Dieu et mon droit

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Dieu et mon droitは、イギリスの紋章(スコットランドを除く)のの下の標語に表記される

Dieu et mon droit(デュ・エ・モン・ドルワ、フランス語発音: [djø e mɔ̃ dʁwa])は、スコットランドを除くイギリスの国章紋章)に表記されるイギリス君主モットー標語)である。日本語では「神と我が権利」(かみとわがけんり)と訳される。

語意[編集]

Dieu et mon droitは「神と我が権利」に訳されるフランス語[1]、王は神の恩寵を給わる英語版イングランド君主であるということを意味し、君主が神の与えた支配権を持っていることを暗示するために使用されている[2]

Dieu et mon droitは英語訳で「God and my right」とされるが、「God and my lawful right」[3][4]「God and my right hand」 [5]「God and my right shall me defend」[6]などの英語訳も存在する。英単語rightには右・権利・正当などの意味があり、ダブル・ミーニングになっている。1700年代中程にドゥニ・ディドロが編纂した『百科全書』では、モットーDieu est mon droitを「God is my right」と訳して収録されている[7]。1799年に出版されたKearsley's Complete Peerageでは、権利(: mon droit)ではなく右手(: ma main droite)を用いて「God and my right hand」と訳して収録されている。1796年から1808年にドイツで出版されたBrockhaus Enzklopädieの初版では、ドイツ君主英語版の任命と戴冠で右手(: right hand)を掲げるということを強調していた。

歴史[編集]

マルタ共和国バレッタメインガード英語版に残るイギリス王室の紋章とモットー[2]

Dieu et mon droitリチャード1世が1198年のジゾーの戦い英語版で喊声として用いたのが初出である。この戦いでイングランドのリチャード1世はフランスのフィリップ2世を討ち敗かし、後に自身のモットーとした[8][9]。中世ヨーロッパの信念には、より優れた軍隊の側が勝利するのではなく、神が称賛した軍隊の側が勝利するという戦いによる個人裁判であるという考え方があった[10]。そのため、リチャード1世は勝利の後に「それを成したのは我々ではなく、我々を通して神と我々の権利が成した」と記している[8]。リチャード1世は、自らは優秀ではないが神に認められた階級に生まれたと神聖ローマ帝国皇帝に話した時に、それが真実であると信じていると語った[11]

国章とモットー[編集]

15世紀にヘンリー5世はイングランド王国の王室紋章のモットーにDieu et mon droitを採用し、その後のイングランド王国および後にイギリス(スコットランドを除く)のモットーとして一般的に用いられている[2][8]。一方で、王室紋章は君主固有のモットーを掲げている場合もあった。例えば、エリザベス1世アン女王Semper Eadem[12]ジェームズ1世Beati Pacifici[13]をモットーに掲げていた。

イングランド王国の王室紋章にイギリス英語ではなくフランス語を用いることは珍しいことではなく、ノルマン・フランス語ノルマンディー征服王プランタジネット朝の支配に従う英国王室朝廷と支配階級が使う主要な言語だった。王室紋章の記録には古フランス語の他のモットーも残っている。例えば、ガーター勲章のモットーはHoni soit qui mal y pense英語版で紋章の盾の背後に標記されている[14]。現代フランス語のスペルではhonihonniに変わっているが、モットーの標記は変わっていない。

イギリスの国章にはモットーDieu et mon droitが盾の下の帯に大文字で掲載されている。ただし、この紋章・モットーはイギリスの中でもスコットランドでは異なる。スコットランドでのイギリスの国章のモットーはIn my defens God me defend英語版であり、紋章の盾・帯も異なる。

派生表現[編集]

Dieu est mon droit[編集]

イングランドのヘンリー・ハドソンは1612年にDieu est mon droit(日: 神は我が権利)という単語を使っていた[15]。この単語は、ヘンリー・ハドソンは最上位の支配階級であり他者に従属する臣下ではないという意味で解釈されていた[16]

Dieu est mon droitインド・ヨーロッパ語族の使うラテン語でも16世紀から17世紀には熟語として存在している[17]。他にはダービーシャーにあるハードウィック・ホール英語版のHigh Great ChamberのマントにはDieu est mon droitが刻印された王室紋章がある。

