九州じゃんがら

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
九州じゃんがららあめん
秋葉原本店

九州じゃんがら(きゅうしゅうじゃんがら)は、株式会社タス21が東京都内の各地で運営する九州豚骨ラーメン店である。略称じゃんがら九州じゃんがららあめん(きゅうしゅうじゃんがららあめん)は、同社の登録商標である。

沿革[編集]

慶應義塾大学法学部を卒業した下川高士は、子供好きで、大ファンだった青春ドラマ俺たちの旅」の影響を受けて、1979年昭和54年)東京学習塾のブルカン塾を開く。

開塾して1年、家計に苦しむ家庭とその状況に置かれた子供たちを見て、保護者の都合から授業料を払えないということだけで通塾は断れないと考え、金銭的に苦しい子供たちの授業料を免除する。しかし採算度外視でボランティア化した結果、塾の運営基盤が揺らぐ事態となる。

こうした中で下川らは、塾をきちんと運営しながら自らの生活基盤を安定化できるような仕事は無いかと考え始める。そしていきついた答えがラーメン店の運営であった。昼はラーメン作り、夜は塾の運営という体制で、真心を込めたラーメン作りをし、自分たちの頑張りを子供たちに見せることで生きるというメッセージを伝えることができるというものである。熊本県で育った下川(生まれは東京都)を始め、スタッフのほとんどが九州出身だったこともあり、豚骨系ラーメンとなる。

1984年昭和59年)にじゃんがらを開業してからもサービスの向上を行い続け、各種メディアに取りあげられるようになり、なんでんかんでんと並んで豚骨ラーメンの普及に重要な役割を果たしていった。現在は塾と独立した経営を行っているが、同塾で講師をしていた店長やチーフ、同塾の卒業生が店員になることも多い[1]

店舗[編集]

九州じゃんがらの配送車両

九州じゃんがら[編集]

  • 秋葉原本店 - 1984年開店。店長が「日本一速くゆで卵の殻を剥く人」としてテレビで紹介されたことがある。
  • 原宿店(旧原宿1階店) - 1986年開店。
  • 表参道じゃんがら2F(旧原宿2階店) - 1993年開店。
    • 原宿の2店舗は同じビルに入居。立地上混雑するため表参道じゃんがら2Fでは替え玉を提供しない。
  • 銀座店 - 1991年銀座七丁目に開店。ビルの取り壊しに伴い2006年に閉店。2010年7月に銀座六丁目に再開店。
  • 赤坂店 - 1994年開店。日枝神社そばに店舗を構えていたが、2008年7月に赤坂サカスそばに移転。2004年3月2日昼に当時総理大臣であった小泉純一郎が食事して話題となる。
  • 日本橋店 - 2000年開店。
  • 西武池袋店 - 2011年5月18日開店。
  • 文化交流倶楽部 バール・デ・じゃんがら - バー。原宿にある。ラーメンは提供しておらず、看板を出していない。
  • 九州じゃんがらタイランド - 2015年7月17日開店。タイ王国バンコクのJアベニューに出店した初の海外店舗[2]

過去に存在した店舗[編集]

  • 神田西口店 - 2007年開店。上記銀座店の閉店に伴い、長引いた場所探しの末オープン。銀座店の再開店に伴い2010年6月に閉店。

東京じゃんがら[編集]

日本レストランエンタプライズと共同展開する新業態店。主に駅構内などに出店する。九州じゃんがらで提供しているメニューだけでなく、この店オリジナルのメニューも用意する。

東京らあめんタワー[編集]

これまで九州じゃんがらの味を生み出してきた「じゃんがらうまか味研究会」による系列店舗。豚骨系ではなく醤油ラーメンを中心としている。

  • 芝大門本店 - 2009年7月13日開店。
  • 【閉店】神田明神下店 - 2015年12月18日 - 2016年8月31日。「神田明神下」としているが九州じゃんがら秋葉原本店からほど近い場所にある[8]

メニュー[編集]

ラーメン[編集]

