無鉄砲 (ラーメン店)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
有限会社 無鉄砲
Muteppou Co., Ltd.
Muteppou logo.png
Muteppou Kyoto night view.jpg
無鉄砲京都本店
種類 有限会社
本店所在地 日本の旗 日本
619-0212
京都府木津川市梅谷髯谷15-3
設立 1998年平成10年)6月7日
法人番号 1130002030089
事業内容 ラーメン店の運営
通信販売
代表者 代表取締役社長 赤迫重之
外部リンク 無鉄砲公式HP
テンプレートを表示
豚骨ラーメン(無鉄砲本店)

有限会社無鉄砲(むてっぽう、: Muteppou Co., Ltd.)は、京都府木津川市に本店を置くラーメン店である。1998年平成10年)に奈良市で創業し、移転を経て2018年(平成30年)現在は京都府に構えている本店のほか、関西を中心に日本オーストラリアに店舗を展開している[1]

歴史[編集]

宮崎県風来軒で修行した赤迫重之が、1998年奈良市にて豚骨ラーメン店を開業したのが無鉄砲の発祥である。創業場所は周囲に何もない不利な立地であったが、家賃で苦しめられず材料にこだわりながら味で勝負できること、また過大なプレッシャーもなく豚骨と客に向き合ってのびのびとラーメンづくりに取り組めることから、選んだという[2]。開店日を迎える前には店先で開店日を記したダンボールを持って1週間挨拶するなどしたが、当初はなかなか受けいれられず閑古鳥が鳴くような状態であり、客からは「白菜を入れた方がいい」「こんなドロドロのスープでは1年後には潰れる」「1か月はもたない」などと散々な言われようであった[2]。しかし、骨と水だけでつくる豚骨ラーメンにこだわりながら味で納得してもらい、半年後には行列の絶えないラーメン店に成長した[3]。京都に本店を移して以降は関西で着実に地盤を固め、東京オーストラリアにも進出している[4][5]

沿革[編集]

特徴[編集]

ラーメンの調理の様子(がむしゃらシドニー)
ダブルスープラーメン(無鉄砲本店)

スープ[編集]

1日300kg以上の国産豚骨と水だけでつくるスープは、高い濃度の独特の味わいを生み出している[6][7]。スープにはラードを用いておらず、独特な味わいを形成する一要素となっており、固有のファンがいることで知られる[8][9][10][3]

ダブルスープ
メニューとしてダブルスープのラーメンを提供しているのは本店と大阪店であり、その基本比率は豚骨6:魚介4だが、調整可能である。豚の骨では豚骨7:煮干3の豚にぼラーメン、がむしゃらでは魚介とんこつラーメン、東京中野店では魚出汁主体の魚醤油ラーメンがそれぞれ提供されている[9]

[編集]

麺は九州宮崎県(日本めん株式会社)直送の中太ちぢれ麺を使用している。無鉄砲がむしゃらおよびつけ麺店では自家製麺を使用している[11]

カスタマイズ[編集]

食券を店員に渡す際に告げることで、麺の固さや味の調整ができる。

  • 麺(やわらかめ・普通・かため)
  • スープ(あっさり・普通・こってり)
  • ネギ(少なめ・普通・多め)

店内に掲示されているのは上記の3点だけだが、これ以外に以下のものも調整出来る。

  • 旨味調味料(2分の1・3分の1・抜き)
  • 醤油ダレ(薄め・普通・濃いめ)
  • メンマ(抜き・普通・多め)

