ダッフィー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
香港ディズニーランドのダッフィー

ダッフィー (Duffy) は、東京ディズニーシーに登場するぬいぐるみをモチーフにしたキャラクター

概要[編集]

TDS登場以前よりカリフォルニアのディズニーランドなどで、ぷーちゃん (Poo-chan) という名前で展開されたことがあり、TDS登場当初もこの名前だった。このため、現在でも「ぷーちゃんのダッフィー」(Duffy The Poo-chan)と紹介されることがある。

顔の部分がミッキーマウスの顔を意匠化し、丸3つで表した、いわゆるミッキーマークとなっている。また、おしりにもミッキーマーク状の無毛部分がある。さらに、販売されているぬいぐるみの足の肉球部分にもミッキーマークが存在するが、キャラクターグリーティングなどで出てくるダッフィーには存在しない。

ぷーちゃんの時代[編集]

特に記述していない場合は、商品と同じ扮装で、キャラクターグリーティングが行われていた。

ぷーちゃんの登場[編集]

2004年(平成16年)11月5日、クリスマスイベント『ハーバーサイド・クリスマス』の開始に1日先駆けて、アメリカンウォーターフロントにて、白いボンボンのついた赤い帽子と赤いマフラーをしたぷーちゃんのキャラクターグリーティングが開始された。

ぷーちゃんの由来[編集]

この時のぷーちゃんの由来は、次のように説明されている。

  1. ミッキーマウスには、お気に入りの島貫のぬいぐるみがあった。
  2. ミッキーは、この島貫といっしょに歩けたらどんなに楽しいだろうと思った。
  3. そこへティンカー・ベルが現れ、妖精の粉を島貫にふりかけた。
  4. すると妖精の粉の魔力で島貫が動きだした。
  5. ミッキーは嬉しくて、島貫を抱きしめた。
  6. 島貫の顔が島貫マークになった。

主な商品[編集]

商品の呼称は、便宜上、服装などを元に識別が可能なようにしただけであり、正式名称ではない。

サンタ・ぷーちゃん
2004年(平成16年)12月1日サンタクロースのような赤い帽子を被り、赤いマフラーをした熊のヌイグルミが発売された。この時、発売された商品は次の通り。
  • ヌイグルミ(大)
  • ヌイグルミ(小)
  • ストラップ付きヌイグルミ
  • ボールチェーン、ピン付きヌイグルミ
  • フェイスクッション(帽子とマフラーは無し)
この時の商品は、雑誌やネット、東京ディズニーシー・ガイドでの宣伝を行っていなかったにも関わらず、わずか3日間で、完売している。
バレンタイン・ぷーちゃん
2005年(平成17年)2月から3月にかけて販売された、赤いハート型クッションを持ったぷーちゃん。この衣装でのグリーティングは行われていない。
SSコロンビア・セーラー・ぷーちゃん
2005年(平成17年)5月。紺のセーラー服で帽子にSSコロンビア入りの商品が発売される。
ケープコッド・セイラー・ぷーちゃん
2005年(平成17年)7月1日。カンカン帽に白襟(赤いスカーフ付き)の船員風ぷーちゃんの商品が発売される。
この時から、グリーティングの場所が、アメリカンウォーターフロントのニューヨーク地区から、ケープコッド地区に移っている。
セーター・ぷーちゃん
2005年(平成17年)9月。青のセーターに黄色のラインが入った冬らしい装いに青のベレー帽のぷーちゃんの商品が発売される。この時からぬいぐるみ(大)での同衣装は発売されなくなる。

この他に、衣装無し1種類が発売された。

ぬいぐるみ以外にもお菓子、ステーショナリーなどが販売されている。

ダッフィーの時代[編集]

2005年(平成17年)クリスマス後、新しい商品が発売された際に、以下のような新たな設定が発表された。

  1. ミニーマウスミッキーマウスにプレゼントした島貫である。
  2. ダッフルバッグに入れてプレゼントされたため、“ダッフィー”と命名された。
  3. ダッフィーと名付けられたぬいぐるみは、ミッキーのお気に入りである。