豚骨ベースのラーメンだが、種類ごとにアレンジを加えている。店舗によって取り扱うメニューが異なる。

九州じゃんがら(略称じゃんがら)
1984年発売。豚骨ベースで東京風醤油系の要素を組み合わせたもの。マイルドな味わいとなっている。
九州じゃんがらみそ(略称じゃんがらみそ)
1984年発売。じゃんがらのスープにオリジナルの合わせ味噌を溶かして混ぜ合わせたもの。
レッドじゃんがら
2009年発売。じゃんがらのスープにトマトベースのあんを混ぜ合わせ、唐辛子で辛くしたもの。2010年よりレギュラーメニュー化。
ぼんしゃん
1988年発売。濃厚でこってりかつクリーミーな豚骨ラーメン。博多ラーメンに近い。
こぼんしゃん
1994年発売。ぼんしゃんをベースににんにくの風味と鶏がらのスープを合わせたもの。ぼんしゃんのコクとクリーミーさを残しながらマイルドな味わいとなっている。熊本ラーメンに近い。
からぼん
2002年発売。ぼんしゃんのスープに10種類のスパイスを加えた、辛さを重視したもの。
つけちゃん
2002年発売。夏期限定で出される和風だし醤油系のつけ麺。冬期は和風だし醤油系のラーメン「ホットつけちゃん」として出される。麺もスープも冷たくした「コールドつけちゃん」もある。
むぎちゃん
2004年発売。じゃんがらのスープに九州名産の麦味噌を合わせたもの。従来の味噌味も併売されている。
納豆むぎちゃん
2007年発売。むぎちゃんに納豆をトッピングしたもの。
まぜちゃん
2010年発売。じゃんがら版のまぜそばで、醤油だれと焼きあごのだしを使っている。
しおちゃん
発売時期不詳。塩味のラーメンで透明なスープが特徴。一部店舗にて過去に取り扱いがあったものの、現在では取り扱っている店舗は無い(1996年頃、赤坂店では取り扱っていた)。

この他、期間限定で発売されるメニューもある。

トッピング[編集]

基本トッピング
上記のメニューには、基本の具として下記のトッピングが入っている。
有料トッピング
また、有料のオプションとして、下記のトッピングを選択できる。[9]
全部いり
上記全てのトッピングを入れることを、「全部いり」と呼び、代表メニューとしている。なお、「全部いり」に含まれない有料トッピングとして、海苔やカレー風味の肉味噌などもある。
替え玉
替え玉は、先述のようにできる店とできない店がある。
その他
九州ラーメンの定番であるゴマ、紅生姜、辛子高菜が調味料と並んで机に用意されており、無料で自由に入れられる。

スープの変遷[編集]

秋葉原本店で過去に提供されてじゃんがらは濃厚クリーミーな味であった。1990年代中期頃からしだいにライトな味に変化し始め、現在のマイルドであっさりとしたじゃんがらとなった(そのため、当時ぼんしゃんは秋葉原本店には存在しなかった)。これにより「あっさり系のじゃんがら」と「濃厚系のぼんしゃん」という2つの軸が完成した。

類似店[編集]

九州じゃんがらに名称が酷似しているラーメン店として、かつては水戸市に本拠を構える株式会社自然物語が経営母体に関東地方を中心に全国的に店舗を構えていた元祖じゃんがららぁめんというラーメン店があったが、急激な多店舗展開が災いして経営が悪化、民事再生法による再生手続を経た後、2005年11月に破産。それに伴い経営母体が移転している。味はまったく異なるが九州じゃんがらが有名になったこと、元祖じゃんがらがチェーン展開を幅広く行い「じゃんがら」を商標登録していたことなどから、両店を混同する客は多かった。九州じゃんがらは店頭やウェブサイトで混同しないように注意を呼び掛けており、元祖じゃんがら名称の店舗がほとんど閉店した後も、「じゃんがら」を意識したと思われる店名で外見の雰囲気なども似せ、九州とんこつラーメンを出す店が都内の繁華街に複数存在することから、混同を避けるための呼び掛けは続いている。

その他[編集]

  • 日本航空機内食用ラーメン「JAL特製『九州じゃんがら』 ヘルシーラーメン」を共同開発し、2013年12月より一部を除くJAL国際線欧米発日本行にて提供している[10]。肉類を使用しない植物系食材によるラーメンとなっている。
  • ヤマダイカップ麺「ニュータッチ」のシリーズとして、2013年12月9日に「からぼん」を元にした「九州じゃんがら辛とんこつラーメン」が[11]、2014年12月15日に「こぼんしゃん」を元にした「九州じゃんがら 熊本風とんこつ」が発売されている[12]

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 九州じゃんがらのしおり - 店頭で無料配布している。

外部リンク[編集]