イギリス王妃・王配一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イギリスの旗 グレートブリテン及び北アイルランド連合王国
王妃/王配
Consort of the British monarch
カミラ王妃の紋章
(右・スコットランドにおける国章)
在位中の王妃/王配
カミラ
2022年9月8日より
詳細
敬称 陛下(Her Majesty)
法定推定相続人 ウェールズ公妃キャサリン
初代 ジョージ・オブ・デンマーク
(アイルランドとの連合王国:シャーロット・オブ・メクレンバーグ=ストレリッツ)
成立 1707年5月1日
宮殿 バッキンガム宮殿
ウィンザー城 など
一覧参照)
ウェブサイト http://www.royal.gov.uk/
テンプレートを表示
女王エリザベス2世の配偶者であるエディンバラ公爵フィリップは英国王室史上で最長在位の配偶者であった(写真:1953年の女王戴冠式後)。

イギリス王妃・王配一覧(イギリスおうひ・おうはいいちらん)では、歴代のイギリス君主(国王/女王)の配偶者(王妃/王配:Queen/Prince consort)を列記する。イギリス君主の配偶者とその前任者には憲法上の地位や権力はないが、多くが大きな影響力を持っている[1][2][3]

フィリップ王配は、これまでで最も長く務め、最も長寿の配偶者であり、70年近く務めて99歳で薨去した。彼の義母であるエリザベス王太后は101歳で崩御し、他のどの王妃よりも長寿であったが、自身より50年前に夫のジョージ6世国王が崩御したため、彼女の死の時点では王妃の地位を保持していなかった[4]

フィリップ王配の薨去英語版以降、2022年9月8日エリザベス2世が崩御するまでイギリス王妃・王配は空位となっていた。女王の長男であるチャールズ3世が国王に即位したことにより、カミラがイギリス王妃になった[5]

歴史[編集]

1707年のイギリスとスコットランドの合同以来、在位にあったイギリスの君主の配偶者は11人になる。1727年から1814年までの歴代王妃は、夫全員がハノーファー選帝侯の称号を所持していたため、ハノーファー選帝侯妃でもあった。 1814年から1837年の間、夫はハノーファー国王であったため、王妃はハノーファー王妃としての称号を保持していた。 この人的同君連合は、1837年のヴィクトリア女王の即位によりに終了した。これは、ハノーファーの継承法(サリカ法)により、生き残った男性の相続人がいる場合に女性が称号を継承することが禁止されたため(英国では、男性が優先された) 男性の長子相続を削除した2013年王位継承法までは、姉妹のみ)。1866年の普墺戦争で、ハノーファーはプロイセンに併合され、ハノーファー県になった。

君主(男性国王)の全ての妻が配偶者(consort)になったわけではない。彼女らは死去したか、離婚したか、夫が王位に就く前に結婚が無効であると宣言されたか、退位後に結婚したなどの例である。実例として、ゾフィー・ドロテア・フォン・ブラウンシュヴァイク=リューネブルクハノーファー侯子ゲオルク・ルートヴィヒ、後の国王ジョージ1世の妻)、ウォリス・ウォーフィールドウィンザー公エドワード、元国王エドワード8世の妻)、レディ・ダイアナ・スペンサーウェールズ公チャールズ、現在の国王チャールズ3世の妻)がいる。

ジョージ1世エドワード8世のみが、在位中に未婚であった。

1937年以来、国王の配偶者と21歳以上の継承順位の最初の4人が国務顧問(Counsellor of State)に任命される可能性がある。 国務顧問は、国王が国外にいるか一時的に無能力状態にある間、英国において国王の任務の一部を遂行する[6]

称号[編集]

男性配偶者[編集]

アルバート・オブ・サクス=コバーグ=ゴータ公子は、「プリンス・コンソート (Prince Consort)」の称号が与えられた唯一の男性配偶者である。

全ての女性配偶者(キングの妻)は、「王妃」すなわち「クイーン・コンソート(queen consort)」になる権利を有しそのスタイルをとった。 しかし、1707年以来存在していた3人の英国の男性配偶者(クイーンの夫)のうち、「キング・コンソート(king consort)」と見なされた人物はいなかった。