God and Our Right[編集]

アレクサンダー・ハミルトン率いる革命派のニューヨーク民兵Hearts of Oak英語版God and Our Rightの文字の入った赤いバッジをジャケットの胸に付けていた[18]

Duit on Mon Dei[編集]

ビートルズはジョーク・モットーとしてDuit on Mon Dei: Do it on Monday)を挙げていた[要出典]。また、ハリー・ニルソンは1975年にアルバムDuit on Mon Dei英語版をリリースしている。

脚注[編集]

  1. ^ Coats of arms”. The Official Website of the British Monarchy. 2009年4月25日閲覧。
  2. ^ a b c Morana, Martin (September 2011) (Maltese). Bejn kliem u storja: glossarju enċiklopediku dwar tradizzjonijiet – toponimi – termini storiċi Maltin. Malta: Best Print. p. 59. ISBN 978-99957-0-137-6. OCLC 908059040. オリジナルの5 October 2016時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161005162338/https://sites.google.com/site/kliemustorja/home/titlu/introduzzjoni/dwar-l-awtur/a/b/c/c/d. 
  3. ^ Kearsley's Complete Peerage, of England, Scotland, and Ireland. (1799). p. xxiii. https://books.google.com/books?id=AX8DAAAAQAAJ&dq=Kearsley%27s+Complete+Peerage&printsec=frontcover&ct=result#PPR23,M1 2009年4月25日閲覧。. 
  4. ^ Mary Ellen Snodgrass (2003). Coins and Currency: An Historical Encyclopedia. p. 227. 
  5. ^ Foreign Service Journal (Pg 24) by American Foreign Service Association (1974)
  6. ^ Edward Coke. The Fourth part of the Institutes of Laws of England: Concerning the Jurisdiction of Courts. https://books.google.com/books?id=XlE0AAAAIAAJ&pg=RA2-PT218&lpg=RA2-PT218&dq=%22in+my+defence+god+me+defend%22 2009年4月25日閲覧. "The ancient Motto of the King of England is, God and my right (intelligitur) shall me defend" 
  7. ^ God is my right”. 2015年4月1日閲覧。
  8. ^ a b c Pine, Leslie Gilbert (1983). A Dictionary of mottoes. Routledge. p. 53. ISBN 978-0-7100-9339-4. 
  9. ^ Norris, Herbert (1999). Medieval Costume and Fashion (illustrated, reprint ed.). Courier Dover Publications. p. 312. ISBN 0-486-40486-2. 
  10. ^ Lehtonen, Tuomas M. S.; Jensen, Kurt Villads (2005). Medieval history writing and crusading ideology. Studia Fennica: Historica. 9 (illustrated ed.). Finnish Literature Society. ISBN 951-746-662-5.  "If a battle was followed by victory, it was understood that the army was to be seen as in God's favour and the victory viewed as a gesture of blessing."
  11. ^ Hallam, Elizabeth (1996). Medieval Monarchs. Crescent Books. p. 44. ISBN 0-517-14082-9. 
  12. ^ Watkins, John (2002). Representing Elizabeth in Stuart England: literature, history, sovereignty (illustrated ed.). Cambridge University Press. p. 206. ISBN 0-521-81573-8. 
  13. ^ Biden, William Downing (1852). The history and antiquities of the ancient and royal town of Kingston upon Thames. William Lindsey. p. 6. 
  14. ^ 君塚(2004) p.18-19
  15. ^ [Illustrations de Descriptio ac delineatio geographica detectionis freti supra terras Americanas in China atque, Japonem ducturi / [Non identifié] ; Henry Hudson, aut. du texte]” (2017年12月26日). 2018年6月28日閲覧。
  16. ^ La Porte, Joseph de (1714–1779) Auteur du texte. “L'esprit de l'Encyclopédie, ou Choix des articles les plus curieux, les plus agréables, les plus piquants, les plus philosophiques de ce grand dictionnaire...”. Le Breton. 2018年6月28日閲覧。
  17. ^ http://gallica.bnf.fr/ark:/12148/bpt6k6435941k/f640.image
  18. ^ Chernow, Ron. Alexander Hamilton. Penguin Press, (2004) (1-59420-009-2).

関連項目[編集]