イギリス王妃・王配一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イギリスの旗 グレートブリテン及び北アイルランド連合王国
王妃/王配
Queen/Prince consort of the United Kingdom
Royal Coat of Arms of the United Kingdom (Both Realms).svg
イギリスの国章
(右・スコットランドにおける国章)
在位中の王妃/王配
空位
2021年4月9日より
詳細
第一順位継承者 コーンウォール公爵夫人カミラ
初代 ジョージ・オブ・デンマーク
(アイルランドとの連合王国:シャーロット・オブ・メクレンバーグ=ストレリッツ
成立 1707年5月1日
宮殿 バッキンガム宮殿
ウィンザー城 など
一覧参照)
ウェブサイト http://www.royal.gov.uk/
テンプレートを表示
エリザベス2世女王の夫であるフィリップ王配は世界史上で最も長く務めた君主の配偶者であった[1]

イギリス王妃・王配一覧(イギリスおうひ・おうはいいちらん)では、歴代のイギリス君主(国王/女王)の配偶者(王妃/王配、:Queen/Prince consort)を列記する。イギリス君主の配偶者とその前任者には憲法上の地位や権力はないが、多くが大きな影響力を持っている。

フィリップ王配は、これまでで最も長く務め、最も長寿の配偶者であり、70年近く務めて99歳で薨去した。彼の義母であるエリザベス王妃は101歳で崩御し、他のどの王妃よりも長寿であったが、自身より50年前に夫のジョージ6世が崩御したため、彼女の死の時点では王妃の地位を保持していなかった。

フィリップ王配の薨去英語版以降、イギリス王妃・王配は空位となっている。コーンウォール公爵夫人カミラは、ウェールズ公チャールズが国王に即位すれば次のイギリス王妃になるとされている。

歴史[編集]

1707年のイギリスとスコットランドの合同以来、イギリスの君主の配偶者が10人在位した。1727年から1814年までの王妃は、夫全員がハノーファー選帝侯の称号を持っていたため、ハノーファー選帝侯でもあった。 1814年から1837年の間、夫はハノーファー国王であったため、王妃はハノーファー国王としての称号を保持していた。 英国との個人的な連合は、ヴィクトリア女王の加入により1837年に終了した。これは、ハノーファーの継承法(サリカ法)により、生き残った男性の相続人がいる場合に女性が称号を継承することが禁止されたため(英国では、男性が優先された) 男性の長子相続を削除した2013年王位継承法までは、姉妹のみ)。1866年の普墺戦争で、ハノーファーはプロイセンに併合され、ハノーファー県になった。

例外[編集]

君主の全ての妻が配偶者(consort)になったわけではない。彼女らは死去したか、離婚したか、夫が王位に就く前に結婚が無効であると宣言されたか、退位後に結婚したなどの例である。そのような場合は以下の通り。

珍しいケースは、加入前に夫のジョージ4世から離れていた、キャロライン・オブ・ブランズウィックの例。法廷では、彼の配偶者は法廷での地位を持たず、ジョージ4世の戴冠式に出席して戴冠することを強制的に禁じられた。これは大衆の怒りを引き起こした。

ジョージ1世とエドワード8世だけが、在位中に未婚であった。

男性配偶者[編集]

アルバート・オブ・サクス=コバーグ=ゴータ公子は、「プリンス・コンソート (prince consort)」の称号が与えられた唯一の男性配偶者である。

全ての女性配偶者(キングの妻)は、「王妃」すなわち「クイーン・コンソート(queen consort)」になる権利を有しそのスタイルをとった。 しかし、1707年以来存在していた3人の英国の男性配偶者(クイーンの夫)のうち、「キング・コンソート(king consort)」と見なされた人物はいなかった。

次期君主配偶者[編集]

ウェールズ公チャールズが王位に就くと、立法が否決されない限り、彼の現在の(そして2番目の)妻であるコーンウォール公爵夫人カミラが自動的に王妃に関連する称号を引き継ぐ。 しかし、チャールズとの結婚以来、彼女は「クイーン・コンソート (Queen consort)」ではなく「プリンセス・コンソート (princess consort)」として称号されるべきであると述べていた[2]。2018年の夏までにバッキンガム宮殿とクラレンスハウスの両ウェブサイトで「プリンセス・コンソート」への言及は全て削除された[3]。2020年、クラレンス・ハウスは、カミラが「プリンセス・コンソート」のスタイルを採用する計画は変更されていないことを確認した[4]

2022年2月の女王エリザベス2世の在位70周年を祝うプラチナ・ジュビリー英語版の前夜、女王は将来カミラが「王妃(クイーン・コンソート)」として知られることを「心からの願い」として表明した[5]

王妃・王配一覧[編集]

肖像 紋章 誕生 婚姻 在位開始 戴冠 在位終了 崩御・薨去 墓地 期間 配偶者
Michael Dahl (1656-1659-1743) - Prince George of Denmark (1653–1708) - 533846 - National Trust.jpg デンマークおよびノルウェー王子ジョージ Coat of Arms of George of Denmark, Duke of Cumberland.svg 1653年4月2日
デンマーク=ノルウェー国王フレデリク3世ゾフィー・アマーリエ・フォン・ブラウンシュヴァイク=カレンベルクの子息
1683年7月28日 1707年5月1日

