マジック・キングダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マジック・キングダム

マジック・キングダムMagic Kingdom 略称:MK)は、アメリカフロリダ州オーランドウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートにある4つのディズニーパークの内の1つである。

概要[編集]

ウォルト・ディズニー・ワールドと共に、1971年10月1日に開園。シンボルは中央に位置するシンデレラ城で、後に東京ディズニーランドのモデルともなった。2005年から2006年にかけて、カリフォルニア州ディズニーランドの開園50周年を記念し、シンデレラ城を巨大なステンドグラスや彫像などでデコレーションしていた。

パーク[編集]

園内は6つの「テーマランド」に分かれている。

テーマランド一覧[編集]

メインストリートUSA[編集]

ディズニーランドのメインストリートUSAは1900年代初頭のアメリカの小さな町(ウォルト・ディズニーが少年時代を過ごしたミズーリ州マーセリンがモデル)をモチーフとしたエリアだが、ここではそのコンセプトを更に発展させ、より華やかな古き良きアメリカを再現している。アトラクション、物販、飲食の様々な施設のみならず、パーク全体のサービス施設の多くがここに集中している。パーク情報や日本語翻訳機(トランスレーター)の貸し出しを行っているCity Hall(ゲストリレーションズ)もある。日本人キャストも働いており、外貨両替も行ってくれる。東京ディズニーランドのワールドバザールにあたる場所だが、東京のような屋根は無く(これは、ロサンゼルスやフロリダは、東京と異なり雨が少ないため)、さらにメインストリートに入る前に「タウンスクエア」と呼ばれる広場があり園内を一周する鉄道の発着駅があるなど、その構成には違いがある。また施設の2階部分は東京と違い一般には公開されている部分はない。

アドベンチャーランド[編集]

カリブの海賊
冒険を舞台にしたテーマランドで、「ジャングルクルーズ」などのアトラクションがあるメインエリアと「カリブの海賊」を中心にした「カリビアンプラザ」から成る。

フロンティアランド[編集]

ビッグサンダー・マウンテン
スプラッシュ・マウンテン
アメリカ開拓時代がモチーフで、「ビッグサンダー・マウンテン」や「スプラッシュ・マウンテン」などのアトラクションがある。東京ディズニーランドのウエスタンランドにあたるエリアである。

リバティー・スクエア[編集]

ホーンテッドマンション
ホーンテッドマンション」などのアトラクションがある。本来はディズニーランドのメインストリートUSAの裏手に造る予定だった「リバティーストリート」として発案されたものが発展して一つのテーマランドになった。便宜的に独立したテーマランドだが隣接するフロンティアランドと景観的にはほぼ一体化した構成になっている。ディズニーランドではこれに相当するエリアは「ニューオーリンズ・スクエア」であるが、こちらはモチーフとしている町がニューオリンズなので「ホーンテッドマンション」がある以外「リバティー・スクエア」とのデザイン的な共通点はない。東京では「ホーンテッドマンション」がファンタジーランドにある他は、その施設のほんの一部がウエスタンランドに取り込まれているのみである。

ファンタジーランド[編集]

イッツ・ア・スモールワールド
おとぎの世界がモチーフ。「イッツ・ア・スモールワールド」などの他、「ピーターパン空の旅」、「プーさんの冒険」などディズニー映画をテーマにした多くのアトラクションがあり、中世ヨーロッパのフェスティバルをテーマにした建物が並ぶ。マジック・キングダムのシンボルであるシンデレラ城はここに位置している。
2012年12月6日にミッキーのトゥーンタウン・フェア跡地を利用して拡張しリニューアルオープンされた。「エンチャンテッド・フォレスト」と「ストーリーブック・サーカス」の2つのエリアから成る。

トゥモローランド[編集]

スペース・マウンテン
最先端の近未来がモチーフのテーマランド。「スペース・マウンテン」や「バズ・ライトイヤーのスペースレンジャースピン」などのアトラクションがある。

過去に存在したテーマランド[編集]

ミッキーのトゥーンタウン・フェア[編集]

ディズニーのキャラクターたちが住んでいる街として作られている。最初は「ミッキーのバースデーランド」として期間限定でオープンし(1988年6月18日)、後に「ミッキーのスターランド」に改められ(1990年5月26日)、1996年に再び改称されて現在にいたる。2012年12月に完了予定のファンタジーランド拡張のために2011年2月にクローズした。

アトラクション[編集]

外部リンク[編集]