戴冠式[編集]

The Coronation of King George V: King George V and Queen Mary Enthroned
(ラウリツ・トゥクセン作・1912年)

王妃は戴冠式に参加し、君主と同じ儀式の多くを執り行う。女王は伝統的に精巧なローブを着て、天蓋の下で行列を歩く。彼女らはまた聖油を注がれ、王冠を授けられた。伝統的に、男性の配偶者は戴冠式で戴冠したり、油を注がれたりすることはない[7]

珍しいケースとしては、即位前に夫ジョージ4世と別居していたカロリーネ・フォン・ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテルがあり、法律により王妃となったが宮廷での地位はなく、ジョージ4世の戴冠式への出席と戴冠を強制的に禁止された[8]

レガリア[編集]

現存する最古の配偶者の王冠は、メアリー・オブ・モデナのために1685年に制作されたものである(State Crown of Mary of Modena)。20世紀初頭以来、女王の配偶者のために新しい王冠が制作されるのが伝統となっていた。しかし、カミラ王妃は2023年の戴冠式に向けて新たな王冠を制作しておらず、1911年のメアリー王妃の王冠(Crown of Queen Mary)を使用して戴冠した[9]

王妃の指輪は、1831年にアデレード王妃の戴冠式のために初めて作成され、それ以来王妃によって使用されてきた[9]

王妃の杖と鳩は「公平と慈悲」を表し、翼を折りたたんだ鳩は聖霊を象徴している。元々は1685年のメアリー・オブ・モデナの戴冠式のために制作された王妃の十字架付き笏には、水晶が象嵌されている[9]

王妃・王配一覧[編集]

肖像 紋章 誕生 婚姻 在位開始 戴冠 在位終了 崩御・薨去 墓地 在位期間 配偶者
ジョージ・オブ・デンマーク=ノルウェー 1653年4月2日
デンマーク=ノルウェー国王フレデリク3世ゾフィー・アマーリエ・フォン・ブラウンシュヴァイク=カレンベルクの子息
1683年7月28日 1707年5月1日

グレートブリテン王国の成立; 1702年3月8日の配偶者の即位に伴い、イングランドとスコットランドの君主の配偶者となる
なし 1708年10月28日

55年, 209日
ウェストミンスター寺院 1年, 180日 アン
ウィルヘルミナ・シャーロット・キャロライン・オブ・ブランデンブルク=アーンズバック 1683年3月1日
ブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯ヨハン・フリードリヒエレオノーレ・フォン・ザクセン=アイゼナハの息女
1705年8月22日 1727年6月11日

配偶者の即位
1727年10月11日 1737年11月20日

54年, 172日
10年, 162日 ジョージ2世
ソフィア・シャーロット・オブ・メクレンバーグ=ストレリッツ 1744年5月19日
カール・ツー・メクレンブルク=シュトレーリッツザクセン=ヒルトブルクハウゼン公女エリーザベト・アルベルティーネの息女
1761年9月8日 1761年9月8日

君主との結婚
1761年9月22日 1818年11月17日

74年, 126日
ウィンザー城聖ジョージ礼拝堂 57年, 70日 ジョージ3世
キャロライン・アメリア・エリザベス・オブ・ブランズウィック=ウォルフェンビュッテル 1768年5月17日
ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル公カール・ヴィルヘルム・フェルディナントグレートブリテン王女オーガスタの息女
1795年4月8日 1820年1月29日

配偶者の即位
なし 1821年8月7日

53年, 72日
ブランズウィック大聖堂 1年, 190日 ジョージ4世
アデレード・アメリア・ルイーゼ・テリーザ・キャロライン・オブ・サクス=マイニンゲン 1792年8月13日
ザクセン・マイニンゲン公ゲオルク1世ホーエンローエ=ランゲンブルク侯女ルイーゼ・エレオノーレの息女
1818年7月13日 1830年6月26日

