南アイルランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
南アイルランド
Southern Ireland
イギリス併合時代のアイルランド 1921年 - 1922年 アイルランド自由国
アイルランドの国旗 アイルランドの国章
(アイルランドの総督旗) (アイルランドの国章)
国の標語: Dieu et mon droit
フランス語 : 神と私の権利)
国歌: 国王陛下万歳
アイルランドの位置
緑 - 南アイルランド
黄緑 - グレートブリテンおよび北アイルランド
公用語 英語
首都 ダブリン
君主
1921年 - 1922年 ジョージ5世
臨時政府議長
1922年 - 1922年マイケル・コリンズ
1922年 - 1922年ウィリアム・コスグレイヴ
変遷
成立 1921年5月3日
英愛条約調印1922年12月6日
通貨アイルランド・ポンド

南アイルランド(みなみアイルランド、英語: Southern Ireland)は、1921年から1922年まで1年9ヶ月間、現在のアイルランド共和国に存在した、グレートブリテンおよびアイルランド連合王国イギリス)の自治領autonomous)。

1919年アイルランド独立戦争を受け、1921年3月3日アイルランド統治法により、アイルランドは自治領となった、しかし、カトリックの多い26州が南アイルランド、プロテスタントの多い6州(アルスター6州)が北アイルランドとして2つの自治領に分割された。

1922年12月6日、英愛条約により南北アイルランドは統一国家アイルランド自由国として独立することとなったが、北アイルランドには自由国から離脱する権利が保障されていた。北アイルランドはその権利を行使し、自由国から分離し連合王国にとどまった。