イギリス君主一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イギリス国王一覧から転送)
グレートブリテン及び
北アイルランド連合王国
Royal Arms
国章 (左が通常版; 右がスコットランド版)[注釈 1]

イギリス君主一覧(イギリスくんしゅいちらん)では、現在のイギリス(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)につながるグレートブリテン島の各地を支配した以下のイギリスの君主を対象とする。

1707年5月1日のイングランド王国スコットランド王国の併合以降、グレートブリテン王国およびイギリスでは、12人の君主が存在している(詳細は「イギリスの君主」参照)。イングランドとスコットランドは1603年3月24日以降、ステュアート朝時代に同君連合であった。

1801年1月1日、グレートブリテンはアイルランド王国を併合し(それ以前もグレートブリテンとの同君連合であった)、グレートブリテン及びアイルランド連合王国が成立した。その後、アイルランドの大半が1922年12月6日に連合を離脱し、国号は1927年4月12日に現在の「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」に改称された。

グリートブリテン王国成立以前[編集]

スコットランド王国[編集]

ウェールズ[編集]

13世紀末にイングランドに征服される以前のウェールズには、デバイバルスポウィスグゥイネッズなどの小王国があった。

グゥイネッズ[編集]

サウェリン・アプ・グリフィズはウェールズの諸侯を従えてウェールズ大公を名乗るが、敗死。ダヴィズが継承者を主張するがイングランド軍に捕らえられて処刑された。

ウェールズ公[編集]

以後は、イングランド王国、グレートブリテン王国、グレートブリテンおよびアイルランド連合王国、グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国の第1王位継承者がプリンス・オブ・ウェールズ(ウェールズ公)の称号を持つ。2022年9月10日現在は、ウィリアム王太子

七王国[編集]

ブレトワルダ[編集]

七王国時代に、諸王の間で台頭して他の王たちを臣従させた王をブレトワルダと呼ぶ。

9世紀半ばのデーン人の侵入後、諸王国で覇権を確立したウェセックス王がデーン人と戦い、次第に統一イングランド王国を形成していった。

イングランド王国[編集]

一覧(グレートブリテン王国成立以後)[編集]

1707年5月1日イングランド王国スコットランド王国政治的に統合されて以来、13人のイギリス君主がいる。イングランドとスコットランドは1603年3月24日以来、同君連合にあった。1801年1月1日、グレートブリテン王国アイルランド王国が合併した結果、グレートブリテンおよびアイルランド連合王国が誕生し、1920年代の南アイルランドの分離により、グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国になった。

アン女王は、1702年3月8日以来、イングランド王国スコットランド王国、およびアイルランド王国を統治していた。彼女は、1707年5月1日にイングランドとスコットランドが政治的に統合された後、グレートブリテン王国の君主になった。彼女の通算在位期間は、12年と147日であった。

アン女王の在位中、議会は1701年王位継承法で王位継承規則を定め、ゾフィー・フォン・ハノーファージェームズ6世・1世の孫娘)と彼女の非カトリックの子孫を将来の王位継承者として定義した。ソフィアがすでに死去していたため、王位はアン女王からソフィアの息子であるジョージ1世に継承された。アン女王とジョージ1世は、両者もジェームズ1世・6世の曾孫であり、2番目のいとこであった。ジョージ1世とアンとの関係を示す家系図については、「en:George I of Great Britain#Family tree」を参照。

アン女王の後継者である全てのイギリス君主は、長子相続によって王位を継承している。

肖像 紋章 誕生 結婚 崩御 続柄 注釈
ステュアート朝
アン
1707年5月1日[注釈 2]

1714年8月1日[注釈 2]
(7年, 93日)
(1702年3月8日より
イングランド及びスコットランド女王[注釈 3]
(12年, 147日)
Dahl, Michael - Queen Anne - NPG 6187.jpg Royal Arms of England (1603-1707).svg 1665年2月6日[注釈 2]
セント・ジェームズ宮殿
ジェームズ2世
アン・ハイドの女子
ジョージ・オブ・デンマーク
セント・ジェームズ宮殿
1683年7月28日[注釈 2]
子女5人
1714年8月1日[注釈 2]
ケンジントン宮殿
(49歳没)
ジェームズ2世の女子
権利の章典
[2]