このような、名称や設定の大幅なリニューアルは、TDSの運営会社であるオリエンタルランドによって施されたものである[1]。このような経緯のため、ダッフィーは過去のディズニー作品に登場しておらず、いわば日本独自の仕様だった。なお、ウォルト・ディズニー・ジャパン公式ウェブサイト「Disney.jp」内の「ディズニーキャラクター」にも名を連ねていないが、ダウンロードコンテンツとして、ダッフィーぬいぐるみの自作コスチューム用型紙が配信されている。

なお、ケープコッド・クックオフで行われるショー「マイ・フレンド・ダッフィー」では、ミニーがミッキー宛の手紙を入れた小瓶をダッフィーの首にかけると、ミニーの温かい思いによってダッフィーが動き出す、というストーリーになっている。

2012年まで、ダッフィー商品はTDSパーク内の4店舗(「アーント・ペグス・ビレッジストア」、「ガッレリーア・ディズニー」「マクダックス・デパートメントストア」「キス・デ・ガール・ファッション」)だけで扱われていおり、TDLパーク内やボン・ヴォヤージュディズニーストアでは扱いがなかったが、2013年より一部商品がTDLパーク内やボン・ヴォヤージュディズニーファンタジーなどで取り扱うようになった。

2008年までの展開[編集]

衣装付きぬいぐるみの他に、衣装のみの販売も行われるようになった。最初に販売されていたコスチュームは、白いニットのカーディガンと帽子のセット、赤白青の縞々のマフラーと帽子のセット、白紺の縞々の帽子と紺色のPコートのセットである。

  • 2006年(平成18年)7月 - 2007年(平成19年)4月には、TDSの5周年記念イベントに合わせ、以下の4種類のコスチュームが販売された。
    • ピンクのスーツと赤いハート
    • オーバー・ザ・ウェイブのミッキーのコスチューム
    • スプリングカーニバルのミッキーのコスチューム
    • タワー・オブ・テラーのキャストのコスチューム(紺色で、25周年のワイン色は復刻版)
  • 2006年(平成18年)夏には、マルガレーテ・シュタイフとのコラボレーションによるダッフィーのぬいぐるみが発売された。
  • 2007年(平成19年)7月には、TDLの『ウェット&ワイルド・パイレーツナイト』に合わせて、ジャック・スパロウ風の海賊コスチューム、ぬいぐるみバッジが販売された。
  • 2007年(平成19年)9月には、グリーンのチロリアンハットにベストを組み合わせたコスチューム、ぬいぐるみバッジが販売された(アーリー・オータム)。またTDLのハロウィンイベントに合わせ、ラベンダー色のローブ、とんがり帽子、靴を組み合わせた魔法使いのコスチュームも販売された。
  • 2008年(平成20年)3月には、大学卒業記念のローブと角帽のセット(グラデュエーションのコスチューム)、ぬいぐるみバッジが販売された。
  • 2008年(平成20年)4月25日に、以下のダッフィーグッズが発売された。またこの日以降、毎月25日にTDRのキャストのダッフィー用新コスチュームの発売がアナウンスされる(#東京ディズニーリゾート25周年企画参照)。
    • TDR25周記念ピンバッジセット
    • TDR25周記念ネックレス
    • カストーディアル・コスチューム(靴底に25周年のマーク入り)
    • カストーディアルぬいぐるみバッジ
    • ステンレスマグ
  • 2008年(平成20年)4月29日に以下の商品の発売が確認された。
    • コスチューム(サロペット)
    • コスチューム(ダッフィーの顔の絵がプリントされたTシャツ)
    • ぬいぐるみポーチ

東京ディズニーリゾート25周年企画[編集]

東京ディズニーリゾート25thアニバーサリーを記念し、2008年(平成20年)4月25日から毎月25日に、キャスト衣装の着せ替え、ピン人形が販売された。着せ替えに付属する靴には底面に25周年のマークがプリントされている。

