増嶋竜也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
増嶋 竜也 Football pictogram.svg
名前
愛称 まっすう、マス[1]
カタカナ マスシマ タツヤ
ラテン文字 MASUSHIMA Tatsuya
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1985年4月22日(29歳)
出身地 千葉県千葉市
身長 180cm
体重 74kg
選手情報
在籍チーム 柏レイソル
ポジション DF (CBSB)
背番号 5
利き足 右足[2]
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2006 FC東京 25 (1)
2007 ヴァンフォーレ甲府 25 (4)
2008-2010 京都サンガF.C. 78 (0)
2011- 柏レイソル 80 (5)
代表歴
2002-2005  日本 U-17/18/19/20
2006  日本 U-21 1 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年1月17日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

増嶋 竜也(ますしま たつや、1985年4月22日 - )は、千葉県千葉市出身のサッカー選手Jリーグ ディビジョン1柏レイソル所属。ポジションはディフェンダー(DF)

来歴[編集]

小学2年生の時に兄に誘われてサッカーを始める[3]1999年度の全国高校選手権を制した市立船橋高校に憧れ[4]2001年に同校へ進学。センターバック(CB)にコンバートされ[5]、同年のインターハイで優勝に貢献。1年生で唯一優秀選手に選出された[3]2年時には全国高校選手権、3年時には高円宮杯で優勝し[6]、高校生年代の3大タイトルを獲得した。高校No.1DFとして[7][4]多くのJリーグクラブが獲得に名乗りを上げる中[3][1]2003年10月にFC東京への加入内定が発表された[6]。また、この年には主将としてチームを牽引し[1][4]、同期の石井秀典カレン・ロバート佐藤優也鈴木修人高橋昌大らと共に冬の天皇杯で3回戦に進出[8]。J1で優勝したばかりの横浜F・マリノスを相手に互角以上の闘いを演じたが[9]、増嶋は後半終了間際に2度目の警告を受けて退場してしまう。その後PK戦までもつれチームは敗退した。なお、この試合の退場による出場停止処分は、2週間後の全国高校選手権の初戦に課された[9]

2004年よりFC東京に加入[6]。第1節の新潟戦で早速公式戦デビューを果たした[10]同年開催のAFCユース選手権ではU-19日本代表の主将を務め、3バックの中央に入り守備を統率[11]翌年のワールドユース出場権を確保したものの、増嶋にとってはPK失敗やオウンゴールなど苦い経験を味わった[12]大熊清U-20代表監督からの信頼は厚く[1][4]、ワールドユースでも代表主将を務め、全試合に出場した。2006年、J1第6節横浜FM戦でFC東京での初得点を記録。後半ロスタイムに今野泰幸のヘディングからの落としをボレーで蹴りこんだ[13]。同年8月より2008年のオリンピックを目指す日本代表が新たに発足し、増嶋も名を連ねたが[14]、FC東京では茂庭照幸ジャーンのCBコンビの壁を越えられず[15][12]、起用は彼らの負傷時などに限定され[16]、レギュラー奪取には至らなかった。

2007年、日本代表から遠ざかりつつあった状況に危機感を抱き[1]、出場機会を求め[17]ヴァンフォーレ甲府へ1年間の期限付き移籍[18][2]。中心選手との一角となり[15]空中戦の強さを見せた[1]

2008年京都サンガF.C.へと期限付き移籍[19][20][21]。レギュラーを確保したが、代表復帰は果たせなかった。京都では右サイドバック(SB)でも起用され、新たな武器としてロングスローを放ち[1]好機を演出した[22]2009年からは京都へ完全移籍[23][24]

2011年、地元千葉県でのプレーを望み[25]柏レイソルへ完全移籍[26][27]。開幕当初は右SBとして出場するも、その後はSB酒井宏樹の台頭やCB朴東赫の離脱により[28]、CBとして出場機会が増えていった。最終的にリーグ戦では25試合に出場し、チームのJ1初優勝に貢献した。2012年も前年に続いてCBのレギュラーを確保し、キャプテンの大谷秀和からキャプテンマークを託されることもあった[29]。同年9月30日、元バドミントン日本代表潮田玲子との入籍を発表[30][31]2013年鈴木大輔の加入や橋本和の故障もあり、序盤は左SBとして出場することが多かった。夏場以降、鈴木の台頭や自身の負傷離脱[32]もあって出場機会を減らしたものの、最終的にリーグ戦25試合に出場した。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2003 市立船橋高 5 - - - 3 2 3 2
2004 FC東京 J1 7 0 2 0 1 0 10 0
2005 4 0 0 0 0 0 4 0
2006 14 1 3 0 2 2 19 3
2007 甲府 15 25 4 7 1 0 0 32 5
2008 京都 24 32 0 6 0 2 0 40 0
2009 21 0 5 0 1 0 27 0
2010 25 0 6 0 0 0 31 0
2011 5 25 0 1 0 3 1 29 1
2012 30 4 4 0 5 1 39 5
2013 25 1 3 0 2 0 30 1
2014
通算 日本 J1 208 10 37 1 16 4 261 15
日本 - - 3 2 3 2
総通算 208 10 37 1 19 6 264 17
その他の公式戦
出場歴
国際大会個人成績 FIFA
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点
AFC ACL クラブW杯
2011 5 - 4 0
2012 7 0 -
2013 9 2 -
通算 AFC 16 2 4 0