これらの内容は「ちょい」などを付けることで更に微調整出来る。 また、以下のような隠れオーダーも存在する。

オーダー内容
Muteppou Kyoto back fat limit.JPG デキコテ できるだけ多くの背脂を振りかける。
Muteppou Kyoto backfat block.JPG ブロック 脂のかたまりを入れる。
Muteppou Kyoto nameraka.png なめらか スープを注ぐ際に目の細かい濾し網を用いる。
Muteppou Kyoto noodles and soup only.JPG 全抜き 麺とスープのみで提供される。
Muteppou Kyoto extra everything.JPG 全部多め 海苔、ネギ、メンマなど全部多めになる。
熱々(あつあつ) あらかじめ温めた具材をのせて提供する。
トッピング画像一覧
スープ ネギ
超こってり Muteppou Kyoto very rich.JPG Muteppou Kyoto very rich closeup.JPG 超多め Muteppou Kyoto green onion plus2.JPG バリカタ Muteppou Kyoto Noodle's texture very hard.jpg
こってり Muteppou Kyoto rich.JPG Muteppou Kyoto rich closeup.JPG 多め Muteppou Kyoto green onion plus1.JPG かため Muteppou Kyoto Noodle's texture hard.jpg
普通 Muteppou Kyoto normal.JPG Muteppou Kyoto normal closeup.JPG 普通 Muteppou Kyoto normal.JPG 普通 Muteppou Kyoto Noodle's texture normal.jpg
あっさり Muteppou Kyoto light.JPG Muteppou Kyoto light closeup.JPG 少なめ Muteppou Kyoto green onion minus1.jpg やわらかめ Muteppou Kyoto Noodle's texture soft.jpg
超あっさり Muteppou Kyoto very light.JPG Muteppou Kyoto very light closeup.JPG 超少なめ Muteppou Kyoto green onion minus2.JPG バリヤワ Muteppou Kyoto Noodle's texture very soft.jpg

店舗[編集]

京都府[編集]

  • 無鉄砲京都本店

大阪府[編集]

  • 無鉄砲大阪店

奈良県[編集]

  • 豚の骨(奈良県大和郡山市)
  • 無鉄砲がむしゃら(奈良県大和郡山市・豚の骨と同一店舗)
  • 無鉄砲しゃばとん(奈良県奈良市)
    • 無製麺(奈良県奈良市・しゃばとん店舗内)
  • 無鉄砲つけ麺無心(奈良県奈良市)

東京都[編集]

  • 無鉄砲東京中野店
  • 無鉄砲がむしゃら(東京都中野区)
  • 無鉄砲つけ麺無極(東京都中野区)

オーストラリア[編集]

  • 無鉄砲がむしゃらオーストラリア(シドニー)

独立[編集]

ぶたのほし とんこつラーメン ぶたのほし 店舗外観
ぶたのほし とんこつラーメン
ぶたのほし 店舗外観

無鉄砲は修行が厳しいことで知られるが[12]、無鉄砲の流れを汲むラーメン店は今や無鉄砲系とも呼ばれ、一大勢力を形成している[13]。以下は無鉄砲出身(監修)店である。

  • 裸一貫(宮崎県)
  • やけっぱち(宮崎県)
  • いじっぱり(宮崎県)
  • 与七(滋賀県)
  • 豚骨中華そばがんたれ(和歌山県)
  • 骨砕(東京都・監修)
  • ぶたのほし(兵庫県)

持ち帰り&通信販売[編集]

無鉄砲の持ち帰り用ラーメン 無心の持ち帰り用つけ麺
無鉄砲の持ち帰り用ラーメン
無心の持ち帰り用つけ麺
通信販売のラーメンセット 通信販売のつけ麺セット
通信販売のラーメンセット
通信販売のつけ麺セット

無鉄砲は持ち帰り用ラーメンと通信販売にその初期から力をいれている。現代では同様のサービスを提供するラーメン店は少なくないが、2000年初頭において、店舗で提供しているラーメンをそのままの状態(ストレートタイプ)で家庭へと届ける試みは先駆的なものであり、無鉄砲の知名度を全国区へと押し上げる一つの要因となった。お持ち帰り用ラーメンを一度に4つ購入すると高菜が1袋サービスされる特典がある。持ち帰り及び通信販売のサービスは、今や無鉄砲の代名詞の一つとなっている。

グッズ[編集]

無鉄砲グッズ

無鉄砲は店舗でのパンフレットや名刺に加え、イベント時は先着順でカレンダーやTシャツ等を配布している。これまで多くの無鉄砲グッズが生産されており、先着順でプレゼントされる豚の骨営業時のアニバーサリーTシャツ等、前日から並ばないと手にすることができないグッズもある。

スラング[編集]

無鉄砲のファンは俗にムテオタムテ信者)と呼ばれる[10]。全国区の人気を誇るラーメン店のファンは独自の呼称で呼ばれることがあるが、他にジロリアンラーメン二郎のファン)等が挙げられる。

受賞歴[編集]

これまで数多くの賞を受賞している。以下はその一例である。

日本[編集]

