コンテンツにスキップ

エリザベス2世の死

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エリザベス2世 > エリザベス2世の死
エリザベス2世の死と国葬
女王の葬列
大門前に置かれた花やカード
門に貼られた額縁に入った訃報
ウェストミンスターホールで一般公開されるエリザベス2世の遺体
上から下へ、左から右へ:
  1. 国葬後、ウェストミンスター寺院から出発する葬列
  2. サンドリンガム・エステートの外に置かれた献花
  3. ホリールード宮殿に掲載された女王の訃報
  4. ウェストミンスターホールで一般公開されるエリザベス2世の遺体
日付
場所
座標北緯57度2分27秒 西経3度13分48秒 / 北緯57.04083度 西経3.23000度 / 57.04083; -3.23000
予算1億6200万ポンド
関係者国葬の参列者一覧 (英語版)

本項目では、エリザベス2世の死[1]と国葬[2](エリザベスにせいのしとこくそう)について解説する。

2022年9月8日15時10分(英国夏時間)(日本時間:同日23時10分)、イギリス及びその他14か国の英連邦王国の女王であり、史上最長在位のイギリスの君主英語版であったエリザベス2世は、スコットランドアバディーンシャーバルモラル城で「老衰」により96歳で崩御した[1]。女王の訃報の公式発表は18時30分(英国夏時間)に行われた。女王の崩御に伴い、彼女の長男であるチャールズ3世王位を継承した。

女王の崩御により、国葬の手配を含む一連の計画であるロンドン橋計画が開始され、女王がスコットランドで崩御した際の手順を設定したユニコーン作戦も実施された。イギリス政府は、10日間の全国服喪期間を設けた。 女王は9月14日から19日までウェストミンスターホール安置され、その間に推定25万人が列をなして敬意を表した。

国葬は9月19日ウェストミンスター寺院で執り行われ、同日にウィンザー城セントジョージ礼拝堂で埋葬式が執り行われた。 女王は、セントジョージズにある国王ジョージ6世記念礼拝堂に埋葬された。 国葬の日は、イギリスといくつかのイギリス連邦諸国の祝日となった。国葬は、イギリスで最も視聴された特別テレビ放送の1つであり、21世紀で最も視聴された王室行事であるウィリアム王子とキャサリン・ミドルトンの結婚式を上回った。

この記事での時刻については特記なき場合、英国夏時間(BST、UTC+1)とする。

背景

[編集]
エリザベス2世女王(2021年6月)

女王の健康状態については、高齢となってからは特に注意されてきたが、2021年4月9日に夫であるエディンバラ公フィリップ薨去英語版して以降は、その衰えが特に目立つようになる。同年10月からは公務の際にを使用するようになり[3]、同月20日から21日にかけては検査入院を理由に北アイルランドへの訪問を取り止め[4]グラスゴーでのCOP26[5]及び2021年の戦没者追悼記念式典英語版への出席も健康上の理由から取り止めとなった[6]

2022年3月29日ウェストミンスター寺院で行われたエディンバラ公フィリップの追悼式典英語版には出席したものの[7]、同月のコモンウェルスデー英語版の式典[8]や4月の王室洗足式の式典英語版[9]には出席することができなかった。また5月にはイギリス議会開会式を59年振りに欠席した[注釈 1][10]。これにより、プリンス・オブ・ウェールズケンブリッジ公国務顧問英語版として議会を開会英語版した[11]法定推定相続人であるプリンス・オブ・ウェールズは、女王の晩年に向けてより多くの公的な責任を負い[12]、議会開会式で女王の代理を務めた[13]

2022年6月には、自身の即位70周年を祝賀するプラチナ・ジュビリー英語版の礼拝を欠席した。公式情報によると、記念式典初日の女王公式誕生日を祝う軍事パレードの最中、女王は立ち上がった際に「不快感を覚えた」と述べたという[14]。記念式典中は主にバッキンガム宮殿のバルコニーに留まり、感謝の記念式典英語版を欠席した[15]

