ヘレンハウゼン王宮庭園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ヘレンハウゼン王宮庭園
Herrenhausen Gardens
Overview Herrenhäuser Gärten.JPG
全体の地図(左側上部にベルク庭園、下に大庭園、そこから右にゲオルゲン庭園、ベルフェン庭園と続く)
ヘレンハウゼン王宮庭園の位置(ドイツ内)
ヘレンハウゼン王宮庭園
所在地
座標 北緯52度23分30秒 東経9度41分54秒 / 北緯52.39167度 東経9.69833度 / 52.39167; 9.69833座標: 北緯52度23分30秒 東経9度41分54秒 / 北緯52.39167度 東経9.69833度 / 52.39167; 9.69833
建築家・技術者 (グローサー・ガルテン)Michael Grosse(1665年ごろ)
フランス人ガーデナー Martin Charbonnier
公式サイト Official site
グローサー・ガルテンの航空写真
約1895年ごろのベルフェン庭園中心部のヴェルフ城(現:ハノーファー大学

ヘレンハウゼン王宮庭園ドイツ語: Herrenhäuser Gärten, IPA: [ˈhɛʁn̩hɔʏzɐ ˈɡɛʁtn̩]、もしくはヘレンホイザー・ゲルテンヘレンホイザー王宮庭園)とは、ドイツ中北部、ニーダーザクセン州の州都ハノーファーにあるフランス式庭園である[1]

グローサー・ガルテン(大庭園)、ベルク庭園、ゲオルゲン庭園、ベルフェン庭園の四つの庭園で構成されている[1]。この庭園は、ハノーファー王家の遺産である。

各庭園の特徴[編集]

  • 大庭園は、ヨーロッパでも有名な平面幾何学式フランス式庭園の一つである。大庭園では様々な催しが開催される。
  • ベルク庭園(Berggarten)は、シンプルな菜園から、ハノーファー王家の霊廟、水族館(2000年まで温室があったが、2006年に水族館となった)などを備えた大規模な植物園に発展した。
  • ゲオルゲン庭園(Georgengarten)は、イギリス式庭園で、ヴィルヘルム・ブッシュ博物館などがある。
  • ベルフェン庭園(Welfengarten)もイギリス式庭園で、ハノーファー大学の敷地となっている。

歴史[編集]

ブラウンシュヴァイク=カレンベルクゲオルクは、Höringehusen村に家庭菜園を持っていた。息子のヨハン・フリードリヒが生まれた1665年に村を「ヘレンハウゼン」に改名し、城を建てた。庭師のMichael Grosse(de)に庭を設計させた。

ギャラリー[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]