古久家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社古久家
本社所在地 日本の旗 日本
252-0802
神奈川県藤沢市高倉731
設立 1947年10月
業種 サービス業
事業内容 ラーメン店業
代表者 代表取締役会長 小林春代
代表取締役社長 小林剛輔
従業員数 223名
外部リンク http://kokuya.com/
テンプレートを表示

古久家(こくや)とは、神奈川県藤沢市を中心に、2007年現在10店舗を展開する中華そばを扱ったラーメンチェーンの店舗名である。運営会社の正式名称は株式会社古久家。

会社概要[編集]

1947年の終戦直後の神奈川県藤沢市で、初代社長小林三郎によって和菓子の店として開業。「これからの庶民は、甘いものを欲しがる」と考えた小林は、元々穀物商であったことから(会社名の「こくや」の由来は穀物家)、ヤミで砂糖を入手して営業していた。1971年高度成長期の際に、洋風の食文化の到来を予感し和菓子の製造を中止し、店舗を中華料理ラーメンに絞り味の古久家を展開する。1999年からは、折からのラーメンブームで、1000円をこえるラーメンが数多く世に出てくると、二代目社長、小林春代の「ラーメンは庶民の食べ物だ」と言う言葉から、350円の豚骨正油ラーメンの中華そば寅を展開する(現在は値上げされている)。なお、神奈川県内のラーメン店で屋号の末尾に「家」がついているが、いわゆる横浜家系(いえけい)ラーメンとは全く異なるので注意が必要である。

店舗[編集]

2017年9月現在、グループ店の「中華そば 寅」を含めた10店舗を展開しており、その他「cafe Ko-Ba」、「初代 寅とら」という関連店も存在する。

関連企業[編集]

  • 株式会社 あさ・ぐるーぶ
  • シルバースター倶楽部
  • cafe Ko-Ba

外部リンク[編集]