西戎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
犬戎から転送)
移動: 案内検索
四夷の名称

西戎(せいじゅう)あるいは(じゅう)および犬戎(けんじゅう)は、四夷の一つ。中国西部に住んでいた牧畜民族で、たびたび中国の歴代王朝に侵入して略奪を行ったことから、西戎という言葉に蔑んだ意味合いを込めている。

かっては文王の討伐を受けたことがある。後に文王の太子である武王と盟約を結んで共にを滅ぼした諸侯国の一つである、ほかには葷粥くんいくてい密須みつしゅなどが含まれた。

周代には現在の陝西省四川省から甘粛省チベット自治区の付近にいた。周の十二代王幽王は暴政を布いたので諸侯の恨みを買い、諸侯の一人公の誘いを受けた犬戎けんじゅう紀元前770年に周の首都鎬京を陥落させて西周時代の終わりを告げた。これ以降は春秋時代に入る。

周が追われた地にが封ぜられた。秦の穆公は度々戎を討って覇者となった。その後も何度か秦と衝突し、最後には秦に吸収され、一部は匈奴に吸収された。民族や種族としては、南北で分かれる傾向があるもののチベット族およびチベット人の祖とされる彝族とみられている。

関連項目[編集]