  1. カストーディアル(清掃担当のキャスト)
  2. レイジングスピリッツ
  3. スペース・マウンテン
  4. 東京ディズニーランドホテルのベルサービス・キャスト
  5. シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ
  6. ディズニーリゾートライン
  7. ホーンテッドマンション
  8. タワー・オブ・テラー・メモラビリア
  9. 東京ディズニーシー・ホテルミラコスタのドアサービス・キャスト
  10. ヒューイ・デューイ・ルーイのグッドタイム・カフェ
  11. ゴンドリエ(ヴェネツィアン・ゴンドラ
  12. バルーンベンダー(TDLで風船を販売しているキャスト)

スウィート・ダッフィー[編集]

2009年(平成21年)1月19日から同年3月14日に、ケープコッド・クックオフの一部(『ドナルドのボートビルダー』を開催していない方)を「ダッフィーのダイニングエリア」として飾りつけが行われた。これに合わせ、エプロン、着せ替え、ピン人形、スーベニアプレート付きデザートの販売が行われた。

以降はシーズンの恒例イベントとなり、2010年(平成22年)は1月22日 - 3月14日に、2011年(平成23年)は1月21日 - 3月14日に実施されている。

ケープコッド・シーズン[編集]

2009年(平成21年)度の商品企画。2009年(平成21年)4月28日より、コスチュームセットとぬいぐるみバッジの企画販売が行われる。

  1. 2009年(平成21年)4月28日 - ガーデニングの衣装
  2. 2009年(平成21年)6月11日 - レインコートの衣装
  3. 2009年(平成21年)7月17日 - 水着の衣装
  4. 2009年(平成21年)9月25日 - 黒猫の衣装
  5. 2009年(平成21年)11月27日 - パジャマの衣装
  6. 2009年(平成21年)12月28日 - 船乗りの衣装
  7. 2010年(平成22年)3月19日 - イースターの衣装

ハロー・フロム・ケープコッド[編集]

2010年(平成22年)度の商品企画。2010年(平成22年)4月28日より、コスチュームセットとぬいぐるみバッジの企画販売が行われる。これまでと違い、ダッフィーとシェリーメイのぬいぐるみコスチューム、ぬいぐるみバッジがそれぞれ販売される。

  1. 2010年(平成22年)4月28日 - 帽子、セーラー服
  2. 2010年(平成22年)6月11日 - 帽子、セーラーカラー、ベスト、ズボン
  3. 2010年(平成22年)9月6日 - 帽子、カボチャをデザインしたハロウィンの衣装
  4. 2010年(平成22年)11月4日 - 帽子、マフラー、サンタクロース風衣装
  5. 2011年(平成23年)1月7日 - 帽子、マフラー、コート

キャナリークロージング[編集]

キャナリークロージング(Cannery Clothing Co.)は、「ダッフィーとシェリーメイのファッションがみんなに好評となっており、みんなのリクエストに応えられるようにミニーマウスが立ち上げた」という設定のファッションブランド。

  1. 2011年10月7日より発売
    • ダッフィーウェア セット内容:キャップ、ジャケット、シャツ、ボウタイ、スラックス、シューズ
    • シェリーメイウェア セット内容:リボン、ジャケット、ワンピース、レギンス、サンダル

Be Magical![編集]

東京ディズニーシー開園10周年アニバーサリーイベント「Be Magical!」の開催に合わせ、2011年7月1日よりSサイズぬいぐるみ用コスチュームセットとぬいぐるみバッジが発売された。コスチュームセットには靴裏に10周年記念のマークがプリントされている。

2012年1月6日からは第2弾として、イベント中にミッキーが着ている衣装のコスチュームセットとぬいぐるみバッジが発売された。

ミッキーとダッフィーのスプリングヴォヤッジ[編集]

