替え玉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
替え玉

替え玉(替玉)とは、ラーメン店においてを食べてしまったあとの麺のみの追加注文のことである。

発祥と普及[編集]

福岡市中央区長浜にある「元祖長浜屋」が発祥の店とされている[1]1950年代半ば、常連客のひとりが麺だけのおかわりを店主に頼んだことから生まれ、それを他店が真似て普及した[要出典]とされている。また、食べている間に麺が伸びやすく、そのために少量の麺で提供をし、「替え玉」で麺を追加していくシステムとして考案されたともいわれる。後の博多ラーメンの全国進出とともに各地に広まったともされるが、全国的に見れば、細麺の「博多ラーメン」(長浜ラーメン)を提供する店を中心としたごく一部のサービスである。そして、福岡をはじめとする九州のラーメン店、また九州以外の地域で九州ラーメンや博多ラーメンの店舗であっても、必ずしも替え玉のシステムがある訳ではない。また、昼食時の混雑時には替え玉を行わないという店もある。

関東地方では、九州ラーメンや博多ラーメンの店であっても替え玉のサービスがない店も多い。また、関東では「豚骨ラーメン」が豚骨醤油ラーメンを指す事もあるが、この豚骨醤油ラーメンの店舗で替え玉サービスがある店舗は少数である。

利用方法[編集]

替え玉を利用する場合は、店員に告げて現金を出したり、替え玉の食券を買って提出する。

店によって替え玉供給の方法が異なり、茹でた麺を器に盛って出す店と、湯切りのざるから直接器に入れる店、また器を店員に渡すことを求める店もある。同時に、「ラーメンだれ」やネギゴマなどを提供する店もある。

回数と味の変化[編集]

替え玉の回数に制限を設けている店はほとんどなく、料金さえ支払えれば何杯でも注文可能。

ただし替え玉をする(または繰り返す)と、麺が含む茹で汁によりスープは薄くなっていくため、「ラーメンだれ」(濃縮スープ)がテーブルに置いてある店も多い。ラーメンだれを利用して二杯目以降の味を調整する。店によってはラーメンだれをかけた替え玉を提供することもある。ラーメンだれは店によって呼び方が異なる。味の濃さを指定できる店では、二杯目以降の味の薄まりを考慮して、一杯目を意図的に濃い目の味で注文する方法もある。紅しょうが辛子高菜ニンニク・香味タレなど強い味のトッピングがある店では、一杯目はトッピングなしで食べ、二杯目以降はトッピングにより味を変えて食べる方法もある。

[編集]

前述の福岡発祥の来歴並びに茹で時間の関係から、細麺による提供が多い。太麺・細麺を選択できるお店でも替え玉は細麺のみといった所もある。太麺でも提供する店は皆無ではないが、茹であがるまでに時間がかかる。

一杯目と同様に替え玉でも麺の硬さ(茹で加減)を指定できる店も多く、好みにより硬さを変更して食べることが可能。自家製麺を提供する店舗の一部では、打ち立ての麺がある場合、打ち立ての麺と寝かせた麺を選ぶことができる場合もある。

値段[編集]

ラーメンの値段はまちまちだが、替え玉の値段は100円から150円までが全国では一般的で、高くてもラーメンの値段の半額以下程度。普通の替え玉の半分量で半替え玉を提供する店もあるが、その際の値段は普通の替え玉の半額以上であることが多い。料金前払い方式の店舗の場合には、替え玉を追加注文すると同時に料金を支払う。そうした店では支払いやすさを考慮し、ワンコイン価格であることが多い。

替え玉無料としている店もあり、多くは1玉だけだが、まれに無制限としている店もある。

ラーメン店以外[編集]

福岡地区ではうどん店チェーンの牧のうどんのように、うどん店でもメニューとして替え玉が存在することがある。

また、福岡市のちゃんぽん店の「長崎亭」では、ちゃんぽんでも替え玉が可能だが、その麺は同店のメニューにもある「ラーメン」の麺であるため、ボリュームだけでなくちゃんぽん麺とは違った味わいや食感を楽しむことが出来る。

脚注[編集]

  1. ^ 替え玉”. コトバンク. 2013年10月27日閲覧。

関連項目[編集]