ラーメンショップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラーメンショップの特徴である看板
GOOD MORNING ラーメンショップ(店の裏手には椿食堂管理の本部がある)

ラーメンショップは、東京都大田区椿食堂管理有限会社[1][2]を本部として展開しているラーメン店のフランチャイズチェーンである。略称としてラーショとも呼ばれる[3][4]。「ラーメンショップ」の名称は椿食堂管理により商標登録されている(商標登録番号:第4650026号)。

概要[編集]

代表的メニューのネギチャーシューラーメン
(GOOD MORNING ラーメンショップ)
加盟店に置かれた生にんにくの容器
(椿食堂管理の本部の住所と電話番号が書かれている)

2014年4月時点で本州四国九州に300店舗以上のラーメン店を有するラーメンチェーンである[2]。ラーメンのジャンルとしては「東京豚骨ラーメン」とも呼ばれる、醤油ラーメン東京ラーメン)の豚骨ダシを濃厚にしたものがベースであり[5][6]ごま油と「クマノテ」と呼ばれる独自の調味料で調味されたネギを載せた「ネギラーメン」が看板メニューの一つとなっている[5]

店舗に掲げられた赤い大きな看板がシンボルとなっている[5]。看板には赤地に白字で「ラーメンショップ」と書かれ[2]、基本的にはその左右に「うまい」と書かれている[4]千葉県松戸市の串崎南店[7]のように、左右ではなく下部に「うまい」と書かれているデザインの看板の店舗も存在する[3][8])。東京都大田区羽田の椿食堂(現・GOOD MORNING ラーメンショップ)が最初に「ラーメンショップ」という名前を使い始めたとされる[4]

早朝営業、一店ワンマン方式であり[1]、ねぎラーメンを中心とする独自の味とメニュー、昼食時にはライスを無料サービスする商法が特徴である[1]。フランチャイズとしては、加盟店間における統一性はさほど強くなく、個人経営店の緩やかな連合体といった性格を持つ[4]。本部からは、豚骨醤油の作り方のノウハウと、タレ丼鉢のみが提供されるという[4]

他のフランチャイズチェーン店にあるような本部の公式ウェブサイトは存在しないが、東京都葛飾区の堀切店のように自主的に店舗の独自ウェブサイトを作成している場合もある[9]。また本部とされる椿食堂管理は、創業者の椿の方針で創業時から取材には一切応じていない[5][6](だが各店舗が個別に取材を受けることまでは禁じていない[5])。

堀切店の店主がリクルート社の「Hot Pepperグルメ」ウェブマガジン『メシ通』の取材[5]に答えたところによると、フランチャイズチェーンでありながら売り上げにかかるロイヤルティーが発生せず、本部から仕入れる食材等(ただし全ての食材を本部から仕入れる必要は無く、購入を義務づけられたものもないという)にロイヤリティー相当額が含まれており、これにより「ラーメンショップ」を名乗ることができる仕組みになっているのではないかと述べている。

椿食堂管理グループが本部となり、ここで麺やスープの素、調味料、生にんにくなどの食材が製造されているが、全ての店舗が本部から全ての食材を購入する義務はない[6]。椿食堂管理製造の生にんにくの容器には、椿食堂管理の本部の住所と電話番号が表記されており、GOOD MORNING ラーメンショップの場所とも一致する[6]椿食堂管理の調味料を使用する店舗はファンの間で「椿系」と呼ばれている。[要出典]

「家系ラーメン」との関連性について[編集]

家系ラーメンの元祖である吉村家の創業者である吉村実は、平和島京浜トラックターミナルにあったラーメンショップ(現在は閉店)で働き、半年でノウハウを身につけた[2][10]。このことからラーメン評論家の石神秀幸は、家系ラーメンのルーツはラーメンショップであると述べている[11]

系列店について[編集]

福島県においては、福島県郡山市有限会社アサカ商事による提携チェーン「椿ラーメンショップ」が経営を行っている。福島県内では当初は椿食堂管理の千葉工場から材料を運んできていたが、自給自足体制を整え福島県内で材料を調達するようになった[1]。なお、「椿ラーメンショップ」はアサカ商事により商標登録されている(商標登録番号:第5962117号)。

著名人の反応[編集]

力士の琴奨菊和弘は、佐渡ヶ嶽部屋に入門した時から近くのラーメンショップ串崎南店が馴染みの店[7]であり、注文はいつもネギラーメンとギョーザ2皿と卵と決まっている[12]

出典[編集]

  1. ^ a b c d “椿食堂管理、ラーメンショップを東北でチェーン展開—まず福島県内に2店出店。”. 日本経済新聞 東北A版: p. 2. (1983年2月27日) 
  2. ^ a b c d “[かながわ発]家系ラーメン(2) 40年 魂注ぎ込む「統将」(連載)=神奈川”. 読売新聞 東京朝刊 神奈川2版: p. 30. (2014年4月13日) 
  3. ^ a b 琴奨菊関が『ラーメンショップ』の常連だと判明!実際に行ってみた”. しらべぇ (2016年1月26日). 2018年8月25日閲覧。
  4. ^ a b c d e 鈴木隆祐『名門高校 青春グルメ』辰巳出版、2018年1月30日、54-55頁。ISBN 978-4777820092
  5. ^ a b c d e f 刈部山本 (2018年9月3日). “真っ赤な看板が目印の「ラーメンショップ」こそ、昭和から続く不死身のロードサイドチェーンだ”. Hot Pepper グルメ「メシ通」. リクルート. 2018年9月5日閲覧。
  6. ^ a b c d 刈部山本 (2020年3月4日). “「ラーメンショップ」が不死身なワケ…強さの秘訣は“ユルさ”だった”. 現代ビジネス. 講談社. 2020年3月4日閲覧。
  7. ^ a b 若狭敬一 (2016年1月26日). “祝・優勝!!”. CBCアナウンサーズブログ. CBCテレビ. 2018年9月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月9日閲覧。
  8. ^ ラーメンショップ 串崎南店 外観写真 食べログ
  9. ^ ラーメンショップ堀切店”. 2019年12月9日閲覧。
  10. ^ “[かながわ発]家系ラーメン(4) 「吉村のための麺」40年(連載)=神奈川”. 読売新聞 東京朝刊 神奈川2版: p. 26. (2014年4月27日) 
  11. ^ 【ラーメン王・石神氏が語る】家系ラーメン急増の理由は「日本人の食生活の変化」と「調理技術の進化」にあり”. GetNavi web (2016年5月18日). 2018年8月26日閲覧。
  12. ^ “大相撲初場所:琴奨菊V やったね!菊ちゃん 佐渡ヶ嶽部屋、松戸市民大歓声/千葉”. 毎日新聞 地方版/千葉: p. 25. (2016年1月25日) 

外部リンク[編集]