配偶者の即位
1831年9月8日 1837年6月20日

配偶者の崩御
1849年12月2日

56年, 311日
ウィンザー城聖ジョージ礼拝堂 6年, 359日 ウィリアム4世
フランツ・オーガスト・カール・アルバート・エマニュエル・オブ・サクス=コバーグ=ゴータ 1819年8月26日
ザクセン=コーブルク=ゴータ公エルンスト1世ルイーゼ・フォン・ザクセン=ゴータ=アルテンブルクの子息
1840年2月10日 1840年2月10日

君主との結婚
なし 1861年12月14日

42年, 110日
ウィンザー城聖ジョージ礼拝堂 (当時:フロッグモア霊廟 21年, 307日 ヴィクトリア
アレクサンドラ・キャロライン・マリー・シャーロット・ルイーズ・ジュリア・オブ・デンマーク 1844年12月1日
デンマーク王クリスチャン9世ヘッセン=カッセル方伯女ルイーゼの息女
1863年3月10日 1901年1月22日

配偶者の即位
1902年8月9日 1910年5月6日

配偶者の崩御
1925年11月20日

80年, 354日
ウィンザー城聖ジョージ礼拝堂 9年, 104日 エドワード7世
ヴィクトリア・メアリー・ルイーズ・オルガ・ポーリン・クローディン・アグネス・オブ・テック 1867年5月26日
テック公フランツメアリー・アデレード・オブ・ケンブリッジ王女の息女
1893年7月6日 1910年5月6日

配偶者の即位
1911年6月22日 1936年1月20日

配偶者の崩御
1953年3月24日

85年, 302日
25年, 259日 ジョージ5世
エリザベス・アンジェラ・マルグリート・ボーズ=ライアン 1900年8月4日
第14代ストラスモア=キングホーン伯爵クロード・ボーズ=ライアンセシリア・キャベンディッシュ=ベンティンクの息女
1923年4月26日 1936年12月11日

配偶者の即位
1937年5月12日 1952年2月6日

配偶者の崩御
2002年3月30日

101年, 238日
15年, 57日 ジョージ6世
フィリップ・オブ・グリース・アンド・デンマーク 1921年6月10日
ギリシャおよびデンマーク王子アンドレアスバッテンベルク侯女アリスの子息
1947年11月20日 1952年2月6日

配偶者の即位
なし 2021年4月9日

99年, 303日
69年, 62日 エリザベス2世
カミラ・ローズマリー・シャンド 1947年7月17日
ブルース・シャンドアシュコーム男爵令嬢ロザリンド・キュービットの息女
2005年4月9日 2022年9月8日

配偶者の即位
2023年5月6日 在位中

年齢: 76年 + 229日
存命中 1年 + 176日 チャールズ3世

脚注[編集]

  1. ^ Tudor and Stuart consorts : power, influence, and dynasty. Aidan Norrie. Cham, Switzerland. (2022). ISBN 978-3-030-95197-9. OCLC 1336986822 
  2. ^ Bogdanor, Vernon (1995). The monarchy and the constitution. Oxford: Clarendon Press. ISBN 978-0-19-152089-1. OCLC 344061919 
  3. ^ Queens & power in medieval and early modern England. Carole Levin, R. O. Bucholz. Lincoln: University of Nebraska Press. (2009). ISBN 978-0-8032-2278-6. OCLC 316765760 
  4. ^ Campbell, Colin, Lady (2012). The queen mother : the untold story of Elizabeth Bowes Lyon, who became Queen Elizabeth the queen mother (First ed.). New York. ISBN 978-1-250-01896-0. OCLC 861786771 
  5. ^ Holden, Michael (2022年9月8日). “From 'Rottweiler' to Queen Consort, Camilla's rise from shadow of Diana” (英語). Reuters. https://www.reuters.com/world/uk/rottweiler-queen-consort-camillas-rise-shadow-diana-2022-09-08/ 2022年9月9日閲覧。 
  6. ^ Counsellors of State”. The Royal Family. 2023年6月13日閲覧。
  7. ^ What is a queen consort?”. Royal Collection Trust. 2023年5月24日閲覧。
  8. ^ Why Was Queen Caroline Barred From Her Husband's Coronation?” (英語). TheCollector (2022年3月17日). 2022年11月2日閲覧。
  9. ^ a b c The Coronation Regalia”. The Royal Family (2023年4月9日). 2023年9月21日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]