代表・選抜歴[編集]

タイトル[編集]

クラブ
代表・選抜
個人
  • 全国高校総体(インターハイ) 優秀選手 (2001年[6]、2003年[6])
  • 全国高校サッカー選手権 優秀選手 (2002年[6])

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 選手インタビュー 増嶋竜也のドラマ 京都サンガF.C. (2008年10月)
  2. ^ a b 増嶋竜也選手、FC東京より期限付移籍加入のお知らせ - ウェイバックマシン(2007年2月3日アーカイブ分) ヴァンフォーレ甲府 (2007年1月9日)
  3. ^ a b c 『FC東京ファンブック2004』 毎日新聞社2004年、55頁。
  4. ^ a b c d e 金の卵を探せ!注目選手紹介 第4回 増嶋竜也 (市船橋) 日刊スポーツ (2003年)
  5. ^ TOKYO MANIA Vol.6 増嶋竜也選手インタビュー 182ch
  6. ^ a b c d e f g h i j k l 増嶋竜也選手(市立船橋高等学校)・来季新加入内定のお知らせ - ウェイバックマシン(2004年5月6日アーカイブ分) FC東京 (2003年10月29日)
  7. ^ 【天皇杯3回戦プレビュー】横浜FM vs 市立船橋高、Jリーグ王者に挑む市立船橋高校 J's GOAL (2003年12月13日)
  8. ^ 【天皇杯3回戦 横浜FM vs 市立船橋高校】スターティングメンバー発表 J's GOAL (2003年12月14日)
  9. ^ a b Jリーグ王者を追い詰めた高校王者(後編)(天皇杯3回戦 横浜F・マリノスvs市立船橋高校) スポーツナビ (2003年12月14日)
  10. ^ 選手出場記録 Jリーグ (2004年6月26日)
  11. ^ アジアユース2004プレビュー スポーツナビ (2004年9月24日)
  12. ^ a b 365日 FC東京 <第31回> DF 増嶋 竜也 アジアユースで痛感 ミスは一切許されない - ウェイバックマシン(2005年11月10日アーカイブ分) 東京中日スポーツ (2004年10月22日)
  13. ^ 【J1:第6節 横浜FM vs F東京 レポート】 J's GOAL (2006年4月1日)
  14. ^ 【4th MEDIA連動企画:インタビュー】U-21日本代表:増嶋竜也 (FC東京) J's GOAL (2006年8月29日)
  15. ^ a b 【J1:第16節 F東京 vs 甲府 プレビュー】 J's GOAL (2007年6月19日)
  16. ^ 【J1:第30節 F東京 vs 川崎F プレビュー】 J's GOAL (2006年11月10日)
  17. ^ 増嶋 京都に移籍 - ウェイバックマシン(2008年1月10日アーカイブ分) 東京中日スポーツ (2008年1月8日)
  18. ^ 増嶋竜也選手ヴァンフォーレ甲府へ期限付移籍決定のお知らせ - ウェイバックマシン(2007年1月11日アーカイブ分) FC東京 (2007年1月9日)
  19. ^ 増嶋竜也選手 京都サンガF.C.への期限付移籍決定のお知らせ - ウェイバックマシン(2008年1月10日アーカイブ分) FC東京 (2008年1月8日)
  20. ^ 増嶋竜也選手 京都サンガF.C.へ移籍 - ウェイバックマシン(2008年1月10日アーカイブ分) ヴァンフォーレ甲府 (2008年1月8日)
  21. ^ 増嶋 竜也選手 期限付き移籍加入のお知らせ - ウェイバックマシン(2008年1月9日アーカイブ分) 京都サンガF.C. (2008年1月8日)
  22. ^ 増嶋完全移籍狙う…京都 - ウェイバックマシン(2008年12月11日アーカイブ分) スポーツ報知 (2008年12月10日)
  23. ^ 増嶋竜也選手 京都サンガF.C.へ完全移籍決定のお知らせ - ウェイバックマシン(2012年7月15日アーカイブ分) FC東京 (2009年1月14日)
  24. ^ 増嶋竜也選手 完全移籍加入のお知らせ 京都サンガF.C. (2009年1月14日)
  25. ^ 移籍の決め手は“地元”千葉県出身の中島、増嶋 - ウェイバックマシン(2011年1月30日アーカイブ分) 千葉日報 (2011年1月26日)
  26. ^ 増嶋竜也選手 柏レイソルへ完全移籍のお知らせ 京都サンガF.C. (2011年1月6日)
  27. ^ a b c 増嶋 竜也選手が移籍加入 柏レイソル (2011年1月6日)
  28. ^ on the way 14 増嶋竜也 柏レイソル
  29. ^ [柏]「キャプテンマークを巻くと、責任感が増しますよね」(増嶋選手) BLOGOLA (2012年10月26日)
  30. ^ 潮田玲子さん バースデー婚! 柏の増嶋と入籍 スポーツニッポン 2012年9月30日閲覧
  31. ^ 増嶋 竜也選手が入籍 柏レイソル 2012年9月30日閲覧
  32. ^ 増嶋 竜也選手の負傷について 柏レイソル (2013年10月4日)
  33. ^ 【アジア男子サッカー2008 2次予選(北京オリンピック予選)対U-22マレーシア代表(6/6@東京・国立競技場)】U-22日本代表候補メンバー 日本サッカー協会 (2007年5月24日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

特集
プロフィール・成績