  • 2009年 - KANSAI一週間 ラーメン大賞
  • 2010年 - TRYラーメン大賞 新人賞総合1位、名店部門 豚骨1位
  • 2011年 - TRYラーメン大賞 名店部門 豚骨1位
  • 2012年 - TRYラーメン大賞 名店部門 豚骨1位
  • 2013年 - TRYラーメン大賞 名店部門 豚骨1位
  • 2014年 - TRYラーメン大賞 名店部門 豚骨1位
  • 2014年 - 京野菜たっぷり九条ねぎラーメンバトル グランプリ、トップセールス賞

オーストラリア[編集]

  • 2013年 - Sydney Food Bloggers Choice Awards[14]
  • 2014年 - Sydney Morning Herald Good Food Under $30 Awards The three star recipient[15]

タイアップ商品[編集]

これまで大手メーカーやコンビニと提携し、数多くのカップ麺生ラーメンつけ麺等を販売している。以下はその一例である。

カップ麺[編集]

  • 日清 有名店シリーズ 濃厚豚骨 無鉄砲(2006年)
  • コンビニ商品 無鉄砲豚の骨 豚にぼラーメン(2008年)
  • 日清 関西豚骨の真髄!超濃厚豚骨 無鉄砲(2011年)
  • 日清 極旨重ね せたが屋×無鉄砲 豚骨ホタテ煮干し味(2012年)
  • 日清 有名店シリーズ 無鉄砲 × 豚の骨 濃厚豚にぼ(2014年10月27日発売)[16]

生ラーメン[編集]

  • 日清食品チルド株式会社 無鉄砲 超濃厚豚骨2人前(2011年)

つけ麺[編集]

  • 日清食品チルド株式会社 無鉄砲 つけ麺無心 超濃厚豚骨2人前(2011年)
  • ローソン 無鉄砲監修 冷し豚骨つけ麺(2014年)

お菓子[編集]

イベント[編集]

無鉄砲の社用車 無鉄砲の社用車
無鉄砲の社用車

これまで数多くのイベントに出店している。また他店とコラボレーションを行い、限定麺等の販売イベントを実施している。また、被災地支援の炊き出しや義援金活動、学校での食育活動等を積極的に行っている。以下はその一例である。

出店[編集]

京野菜豚骨ラーメン お台場ラーメンパーク in 福井
京野菜豚骨ラーメン
お台場ラーメンパーク in 福井
第一回大つけ麺博の様子(日比谷パティオ、2009年)
  • 大つけ麺博(2009 - )[17][18]
  • 東京ラーメンショー(2009 - )
  • 陸前高田市「うごく七夕祭り」炊き出し参加(2011年8月6〜7日)
  • 第11回人気話題の味紀行 全国味の逸品会 西武百貨店池袋本店(2012年4月20〜25日)
  • TRYラーメン大賞xマルハンごはんどきコラボ出店 石川県、富山県など(2012年)
  • 広島福屋百貨店八丁堀本店 第63回福屋名物「秋の全国うまいもの大会」(2012年10月4〜9日)
  • 信越麺戦記(2013年4月)
  • NST2013 新潟「ラーメンWars”~麺下統一 八千代の乱~」(2013年9月28日〜29日)
  • 福島ラーメンショー「ラーメンで福島を元気に!」(2014年5月1〜6日)
  • 京野菜フェスティバル2014「京野菜たっぷり九条ねぎラーメンバトル」(2014年11月1〜3日)
  • 関西ラーメンダービー2014(2014年11月22〜24日)
  • お台場ラーメンPARK in 福井(後半の部:2015年3月25〜30日)
  • 2015肉汁祭 全国どんぶりチャンピオン決定戦(第3週:2015年4月28〜5月4日)

コラボレーション[編集]