ハノーヴァー朝
ジョージ1世
ジョージ・ルイス
1714年8月1日[注釈 2]
 –
1727年6月11日[注釈 2]
(12年, 315日)
King George I by Sir Godfrey Kneller, Bt.jpg Royal Arms of Great Britain (1714-1801).svg 1660年5月28日[注釈 2]
ライネシュロス
ハノーファー選帝侯エルンスト・アウグスト
ゾフィー・フォン・デア・プファルツの男子
ゾフィー・ドロテア・フォン・ブラウンシュヴァイク=リューネブルク
1682年11月21日[注釈 2]
子女2人
1727年6月11日[注釈 2]
オスナブリュック
(67歳没)
ジェームズ6世・1世の曾孫息子
1701年王位継承法
[3]
ジョージ2世
ジョージ・オ-ガスタス
1727年6月11日[注釈 2]
 –
1760年10月25日
(33年, 126日)
George II by Thomas Hudson.jpg Royal Arms of Great Britain (1714-1801).svg 1683年10月30日[注釈 2]
ヘレンハウゼン宮殿
ジョージ1世
ゾフィー・ドロテア・フォン・ブラウンシュヴァイク=リューネブルクの男子
キャロライン・オブ・アーンズバック
ヘレンハウゼン王宮庭園
1705年8月22日[注釈 2]
子女8人
1760年10月25日
ケンジントン宮殿
(76歳没)
ジョージ1世の男子 [4]
ジョージ3世
ジョージ・ウィリアム・フレデリック
1760年10月25日
 –
1820年1月29日
(59年, 97日)
Allan Ramsay - King George III in coronation robes - Google Art Project.jpg 1801年まで:
Royal Arms of Great Britain (1714-1801).svg
1801年–1816年:
Royal Arms of United Kingdom (1801-1816).svg
1816年以後:
Royal Arms of United Kingdom (1816-1837).svg
1738年5月24日[注釈 2]
ノーフォークハウス
フレデリック王子
オーガスタ・オブ・サクス=ゴータの男子
シャーロット・オブ・メクレンバーグ=ストレリッツ
セント・ジェームズ宮殿
1761年9月8日
子女15人
1820年1月29日
ウィンザー城
(81歳没)
ジョージ2世の孫息子 [5]
ジョージ4世
ジョージ・オーガスタス・フレデリック
1820年1月29日
 –
1830年6月26日
(10年, 149日)
George IV 1821 color.jpg Royal Arms of United Kingdom (1816-1837).svg 1762年8月12日
セント・ジェームズ宮殿
ジョージ3世
シャーロット・オブ・メクレンバーグ=ストレリッツの男子
キャロライン・オブ・ブランズウィック=ウォルフェンビュッテル
セント・ジェームズ宮殿
1795年4月8日
女子1人
1830年6月26日
ウィンザー城
(67歳没)
ジョージ3世の男子 [6]
ウィリアム4世
ウィリアム・ヘンリー
1830年6月26日
 –
1837年6月20日
(6年, 360日)
William IV.jpg Royal Arms of United Kingdom (1816-1837).svg 1765年8月21日
バッキンガム宮殿
ジョージ3世
シャーロット・オブ・メクレンバーグ=ストレリッツの男子
アデレード・オブ・サクス=マイニンゲン
キュー宮殿
1818年7月13日
女子2人
1837年6月20日
ウィンザー城
(71歳没)
ジョージ3世の男子
ジョージ4世の弟
[7]
ヴィクトリア
アレクサンドリナ・ヴィクトリア
1837年6月20日
 –
1901年1月22日
(63年, 217日)
Queen Victoria 1843.jpg Arms of the United Kingdom (since 1837).svg 1819年5月24日
ケンジントン宮殿
ケント=ストラサーン公エドワード王子
