孫チン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「孫綝」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。

孫 綝(そん ちん、または、そん りん、231年 - 258年)は、中国三国時代の武将・政治家。字は子通。『三国志志に伝がある。

皇族である孫氏の一族で、孫堅の弟の孫静の曾孫、孫峻の従弟に当たる。祖父は孫暠、父は孫綽。弟に孫拠孫恩孫幹孫闓。従兄に孫慮(孫憲)。従姉は全尚の妻で孫亮皇后の母。

経歴[編集]

五鳳3年(256年)9月14日[1]、幼帝の孫亮の下で、それまで呉の実権を握っていた孫峻はへの遠征を実施する中で急死した。孫峻の従弟である孫綝が後継者に指名され、孫峻の後を継いで呉の実権を掌握する[2]

重臣の呂拠は先に遠征の軍を率いて外地にあったが、孫綝が政治を取ることに反対、他の遠征軍の諸将と連名して、衛将軍滕胤丞相に推挙した。同年9月30日[3]、孫綝は滕胤を大司馬とし、呂岱[4]に代わって武昌に出鎮させようとしたが、呂拠は遠征先から帰還すると共に、滕胤を誘って共同で孫綝を廃することを持ちかけた。孫綝は呂拠の動きを見て、従兄の孫慮(孫憲)ら[5]に江都で呂拠を迎撃させると共に、呂拠の遠征軍の文欽劉簒唐咨に対し呂拠を討つことを命令した。滕胤の元には侍中左将軍華融と中書丞の丁晏を差し向けて呂拠を討つことの報告と、このまま武昌に向かうよう命令した。

滕胤は身の危険を察して、華融らを人質にとって兵士を集め守りを固めた。さらに華融らを脅迫して手紙を書かせて孫綝を弾劾した。孫綝は激怒し、滕胤をも謀反人として討伐することに決め、上奏すると共に、将軍の劉丞に命じて歩兵と騎兵で滕胤を攻撃させた。

孫綝はこうして孤立した呂拠を滅ぼし、滕胤をも殺害することにより政敵を排除した[6]改元して太平元年(256年)11月、孫綝は大将軍・仮節・永寧侯となった。

一族の重鎮であった孫慮(孫憲)を孫峻の時代より冷遇したため、孫慮(孫憲)は腹を立て将軍の王惇と共に孫綝の暗殺を計画した。孫綝はこの計画を察知し、王惇を殺害し、孫慮(孫憲)を自殺に追い込んだ[7]

太平2年(257年)5月[8]寿春にいる諸葛誕司馬昭に対して反乱を起こした。同年6月[9]、文欽・全端全懌・唐咨ら3万の軍を諸葛誕の援軍として派遣した。文欽は魏の王基の包囲陣を突破し寿春に入城した。その後、各地から魏の軍勢が集まり20万ほどとなり、寿春の包囲陣は完成した。

孫綝はこのとき、魏への援軍と見せかけて密かに朱異に命じて夏口に駐屯する一族の重鎮の孫壱を攻撃させようとしたが、孫壱はそれを察知し魏へ降服した[10]。その後、朱異の3万の軍勢を安豊城に置き、寿春に籠城した文欽らを援助させたが、陽淵において魏の州泰に敗れた。同年7月、孫綝はそこで自ら出陣し、大軍を率いて鑊里に本営を置き、朱異に将軍の丁奉黎斐ら5万の軍勢を率いて再び寿春を救援させようとしたが[11]、魏の石苞・州泰・胡烈に大敗した。孫綝が再び朱異に3万の兵士を率いて魏を攻撃するよう命じたが、朱異には命令を拒否されたため、これを処刑し、弟の孫恩に救援させた。結局諸葛誕は敗北してしまい、同年9月[12]に撤退を余儀なくされた。この敗戦は目的を達成できなかったばかりか、多くの将兵を犠牲にしてしまったため、人々の不満を高めることとなった。

孫亮が親政するようになると[13]、孫綝はしばしば問責を受けるようになり、建業に帰還後も参内しないようになっていった。孫綝は朱雀橋の南に私邸を造営し、弟の威遠将軍の孫拠に蒼龍門内で宿営に当たらせ、さらに孫恩・孫幹・孫闓を都の軍営に配置し、朝政を牛耳って保身を図ろうとした。

孫亮がかつて朱公主が殺害された事件を調査し、朱公主の朱拠との間の子である朱熊朱損を孫峻の悪行を阻止しなかったことを理由に誅殺した。孫綝はそれを阻止しようとしたが止められなかった。

孫亮はさらに全公主(孫魯班)・太常の全尚・将軍の劉承らと共に孫綝の暗殺を計画した。孫綝は孫亮の皇后(母は孫綝の従姉)からその知らせを聞き、太平3年(258年)9月26日[14]、軍勢を率いて全尚を逮捕し、劉承を蒼龍門外で殺害、宮城を包囲した。そうした上で百官に図って孫亮の廃立を決め、諸国に報告させた。尚書桓彝[15]が反対すると即刻殺害した。

孫綝は典軍の施正の勧めにより、琅琊王の孫休を皇帝に迎えることに決めると、宗正孫楷と中書郎の董朝を使者とし、会稽に居住する孫休を迎えに行かせる一方[16]、孫亮を会稽王とし、将軍の孫耽に命じて護送させた。全尚は零陵に強制移住、全公主は豫章に配流となった。