2012年4月3日から6月30日まで開催の、ダッフィーが初主演となるイベント。イベントの衣装を着たSSサイズのぬいぐるみやSサイズ用コスチュームセット、ダッフルバッグやぬいぐるみバッジなどが発売された。

人気の急騰[編集]

2008年(平成20年)の東京ディズニーリゾート25周年企画により知名度が上がり、2008年(平成20年)11月以降、ダッフィーのぬいぐるみをTDL、TDSパーク内で持ち歩く若い女性が急増した。一番人気のぬいぐるみが常時品切れ、品薄状態になっているほか、2009年(平成21年)3月期の関連商品売り上げは前期比3倍程度に急拡大した。2009年(平成21年)ハロウィンやクリスマスの期間には、等身大ダッフィーとの写真撮影に4時間待ちの行列もできるほどである。

オリエンタルランド商品開発部では、特に戦略的に流行を仕掛けたわけでなく、原因は不明。持ち歩きをする人が増えたことで、他の客の目を引き、さらに人気が出るという相乗効果が起きていると考えられている[2]

また2010年(平成22年)3月20日より、ダッフィーを主体とするレギュラーショー『マイ・フレンド・ダッフィー』が開催されている。2011年(平成23年)7月8日より、ダッフィーの常設グリーティング施設『ヴィレッジ・グリーティングプレイス』がオープンした。2012年4月から6月までにはダッフィーが初めて主演を務めたスペシャルイベント『ミッキーとダッフィーのスプリングヴォヤッジ』が開催された。

シェリーメイ[編集]

シェリーメイ (ShellieMay) は、ダッフィーのお友達。2010年(平成22年)1月15日に発表された。

ダッフィーと同じく、ミニーマウスが製作した熊のぬいぐるみという設定になっている。ダッフィーとの違いは、毛の色、目の色、ミッキーのマークの色、睫毛の有無、アクセサリーの有無など。ダッフィーと異なり、こちらはTDS完全オリジナルである。

関連商品が、2010年(平成22年)1月22日よりTDSパーク内で販売される。

グリーティングはケープコッド・クックオフ横で行われている。2012年(平成24年)4月3日から6月30日まで開催予定のイベント「ミッキーとダッフィーのスプリングヴォヤッジ」期間中は、「ヴィレッジ・グリーティングプレイス」でグリーティングを行っていた。

登場するショー[編集]

キャラクターグリーティング、写真撮影会での登場が主ではあるが、いくつかのショーにも出演する。期間限定のショーは、時期によっては開催されていないこともある。

キャンドルライト・リフレクションズ[編集]

ハーバーサイド・クリスマス 2006』でのキャンドルライト・リフレクションズにダッフィーが登場している。アメリカンウォーターフロント以外のテーマポートでの初めての登場となる。

以降の年のキャンドルライト・リフレクションズにも同じように登場している。

ファンダフル・ディズニー・メンバーズパーティー[編集]

2007年(平成19年)より、ショー後半部分にミッキーから新しい仲間と紹介されて登場。

東京ディズニーランドで開催された際には、TDL初登場となった。

ミート&スマイル[編集]

2008年(平成20年)4月1日より、ミート&スマイルに、黄緑色のリボンを付けて出演するようになった。

2009年(平成21年)4月15日より、リボンが赤白青の三色に変わった。同年6月中旬頃より、登場せず、彼の出番はすべてクラリスが登場している。

マーチ・オブ・チャンピオンズ[編集]

2009年(平成21年)7月8日 - 8月31日開催。「ディズニーキッズ・サマーアドベンチャー」の関連イベント。ヨットレースで優勝したミッキーと仲間たちを、みんなでお祝いしようというストーリーのミニパレード。出演キャラは、ミッキー、ミニー、ドナルド、グーフィー、プルート、ダッフィー。開催は、10時30分と12時50分の1日2回。

パレードの流れ[編集]

当日、参加申し込みしたキッズがドックサイドステージに集合。ステージにキャラが登場して挨拶をしてから、2台のビークルに分乗して出発。ステージ前から鉄橋を経由し、ケープコッドのアーント・ペグズ前まで行進。その後解散となる。