ヴィクトリア・オブ・サクス=コバーグ=ザールフィールドの女子
ザクセン=コーブルク=ゴータ公子アルバート
セント・ジェームズ宮殿
1840年2月10日
子女9人
1901年1月22日
オズボーン・ハウス
(81歳没)
ジョージ3世の孫娘
ウィリアム4世の姪
[8]
ザクセン=コーブルク=ゴータ朝
エドワード7世
アルバート・エドワード
1901年1月22日
 –
1910年5月6日
(9年, 105日)
King Edward VII by Sir (Samuel) Luke Fildes.jpg Arms of the United Kingdom (since 1837).svg 1841年11月9日
バッキンガム宮殿
ザクセン=コーブルク=ゴータ公子アルバート
ヴィクトリア
男子
アレクサンドラ・オブ・デンマーク
セント・ジョージ聖堂
1863年3月10日
子女6人
1910年5月6日
バッキンガム宮殿
(68歳没)
ヴィクトリアの男子 [9]
ウィンザー朝[注釈 4]
ジョージ5世
ジョージ・フレデリック・アーネスト・アルバート
1910年5月6日
 –
1936年1月20日
(25年, 260日)
King George V 1911.jpg Arms of the United Kingdom (since 1837).svg 1865年6月3日
マールボロウハウス
エドワード7世
アレクサンドラ・オブ・デンマーク
男子
メアリー・オブ・テック
セント・ジェームズ宮殿
1893年7月6日
子女6人
1936年1月20日
サンドリンガム・ハウス
(70歳没)
エドワード7世の男子 [11]
エドワード8世
エドワード・アルバート・クリスチャン・ジョージ・アンドルー・パトリック・デイヴィッド
1936年1月20日
 –
1936年12月11日退位
(327日)
His Majesty King Edward VIII in Garter Robes (cropped).jpg Arms of the United Kingdom (since 1837).svg 1894年6月23日
ホワイト・ロッジ
ジョージ5世
メアリー・オブ・テック
の男子
ウォリス・シンプソン
キャンデ城
1937年6月3日
1972年5月28日
ヌイイ=シュル=セーヌ
(77歳没)
ジョージ5世の男子 [12]
ジョージ6世
アルバート・フレデリック・アーサー・ジョージ
1936年12月11日
 –
1952年2月6日
(15年, 58日)
King George VI.jpg Arms of the United Kingdom (since 1837).svg 1895年12月14日
サンドリンガム・ハウス
ジョージ5世
メアリー・オブ・テック
の男子
エリザベス・ボーズ=ライアン
ウェストミンスター寺院
1923年4月26日
女子2人
1952年2月6日
サンドリンガム・ハウス
(56歳没)
ジョージ5世の男子
エドワード8世の弟
[13]
エリザベス2世
エリザベス・アレクサンドラ・メアリー
1952年2月6日
 –
2022年9月8日
(70年,215日)
Queen Elizabeth II in Coronation Robes.jpg Arms of the United Kingdom.svg 1926年4月21日
メイフェア
ジョージ6世
エリザベス・ボーズ=ライアンの女子
フィリップ・マウントバッテン
ウェストミンスター寺院
1947年11月20日
子女4人
2022年9月8日
バルモラル城
(96歳没)
ジョージ6世の女子 [14]
チャールズ3世
チャールズ・フィリップ・アーサー・ジョージ
2022年9月8日
[15][16]
 –
在位中
(84日)
Prince of Wales (enthroned) 2022.jpg Arms of the United Kingdom.svg 1948年11月14日
バッキンガム宮殿
フィリップ・マウントバッテンエリザベス2世の男子
(1) ダイアナ・スペンサー (1996年離婚)
セント・ポール大聖堂
1981年7月29日
男子2人
(2) カミラ・パーカー・ボウルズ
ウィンザー・ギルドホール
2005年4月9日
存命中
(74歳)
エリザベス2世の男子 [17]