崩御する2日前の2022年9月6日ボリス・ジョンソン首相の辞表を受理し、新たな首相にリズ・トラスを任命した。首相の任命に関わる一連の公務は、本来であればバッキンガム宮殿で行われるところであるが、今回初めてバルモラル城[注釈 2]で行われた[16]。翌日、女王は枢密院のオンライン会議に出席の上ここでトラス内閣の閣僚から就任の宣誓を受ける予定であったが、医師団から休養を取るように勧告されたことを受け、オンライン会議は延期された[17]。同日、カナダで発生した2022年サスカチュワン州連続殺人事件英語版の被害者への弔意を表明したが、これが女王の最後の公式声明となった[18]

時系列

[編集]

「女王」は2022年9月8日に崩御したエリザベス2世を、「国王」はエリザベス2世の崩御に伴い新しく国王に即位したチャールズ3世を、「王妃」はチャールズ3世の現配偶者であるカミラを指す。

2022年9月8日

[編集]
エリザベス2世が崩御したバルモラル城(2004年)
Queen_Elizabeth_Death_Certificate
エリザベス2世の死亡診断書(9月29日公表)

午前10時30分頃、チャールズ王太子が、ヘリコプターでバルモラル城に到着した[19]。当時、アン王女はすでにバルモラル城に到着しており、現地で合流した[19][20]

正午頃、リズ・トラス首相と最大野党・労働党の副党首であるアンジェラ・レイナーは、議会で、労働党党首であるキア・スターマーの演説中に回されたメモで、女王の健康状態が悪化していることを知った[21][22]

これを受けて、庶民院議長であるリンジー・ホイルは、「女王陛下の回復を祈る」と発言した[23]

エディンバラホリールード宮殿に掲示されたエリザベス2世の訃報

午後0時30分頃、バッキンガム宮殿は医師団が健康状態への懸念を表明した後、バルモラル城で女王が医療監視下にあることを発表した。声明には次のように書かれていた。

今朝のさらなる診断の後、女王の医師団は女王陛下の健康を懸念しており、女王が医療監視下に置かれることを推奨しています。女王は快適で、バルモラルに留まっています[24][25]

午後0時40分頃から、英国放送協会(BBC)はBBC Oneの通常放送を中断し、女王の健康状態を継続的に報道した。途中からは、BBCのニュースジャーナリストと出演者は全員黒い服を着用していた。健康状態に関する特別報道はITVチャンネル4チャンネル5などのその他の主要なイギリスの放送局でも行われた[26]。午後3時にBBC特派員のヤルダー・ハキム英語版が公式発表の前にエリザベス2世女王が崩御したとツイートしたが、彼女は後にこのツイートを撤回した[27]

午後3時10分、女王がバルモラル城で崩御[28]。96歳没。9月29日に公表された死亡診断書によれば、女王の死因は「老衰」であった[28]。イギリス君主がスコットランドで崩御するのは、1542年のジェームズ5世の崩御以来のことであった[29][30]

午後4時30分頃、トラス首相は内閣官房長官英語版サイモン・ケース英語版によって、女王が崩御したことを知らされた[31][32][33]

午後5時頃、女王の4人の子供とその配偶者、ウィリアム王子ヘンリー王子がバルモラルに到着した[34]

午後6時30分頃、バッキンガム宮殿および宮殿の公式ウェブサイト、そしてイギリス王室の公式Twitterアカウントは、次のような告知を掲載した。

女王陛下は本日午後、バルモラルで安らかに崩御あそばされました。国王王妃は今晩バルモラルに留まられ、明日ロンドンに戻られる予定です。
2022年9月8日 木曜日[35][36]

女王の崩御を知らせる最初のテレビ報道は、この告知が発表された直後にバッキンガム宮殿の国旗半旗に下げられる様子を最初に数秒間見せた後、生放送中のBBC Oneの番組でニュースキャスターのヒュー・エドワーズが前述の声明を読み上げ、そして国歌の演奏が流れながら、女王の横姿がズームインされる形で行われた[37]。当時、イギリスでは約1600万人がこのニュースを見ていたと予想されている[38]

