ライオネル・オブ・アントワープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ライオネル・オブ・アントワープ
Lionel of Antwerp
LionelDukeOfClarenceAtWestminster.jpg
称号 クラレンス公
出生 (1338-11-29) 1338年11月29日
アントワープ
死去 (1368-10-07) 1368年10月7日(29歳没)
配偶者 エリザベス・ドゥ・バロー
  ヴィオランテ・ヴィスコンティ
子女 フィリッパ
父親 エドワード3世
母親 フィリッパ・オブ・エノー
テンプレートを表示

ライオネル・オブ・アントワープ(Lionel of Antwerp, 1338年11月29日 - 1368年10月7日)は、イングランドの王族。イングランド王エドワード3世と王妃フィリッパ・オブ・エノーの息子で、成人に達した2番目の王子。エドワード黒太子の弟、ランカスター公ジョン・オブ・ゴーントヨーク公エドマンド・オブ・ラングリーグロスター公トマス・オブ・ウッドストックの兄。1362年クラレンス公に叙された。アントワープ(アントウェルペン)で生まれたため、この名で呼ばれる。

ヨーク朝を創始したエドワード4世はライオネルの弟エドムンドの男系の曾孫であるが、ライオネルの子孫でもあることをもって、ライオネルの弟ジョンの男系子孫であるランカスター家に勝る王位継承権を主張して対抗した。

経歴[編集]

1338年、両親が百年戦争における対フランスの前線にしていた滞在地・フランドルのアントワープで誕生した。両親は以後もフランドルに留まり、2年後の1340年に弟のジョンがゴーント(ヘント)で生まれている[1]

1352年アルスター伯の娘エリザベス・ドゥ・バロー(1332年 - 1363年)と結婚し、一女フィリッパ(1355年 - 1382年)をもうけた。フィリッパはマーチ伯エドマンド・モーティマーと結婚し、彼女が産んだ孫ロジャー・モーティマーリチャード2世の王位継承者となっていた。曾孫アンはリチャード・オブ・コニスバラと結婚、第3代ヨーク公リチャード・プランタジネット(エドワード4世の父)の母となった[2]

1359年に父がフランス遠征に出向くと、兄の黒太子や弟達と共に従軍したが成果が上がらず、翌1360年ブレティニー条約が締結され英仏両国は和睦した。妻エリザベスに仕えていたジェフリー・チョーサーも従軍しており、ライオネルと同行したことや1360年に一時捕虜になったり、解放されライオネル夫妻に再度仕えたことが記録されている[3]

エリザベスと死別後、ミラノ僭主ガレアッツォ2世・ヴィスコンティの娘ヴィオランテ(1353年頃 - 1386年)と1368年に再婚したが、同年に父に先立って死去。ヴィオランテとの間に子は無かった。

脚注[編集]

  1. ^ 石井、P208 - P210。
  2. ^ 森、P139 - P140、P156、P164、P176、石井、P218。
  3. ^ 石井、P216 - P217、ブルーア、P147、P151 - P158、P162。

参考文献[編集]