イギリスの歴代君主の在位期間[編集]

イギリスの歴代君主の在位期間
チャールズ3世 (イギリス王)エリザベス2世ジョージ6世 (イギリス王)エドワード8世 (イギリス王)ジョージ5世 (イギリス王)エドワード7世 (イギリス王)ヴィクトリア (イギリス女王)ウィリアム4世 (イギリス王)ジョージ4世 (イギリス王)ジョージ3世 (イギリス王)ジョージ2世 (イギリス王)ジョージ1世 (イギリス王)アン (イギリス女王)

現在の君主[編集]

歴代 誕生 即位 在位期間 続柄
ウィンザー朝
第5代
Charles Prince of Wales.jpg チャールズ3世 Charles III 1948年11月14日(74歳) 2022年9月8日 84日 女王エリザベス2世第1王子

系図[編集]

BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(丸数字)が含まれています詳細

黄色背景や丸数字は歴代の王。

ウェセックス王国(エグバート以前)[編集]

チェルディッチ(セルディック)からエグバートまでの系譜は定かではない。

 
チェルディッチ
 
 
 
 
 
 
 
クレオダ?
 
 
 
 
 
 
 
キュンリッチ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
チェウリン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クタ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クスウィン
(?-584)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
チェオル
 
 
 
 
 
 
 
 
 
チェオルウルフ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
キュネバルド
 
チェッダ
 
 
 
 
 
クタ・カスウルフ
 
 
 
 
 
キュネイルス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クスイルス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エゼルバルド
 
コエンベルフト
 
 
 
 
 
チェオルワルド
 
クウィチェルム
 
チェンワルフ
 
サクスブルフ
 
チェントウィネ
 
チェンフェルス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オスワルド
(-730)
 
キャドワラ
 
ムル
(?-687)
ケント王
 
チェンレッド
 
クスレッド
(?-661)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
⑨チェンフス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エゼルヘルド
 
エセルブルフ
 
イネ
 
インギルド
(?-718)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エシュウィネ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エオパ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エアファ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エアルムンド
ケント王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エグバート

ウェセックス朝・デーン朝・ノルマン朝[編集]

 
エグバート
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エゼルウルフ
 
アゼルスタン
ケント王
839-850
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アゼルスタン
 
エゼルバルド
 
エゼルベルト
 
エゼルレッド
 
アルフレッド
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エクグィン
 
エドワード長兄王
 
エルフフェド
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エゼルウェルド
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エルフスリュス
 
ボードゥアン2世
フランドル伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エドギフ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エルフウィン
(?-937)
 
エゼルウィン
(?-937)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フランドル家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アゼルスタン
 
エルフウェルド
 
エドマンド1世
 
エドレッド
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エドウィ
 
エゼルフレダ
 
 
 
エドガー
 
 
 
エルフリーダ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エドワード殉教王
 
エルギフ
 
エゼルレッド2世
 
 
 
 
 
エマ
(ノルマンディー公リシャール1世娘)
 
 
 
 
 
クヌート
イングランド王
デンマーク王
 
エルギフ
(ノーサンプトン伯アルフヘルム娘)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エドマンド2世
 
エドワード懺悔王
 
エディス
 
ハロルド2世
イングランド王
 
ハーデクヌーズ
イングランド王
 
ハロルド1世
イングランド王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘドウィグ
(ハンガリー王女)
 
エドマンド
 
エドワード・アシリング
 
アガサ
(ハンガリー王イシュトヴァーン1世娘?)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エドガー・アシリング
 
マーガレット
 
マルカム3世
スコットランド王
 
 
 
 
ウィリアム1世
イングランド王
 
マティルダ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マティルダ
 
 
 
 
ヘンリー1世
イングランド王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アサル朝
 
 
 
 
 
プランタジネット朝

ノルマン朝[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウィリアム1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウィリアム2世
 
アデル
 
ヘンリー1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スティーブン
 
マティルダ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘンリー2世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

プランタジネット朝[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘンリー2世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
若ヘンリー
 
リチャード1世
 
ジョン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘンリー3世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エドワード1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エドワード2世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エドワード3世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エドワード黒太子
 
ライオネル・オブ・アントワープ
 
ジョン・オブ・ゴーント
 
エドマンド・オブ・ラングリー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リチャード2世
 
 
 
 
 
ランカスター朝
 
ヨーク朝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ランカスター朝・ヨーク朝[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プランタジネット朝
エドワード3世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エドワード黒太子ライオネル・オブ・アントワープジョン・オブ・ゴーントエドマンド・オブ・ラングリー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(プランタジネット朝)
リチャード2世
 
 
ヘンリー4世ジョン・ボーフォート
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘンリー5世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヨーク朝
ヘンリー6世
 
 
 
 
テューダー朝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プランタジネット朝
エドワード3世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジョン・オブ・ゴーントライオネル・オブ・アントワープエドマンド・オブ・ラングリー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(ランカスター朝)
 
 
 
 
 
 
 
リチャード・プランタジネット
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エドワード4世リチャード3世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テューダー朝
ヘンリー7世
 
エリザベス
 
エドワード5世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テューダー朝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


テューダー朝[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘンリー7世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マーガレット
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘンリー8世
 
メアリー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スコットランド王
ジェームズ5世
 
マーガレット
 
メアリー1世
 
エリザベス1世
 
エドワード6世
 
フランセス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スコットランド女王
メアリー1世
 
ヘンリー
 
 
 
