴力的な方法で見つけ出そうと提案した際、バルボッサは「今ならわかるだろう、ジャック。お前はそんな態度だからブラックパール号を失ったのさ。人は死んだようになっている時をうかがいやすいものだ」と言っていた。更にスパロウは「海賊の掟」を重んじる高潔な男として演じられている。彼はまた世の中には「良い」海賊がいるとも信じ、それがビル・ターナーを「靴ひもの」と評価することに繋がっている。

ジャックは自分が「女という生き物の直感」を持つ女好きの男であると思いこんでいる。しかし、彼はみたところでは女性と長期間の関係に傾倒できないようである。ジャックは女性をとりこにする達人として演じられているが、以前の恋人が彼と彼を求める女性に平手打ちで叩く傾向があったようで、口説き落とす女性は彼にとって不快な記憶であるようだ。

スパロウがもっともよく使用するフレーズには、「savvy?(サヴィ?、お分かり?の意)」(デップは「余り連呼するものだから、僕の娘はジャックの本名をキャプテン・ジャック・スパロウ・ザヴィだと思っているよ」とコメントしている)や「bugger(バガ、想定外のことが起きた場合などに用いる)」がある。また彼は「(特定の立場を指揮できる)好都合な瞬間」を待つことにも幾つか言及している。またスパロウがもっとも引き合いに出すセリフは「Why is the rum gone?(なんでラム酒が無くなったんだ?)」である。

またジャックは見たところ真性口臭症に悩まされているようである。彼がノリントンにやや近づいたときはその悪臭で一歩後ろに下がらせ、スワン総督には1作目の最後に猿ぐつわで口を塞がれた(DVD版のコメントで、監督のゴア・ヴァービンスキーはその時のジャックの呼吸が「ロバの肛門内部」に似ていたと述べている)。2作目の「デッドマンズ・チェスト」の中でジャックがエリザベスにロマンチックに接近しようとした時、彼女はお互い違うタイプの人間であると色々なことを指摘し、その中の一つは「身体の衛生」であった。

1作目の「パイレーツ~」シリーズの映画DVDに収録された脚本家のコメントによれば、スパロウはターナー、バルボッサ、ノリントンと比べ最も才能の無い剣士であり、難解な立場を切り抜けるのに剣術よりも頭の回転に頼っているようである。

前述したようにジョニー・デップは海賊を「現代のロックスター」のようだと述べている。これは自らの美意識に忠実、という以外にもロックスターにまつわる話や伝説が通例スター自身よりも大きいものであるからである。1作目でカットされたシーンの中に、置き去りにされた孤島でエリザベスが最初に島から脱出した話がそれほど冒険的でないと知った後、彼の「他の」話で真実があるかどうか尋ねる場面があった。スパロウは表面上その彼女の遠回しな質問を侮辱したようであったが「真実?」と最初に答え、それから体中にある数多くの傷跡をさらした。これには東インド会社によって右手首につけられたPの焼き印、左前腕に沿ってできた原因不明の巨大な傷跡、そして右側の胸部に二つのマスケット銃の弾丸による外傷が含まれていた。それを見たエリザベスは目に見えて震え、一方のジャックは冷たく皮肉を込めて「真実なんか一つもないね」と結んだ。

スパロウは侮辱する言葉として「eunuch(「宦官」「去勢された男」などの意。吹き替え版では「タマなし」)」をよく用い、ウィル・ターナーとの争いの間にも「剣術の練習に長時間費やす傾向があるターナーは「eunuch」か」などと尋ねるシーンがある。第2作目中でも、原住民族の言葉を真似して彼らに何か喋っているセリフの合間に「Eunuchy snip-snip(ユーニッキー・スニップ・スニップ、Eunuch『去勢された男』とsnip-snip『ちょきんちょきん』を掛けているものとも考えられる)」と、のジェスチャーを交えながら言っている。

他作品での登場[編集]

  • ジャック・スパロウはテリー・クラークカントリー音楽作品「ガールズ・ライ・トゥー」のビデオクリップで空想の恋人として登場する。
  • ゲームソフト『キングダム ハーツII』ではポート・ロイヤルの任意のパーティメンバーとして登場。英語圏で発売されたバージョンでは、英語圏版『ファイナルファンタジーX』でティーダの声優を担当したことでも知られる、ジェームズ・アーノルド・テイラーがジャックの声優を担当している(第2作の撮影のスケジュール上、デップ自身を起用できなかったため)。なお日本版では吹き替え版でもジャックを担当し、他の作品でもジョニー・デップの日本語吹き替えを数多く担当している平田広明が担当している。また、作中には『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』のジャック・スケリントン(通称・ジャック)が登場する為、ソラ達から「スパロウ」と呼ばれている。
  • スパロウの名前はXbox専用のゲームである『Fable』と『Fable: The Lost Chapters』で墓地の墓石にも登場する。墓石には「J・スパロウ:追い風がいつもあなたの後ろにありますように」とあり、これは映画「ブロウ」でデップが演じたジョージ・ユングが、彼の父親と乾杯に参加した時のセリフの引用から来ているようである。
  • 古典喜歌劇『ペンザンスの海賊たち』の2006年オーストラリア公演で、海賊王の役がアンソニー・ウォーロウによって演じられたが、その扮装や演出はジャック・スパロウ瓜二つであった。
  • スパロウは海外版パソコンやPlayStation 2用のゲームソフト、『パイレーツ・オブ・カリビアン:レジェンド・オブ・ジャック・スパロウ』に敵キャラとしても登場。ゲームではジャックがどのようにして暴動に遭い置き去りにされた孤島から脱出したかや、銃弾を発砲することなくどうやってナッソー港で略奪を行ったか等を含めた、ジャックの過去のイベントが起こる。なおこのゲームでは、ジョニー・デップ自身がゲーム中のジャック・スパロウの声を担当している。しかし、ゲーム中に登場する他の映画キャラクターの声優は、映画本編で演じる俳優と異なっている。
  • 2006年春、ディズニーはカリフォルニア州ディズニーランド、およびフロリダ州マジック・キングダムにあるライド型アトラクション、「カリブの海賊」をより映画に関連付けたものに改装した。デップ演じるジャック・スパロウは街の宝物を探求する演出で、同アトラクション内に3度登場する。最後のシーンでは勝ち得た宝に囲まれた王座に座り、「ヨーホー」の歌(en:Yo Ho (A Pirate's Life for Me))を満足げに歌う勝ち誇ったジャックが見られる。2007年7月20日東京ディズニーランドの「カリブの海賊」も同様のものに改装された。
  • アメリカのプロレスラーポール・バーチルは、WWEに所属していた2006年にスパロウを意識した海賊ギミックを演じていた事があった。

参考文献[編集]

以下は翻訳元である英語版の出典である。

  • smh.com.au - ロックンロール・バカニーア、2006年7月23日検索 (英語)
  • femalefirst.co.uk - ジャック・スパロウはゲイ?、2006年8月17日検索 (英語)
  • amazon.com - アマゾン、ジャック・スパロウの検索結果と関連書籍 (英語)
  • comingsoon.net - カミングスーン・ネット、第3作目のシーンが明らかに (英語)

関連項目[編集]