パレードの編成は、先頭に横断幕を持ったキッズと、ミート&スマイル・コスチュームのダンサー → マリタイム・バンド → 事前に公募したキッズ・ダンスチーム → ミッキー、ミニー、ダッフィーが乗ったビークル → 優勝したヨットを積んだビークル → 当日参加のキッズ → ドナルド、グーフィー、プルートが乗ったビークルとなる。

キャラはパレードオリジナルのブルーのコスチュームを着用していて、これも大人気になった(2011年(平成23年)度版「TDRホテルガイド」の表紙で、ミッキー、ミニーが着用)。TDSでは珍しいパレード型のイベントに加え、ダッフィーが参加したことで、こども以上に大人のファンが殺到。終点のアーント・ペグズ前は、数時間前からダッフィーファンが場所取りに詰めかけていた。

東京ディズニーリゾート・ディズニアナ・ファン・フェスティバル2010 スペシャルショー(Part2)[編集]

2010年(平成22年)2月12日東京ディズニーランドにあるショーベースで開催されたスペシャルショー「トゥーンタウンの休日」の終盤のグリーティングに他のディズニーキャラクターたちと登場した。

ダッフィーが日本で東京ディズニーシー以外のパークに登場したのは、このイベントのみである。

マイ・フレンド・ダッフィー[編集]

2010年(平成22年)3月20日よりアメリカンウォーターフロントのケープコッドエリアにあるケープコッド・クックオフで開催されているレギュラーショー。

ダッフィーがミッキーマウスと出会うまで、仲間たちに見送られて旅立つまでの各10分程度の2部構成の内容で、一部時間帯を除き、交互に連続公演される。

ダッフィー以外に、ミッキーマウス、ミニーマウス、ドナルドダック、デイジーダックの他、ケープコッドのオリジナルキャラクターであるカモメのティッピーブルーが出演する[3]

セブンライツ・オブ・クリスマス[編集]

2010年(平成22年)11月8日 - 12月25日にドックサイド・ステージで開催されたクリスマスのグリーティングショー。シェリーメイが初めてショーに登場した。

Be Magical![編集]

2011年(平成23年)9月4日から2012年(平成24年)3月19日2011年(平成23年)11月7日から2012年(平成24年)1月5日は休止)に開催のグリーティングショー。ダッフィーのみ登場している。

クリスマス・ラップド・イン・リボン[編集]

2011年(平成23年)11月7日から同年12月25日に開催のグリーティングショー。ダッフィーのみ登場している。

ミッキーとダッフィーのスプリングヴォヤッジ[編集]

2012年(平成24年)4月3日から同年6月30日まで開催のイベント。ダッフィーがイベントの主役を務めるのは初めて。イベントにはシェリーメイも登場する。

登場するアトラクション[編集]

ヴィレッジ・グリーティングプレイス[編集]

アメリカンウォーターフロントにあるケープコッドエリア、トランジットスチーマーライン船着場内にあるキャラクターグリーティング施設。2011年(平成23年)7月8日にオープンした。ダッフィーが常設施設に登場するのは、これが初めてとなる。

他のディズニーパークへの展開[編集]

東京ディズニーシー登場以前より、カリフォルニアのディズニーランドなどで「ディズニーベア」として商品が発売されていたが、日本ほどの爆発的な人気にはなっていなかった。

日本での人気急騰を受け、2010年(平成22年)10月より「Duffy The Disney Bear」としてディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーエプコットに登場。同年11月からは香港ディズニーランドにも等身大のキャラクターとして登場するようになった。また、2011年11月よりディズニーランド・パリにも登場するようになり、現時点で、全てのディズニーパークで登場している事になる[1]。それぞれのパークで、独自のぬいぐるみ衣装販売などの商品展開も行われている。なお、バックグランドストーリーは日本のものを踏襲している。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]