孫綝は孫休が来ない内に、自身が帝位に上る野心を抱いたが虞汜に諌められ思い直し、孫休を出迎えた。[17]

高官となり権力を掌握した孫綝は、礼に背く行動が多くなり、朱雀大橋のほとりにあった伍子胥を焼いたり、寺を焼いて僧侶を斬るなどした。一方で、孫休に対して突然に引退を願い出たこともあり、孫休は孫綝を丞相・荊州に任じ、5つの県の食邑を与えるなどの厚遇を出さざるを得なかった。弟の孫恩は御史大夫・衛将軍、孫拠は右将軍に任じられ、共に県侯に封じられた。孫幹は雑号将軍となり、亭侯に封じられた。孫闓も亭侯となった。孫綝の一族から5人の侯が出るようになり、それぞれが近衛兵を率いたため、孫綝の権勢は主君を凌ぐものとなっていったという[18]

孫綝はあるとき、牛酒を孫休に献上しようとしたが断られたことがあったため、左将軍の張布の家に行き、酒に酔った勢いで孫休の廃立を口にしたところ、張布はこのことを孫休に報告した。孫休は愉快ではなかったが、孫綝に心中を悟られないように努め、孫恩を侍中に取り立て孫綝と共に公文書を決裁させた。また、孫休は孫綝の叛意を告発した者のことを、孫綝に敢えて知らせることもした。孫綝はその告発者を殺害したものの、次第に不安を募らせるようになり、孟宗を通じて武昌への出鎮を願い出てきた[19]。孫休はそれを許すと共に、孫綝の旗下の1万の精兵に完全に武装させ、さらに中央から給付した武器を使用してもよいとした。

将軍の魏邈は、孫綝が地方で変事を起こすであろうと述べ、武衛士の施朔も孫綝の謀反の証拠が存在することを述べた。孫休は張布と共に対策を協議し、張布は丁奉と共に孫綝を朝会の席上で暗殺する計画を練った。

永安元年(258年)の12月7日、建業の街で、明日の朝会で変事が起きる噂が流れた。孫綝はこの噂を聞き機嫌が悪くなった。その夜、暴風が起きて木が倒れ砂を巻き上げた。孫綝の不安はますます募った。

同年12月8日、祖先や神々を祭る会が催されることになっていたが、孫綝は病気を理由に欠席しようとした。孫休は孫綝に強いて強引に参内させようとした。孫綝は部下達の制止にも関わらず参内することにしたが、部下に役所で火事を起こさせてそれを理由に退席しようと目論んでいた。

孫綝が参内してまもなく火事の知らせが入ったが、孫休は退席しようとする孫綝を推し留めた。それでも退席しようとする孫綝を、丁奉と張布は側仕えの者に目配せして縛り上げさせた。孫綝は必死に助命を嘆願したものの許されず斬首された。

孫綝の首を示して降参を呼びかけると、武器を捨ててそれに応じたものは5千人に上ったという。

孫闓が船で北方に逃亡して、魏に降服しようとしたが追撃を受けて斬られ、孫綝の一族も全員殺害された。さらに孫峻の墓も暴かれ、棺が削られた。孫休は孫峻・孫綝と同族であることを嫌い、彼等2人を一族の系図から外し、「故峻」「故綝」と呼ばせるようにした。

脚注[編集]

  1. ^ 『三国志』呉志「三嗣主伝」
  2. ^ 『三国志』呉志「三嗣主伝」によると、侍中・武衛将軍・領中外諸軍事。
  3. ^ 『三国志』呉志「三嗣主伝」
  4. ^ 『三国志』呉志「三嗣主伝」によると、9月16日に死去。
  5. ^ 『三国志』呉志「三嗣主伝」によると、丁奉・施寛が従軍。水軍を率いていたという。
  6. ^ 『三国志』呉志「三嗣主伝」によると、五鳳3年冬10月の4日に呂拠攻撃、同年同月6日に改元があり年号が太平となっている。
  7. ^ 『三国志』呉志「三嗣主伝」によると太平元年(256年)11月から12月の間の出来事。
  8. ^ 『三国志』呉志「三嗣主伝」
  9. ^ 『三国志』呉志「三嗣主伝」
  10. ^ 『三国志』呉志「三嗣主伝」及び『三国志』呉志「宗室伝」
  11. ^ 『三国志』呉志「三嗣主伝」。なお、朱異が前部督が任命され、5万の軍勢は重装歩兵であった。
  12. ^ 『三国志』呉志「三嗣主伝」
  13. ^ 『三国志』呉志「三嗣主伝」によると、太平2年(257年)夏4月より孫亮が親政を開始している。
  14. ^ 『三国志』呉志「三嗣主伝」
  15. ^ 『漢晋春秋』によると、桓階の弟。
  16. ^ 『三国志』呉志「三嗣主伝」
  17. ^ 『三国志』呉志「虞翻伝」が引く『会稽典録』
  18. ^ 『三国志』呉志「三嗣主伝」によると、永安元年(258年)冬10月。孫恩は他に中軍督に任命されている。
  19. ^ 『呉歴』によると、孫綝は中書の左右郎として荊州の軍事を取り仕切ることを願い出た。当時の呉朝廷には、中書の官員は中央から出てはいけないという定めがあった。

参考資料[編集]

  • 『三国志』