  • せたが屋x無鉄砲(2011年2月18〜19日、つけ麺無極・無鉄砲東京中野店にて)[19]
  • 無鉄砲xラーメン軍団(京都一乗寺)東日本大震災復興チャリティ営業(2011年4月18日、無鉄砲京都本店にて)
  • とみ田x無鉄砲(2011年6月5日とみ田にて、6月7日無鉄砲本店にて)
  • 俺のラーメン あっぱれ屋x無鉄砲「無鉄っぱれ屋」(2012年2月26日、俺のラーメン あっぱれ屋にて)
  • ソラノイロx無鉄砲(2012年9月15〜16日、地域力宣言 ニッポンを元気にする物産展!、京都大丸)
  • 麺屋うえだx無鉄砲(2012年12月8及び15日、無鉄砲東京中野店にて)
  • とみ田x無鉄砲(2013年1月8〜15日、第8回 全国有名 寿司・弁当とうまいもの会、西武池袋本店)
  • 俺のラーメン あっぱれ屋x無鉄砲「あっ 豚の骨 屋っ!」(2014年12月22日無鉄砲本店にて)

食育活動[編集]

  • 三重県伊賀市(2013年3月4日)[20]

TV出演[編集]

地上波[編集]

ネット配信[編集]

  • La・La・La・ラーメン!愛の貧乏脱出大作戦(ニコニコチャンネル)2013年3月22日 18:00
  • La・La・La・ラーメン!The Woman★ラーメン職人グランプリ(ニコニコチャンネル)2013年5月26日 18:00

他多数

脚注[編集]

  1. ^ 無鉄砲 - 店舗案内”. 2018年4月11日閲覧。
  2. ^ a b キンキンラーメン道 - 無鉄砲 ラーメン屋ではなくとんこつ屋!とんこつ=俺!自分を表現するためにこだわり続ける「守り」と「変化」”. 2014年12月28日閲覧。
  3. ^ a b CHEERS - オーストラリアで活躍する日本人”. 2014年3月15日閲覧。
  4. ^ 食の道場 - 木津川「無鉄砲」赤迫重之”. 2014年3月15日閲覧。
  5. ^ THE URBAN LIST.COM - The Best Ramen In Sydney”. 2014年12月24日閲覧。
  6. ^ 読売テレビ - グッと!地球便—海の向こうの大切な人へ #050「オーストラリア/シドニー」”. 2014年3月15日閲覧。
  7. ^ NEWS ポストセブン - 骨と水だけで勝負する関西発究極のドロドロとんこつラーメン”. 2014年12月24日閲覧。
  8. ^ アミューズメント出版部 (2013) p. 91.
  9. ^ a b 無鉄砲 - メニュー”. 2014年3月17日閲覧。
  10. ^ a b Gigazine - 年数日だけ不定期にオープンする幻のラーメン店「豚の骨」のとんこつラーメン試食レビュー”. 2014年3月15日閲覧。
  11. ^ 小学館 - ラーメン王石神秀幸のらーめん最前線実写版 VOL. 29 無鉄砲 東京中野店”. 2014年12月27日閲覧。
  12. ^ 岡山放送 - カスペ!・見れば必ず応援したくなる!「キビシー!」〜この時代にこんな世界があったのかSP~ 放送内容紹介”. 2014年12月27日閲覧。
  13. ^ アミューズメント出版部 (2013) p. 125.
  14. ^ Simon Food Favourites - Inaugural Sydney Food Bloggers Choice Awards 2013”. 2014年12月24日閲覧。
  15. ^ Sydney Morning Herald - The 2014 Sydney Morning Herald Good Food Under $30 awards”. 2014年12月24日閲覧。
  16. ^ 日清食品 - 新発売のご案内「有名店シリーズ 無鉄砲 × 豚の骨 濃厚豚にぼ」”. 2014年12月17日閲覧。
  17. ^ 日刊SPA! - 大つけ麺博2011 衝撃の美味はこれだ!”. 2014年12月23日閲覧。
  18. ^ 日刊SPA! - 大つけ麺博、第1陣の全6食を実食!オススメは「烏賊豚骨」”. 2014年12月27日閲覧。
  19. ^ 東京ウォーカー - 「せたが屋」×「無鉄砲」! 日清が注力した究極のコラボ麺とは?”. 2014年12月27日閲覧。
  20. ^ 伊賀タウン情報 YOU - 「作る側の思い感じて」ラーメン作りを伝授 伊賀市・友生小で”. 2014年12月27日閲覧。

参考文献[編集]

  • アミューズメント出版部 『TRY認定 ラーメン大賞2013-14』 講談社、2013年ISBN 9784063486568

関連人物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度43分18.3秒 東経135度50分40.103秒 / 北緯34.721750度 東経135.84447306度 / 34.721750; 135.84447306