 
ジェーン・グレイ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジェームズ1世
=スコットランド王 同6世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ステュアート朝[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジェームズ1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エリザベス
 
チャールズ1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ゾフィー
 
チャールズ2世
 
メアリー
 
ジェームズ2世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジョージ1世
 
 
 
 
 
ウィリアム3世
 
メアリー2世
 
アン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ハノーヴァー朝[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジョージ1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジョージ2世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フレデリック・ルイス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジョージ3世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジョージ4世
 
ウィリアム4世
 
エドワード
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヴィクトリア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エドワード7世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジョージ5世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ウィンザー朝[編集]

  • 赤枠の人物は、存命中。
  • 黒枠の人物は、故人。
  • 太枠の人物は、イギリス君主の子女。
注釈
  1. ^ 現在のイギリスの国章には2つのバージョンがある。左が通常版、右がスコットランド版。共通バージョンのシールドでは、イングランドが1番目と4番目に、スコットランドが2番目に、北アイルランドが3番目にそれぞれ描かれている。スコットランド版の盾では、イングランド王室紋章スコットランド王室紋章が交差している[1]
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n 旧暦
  3. ^ 参照:イングランド君主一覧
  4. ^ 1917年7月17日、ジョージ5世は英国王室の名前をザクセン=コーブルク=ゴータからウィンザーに変更した[10]。この変更は、第一次世界大戦中の大英帝国における反ドイツ感情に対応して行われた。エディンバラ公フィリップとエリザベス2世女王の子孫は、王立司令によりウィンザー家に属している(1952年4月9日、エリザベス2世女王による枢密院宣言)。ただし、家系図の通常の規則の下では、彼らは父方の子孫により、オルデンブルク家(デンマークの統治家であり、旧ギリシャ王国)のグリュックスブルク分家のメンバーでもある。したがって、チャールズ3世はウィンザー朝でグリュックスブルク王朝の男系子孫の最初の君主であり、ウィンザー家の以前の君主の場合のようにザクセン=コーブルク=ゴータ公子アルバートの男系子孫ではない。
  5. ^ 国王エドワード8世1936年の退位後、ウィンザー公爵となった。


脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

戴冠式

出典[編集]

  1. ^ Coats of arms”. royal.gov.uk. 2009年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年5月9日閲覧。
  2. ^ Anne (r. 1702–1714)”. royal.gov.uk (2015年12月30日). 2018年1月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月16日閲覧。
  3. ^ George I (r. 1714–1727)”. royal.gov.uk. 2016年5月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月12日閲覧。
  4. ^ George II (r. 1727–1760)”. royal.gov.uk. 2016年5月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月12日閲覧。
  5. ^ George III (r. 1760–1820)”. royal.gov.uk. 2018年5月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月12日閲覧。
  6. ^ King George IV (r. 1820–1830)”. royal.gov.uk. 2017年8月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月12日閲覧。
  7. ^ William IV (r. 1830–1837)”. royal.gov.uk. 2017年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月12日閲覧。
  8. ^ Victoria ( r. 1837–1901)”. royal.gov.uk. 2018年1月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月12日閲覧。
  9. ^ Edward VII (r.1901–1910)”. royal.gov.uk. 2018年1月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月12日閲覧。
  10. ^ "No. 30186". The London Gazette (英語). 17 July 1917. p. 7119.
  11. ^ George V (r. 1910–1936)”. royal.gov.uk. 2018年1月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月12日閲覧。
  12. ^ Edward VIII (Jan–Dec 1936)”. royal.gov.uk. 2016年5月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年8月3日閲覧。
  13. ^ George VI (r.1936–1952)”. royal.gov.uk. 2017年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月12日閲覧。
  14. ^ Her Majesty The Queen”. royal.gov.uk. 2018年8月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月12日閲覧。
  15. ^ “英エリザベス女王、死去 英王室発表”. BBCニュース. (2022年9月9日). https://www.bbc.com/japanese/62840312 2022年9月9日閲覧。 
  16. ^ “イギリスの新国王はチャールズ3世”. BBCニュース. (2022年9月9日). https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-62844110 2022年9月9日閲覧。 
  17. ^ Bridge, London (2022年9月8日). “The King” (英語). The Royal Family. 2022年9月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]