グレートブリテン王国の成立
なし 1708年10月28日

55年, 209日
ウェストミンスター寺院 1年, 180日 アン
Style of Michael Dahl - Queen Caroline - Warwick Shire Hall.jpg キャロライン・オブ・ブランデンブルク=アーンズバック Coat of Arms of Caroline of Brandenburg-Ansbach.svg 1683年3月1日
ブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯ヨハン・フリードリヒエレオノーレ・フォン・ザクセン=アイゼナハの息女
1705年8月22日 1727年6月11日

配偶者の即位
1727年10月11日 1737年11月20日

54年, 172日
ウェストミンスター寺院 10年, 162日 ジョージ2世
Allan Ramsay - Queen Charlotte (Royal Collection)1.jpg シャーロット・オブ・メクレンバーグ=ストレリッツ Coat of Arms of Charlotte of Mecklenburg-Strelitz.svg 1744年5月19日
カール・ツー・メクレンブルク=シュトレーリッツザクセン=ヒルトブルクハウゼンのエリザベート・アルバーティーン王女の息女
1761年9月8日 1761年9月8日

君主との結婚
1761年9月22日 1818年11月17日

74年, 126日
ウィンザー城聖ジョージ礼拝堂 57年, 70日 ジョージ3世
Dupont - Caroline of Brunswick, Princess of Wales.jpg キャロライン・オブ・ブランズウィック=ウォルフェンビュッテル Coat of Arms of Caroline of Brunswick.svg 1768年5月17日
ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル公カール・ヴィルヘルム・フェルディナントグレートブリテン王女オーガスタの息女
1795年4月8日 1820年1月29日

配偶者の即位
なし 1821年8月7日

53年, 72日
ブランズウィック大聖堂 1年, 190日 ジョージ4世
Adelaide of Saxe-Meiningen.jpg アデレード・オブ・サクス=マイニンゲン Coat of Arms of Adelaide of Saxe-Meiningen.svg 1792年8月13日
ザクセン・マイニンゲン公ゲオルク1世ホーエンローエ=ランゲンブルク王女ルイーズ・エレオノーレの息女
1818年7月13日 1830年6月26日

配偶者の即位
1831年9月8日 1837年6月20日

配偶者の崩御
1849年12月2日

56年, 311日
ウィンザー城聖ジョージ礼拝堂 6年, 359日 ウィリアム4世
Prince Albert 404387.jpg ザクセン=コーブルク=ゴータ公子アルバート Coat of Arms of Albert of Saxe-Coburg and Gotha.svg 1819年8月26日
ザクセン=コーブルク=ゴータ公エルンスト1世ルイーゼ・フォン・ザクセン=ゴータ=アルテンブルクの子息
1840年2月10日 1840年2月10日

君主との結婚
なし 1861年12月14日

42年, 110日
ウィンザー城聖ジョージ礼拝堂 (当時:フロッグモア霊廟 21年, 307日 ヴィクトリア
QueenAlexandra.jpg アレクサンドラ・オブ・デンマーク Coat of Arms of Alexandra of Denmark.svg 1844年12月1日
デンマーク王クリスチャン9世ヘッセン=カッセル王女ルイーゼの息女
1863年3月10日 1901年1月22日

配偶者の即位
1902年8月9日 1910年5月6日

配偶者の崩御
1925年11月20日

80年, 354日
ウィンザー城聖ジョージ礼拝堂 9年, 104日 エドワード7世
Queen Mary by William Llewellyn.jpg メアリー・オブ・テック Coat of Arms of Mary of Teck.svg 1867年5月26日
テック公フランツ王子メアリー・アデレード・オブ・ケンブリッジ王女の息女
1893年7月6日 1910年5月6日

配偶者の即位
1911年6月22日 1936年1月20日

配偶者の崩御
1953年3月24日

85年, 302日
25年, 259日 ジョージ5世
Queen Elizabeth Bowes Lyon in Coronation Robes by Sir Gerald Kelly.jpg エリザベス・ボーズ=ライアン Coat of Arms of Elizabeth Bowes-Lyon.svg 1900年8月4日
第14代ストラスモア=キングホーン伯爵クロード・ボーズ=ライアンセシリア・キャベンディッシュ=ベンティンクの息女
1923年4月26日 1936年12月11日

配偶者の即位
1937年5月12日 1952年2月6日

配偶者の崩御
2002年3月30日

101年, 238日
15年, 57日 ジョージ6世
The Duke of Edinburgh (2).jpg ギリシャおよびデンマーク王子フィリップ Coat of Arms of Philip, Duke of Edinburgh.svg 1921年6月10日
ギリシャおよびデンマーク王子アンドレアスバッテンバーグ王女アリスの子息
1947年11月20日 1952年2月6日

配偶者の即位
なし 2021年4月9日

99年, 303日
69年, 62日 エリザベス2世

脚注[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]