女王の崩御を受け、バッキンガム宮殿、ダウニング街10番地(首相官邸)とバルモラル城の国旗は、半旗に下げられて掲揚された[39][40][41]。新しい君主に即位したチャールズ3世は女王崩御の際すでにバルモラル城にいたため、バルモラル城のイギリス王室旗英語版(女王・国王滞在中に掲げられる旗)は女王の崩御に伴いいったん降ろされ、再び掲げられた。ホリールード宮殿では、スコットランド王室旗英語版(女王が滞在していない際に掲げられる旗)が半旗に[40]カーディフ城英語版ウェールズの旗も半旗になった[42]。女王の訃報を知った多くの人がイギリス各地にある王宮の前に集まり、女王の死を悼んだ。女王が崩御した時、長年暮らしたバッキンガム宮殿とウィンザー城の空にはがかかっていた[43]

王室を離脱していたヘンリー王子は、午後8時頃にバルモラル城に到着した[20]

2022年9月9日

[編集]

チャールズ3世カミラ王妃がバルモラル城からバッキンガム宮殿に戻ると、門前では女王の死を悲しむ多くの人が国王夫妻を出迎え、2人はこれに応えて人々と言葉を交わした[44]。その後、国王はトラス首相と面会し、国王に即位して初めての演説を行い、国民の女王への追悼に対する感謝、そしてイギリスの君主として、また自らの母として生きた女王に敬意を表した[45][46]ウェストミンスター宮殿では、国会議員たちが女王の死を悼み、それぞれが弔意を表した[47]。国王として最初の演説で、チャールズ3世は9月19日に行われる予定のエリザベス2世の国葬の7日後までを服喪期間とすると宣言した[48]。女王が認めた長年の慣習に従い、国王が滞在する城に掲げられる王室旗以外の全ての王宮の旗は半旗になるよう命じられた[48]。全ての王宮の公開は国葬まで停止され[48]ハイド・パークでは王立騎馬砲兵英語版によって、ロンドン塔では名誉砲兵中隊英語版によって、エディンバラ城では王立砲兵連隊英語版によって、カーディフ城英語版ストーンヘンジでは王立砲兵連隊第104連隊英語版によって、カーナーヴォン城ヨーク植物園英語版で、また王立海軍の軍艦でも女王の年齢と同じ数の96発の弔砲がそれぞれ撃たれた[45][48][49][50][51][52][53]。各地のイギリス海軍の軍艦も、大西洋上を航行中の「クイーン・エリザベス」を含め[54]、半旗を掲揚した上で96発の弔砲を発射した[注釈 3][55]

王室のウェブサイトには、オンラインの弔問者芳名録が掲載された[48]ウェストミンスター寺院セント・ポール大聖堂など、イギリス各地の教会では追悼の鐘が鳴らされた[51][56][57][58]ウィンザー城では、高位の王族が崩御したときのみ鳴る追悼の鐘が96回、英国夏時間の正午から午後1時35分まで1分ごとに鳴らされ、女王の96年間に渡る人生を記念した[59]イギリス政府からは、服喪期間についての詳細な情報が公開され、企業、公共機関、スポーツと公共の会場を閉めることは義務付けないとした[45]

セント・ポール大聖堂では午後6時から追悼礼拝が行われ、政治家と約2000人の国民が出席した[45]。この際行われた国歌斉唱が、チャールズ3世の治世下での初めての公式な「神よ国王を守り給え」の演奏となった[60]。この礼拝の中では、トラス首相が追悼演説、ロンドン大司教英語版が弔辞を述べ、カンタベリー大主教が祈りをささげた[60]

2022年9月10日

[編集]

午前10時、セント・ジェームズ宮殿においてトラス首相、枢密院メンバー、イギリス連邦諸国の代表、首相経験者6人(メージャーブレアブラウンキャメロンメイジョンソン)などから構成される「王位継承評議会英語版」が開催され、国王チャールズ3世即位が正式に布告された[61]

午前11時、ロンドン塔、カーディフ城、エディンバラ城、コーネット城英語版ジブラルタル海軍基地などで21発の礼砲が撃たれ、チャールズ3世の王位継承英語版を祝福した[62][63][64]。即位宣言後、国王はバッキンガム宮殿の外で国王即位を祝う多くの国民と挨拶を交わした[65]。女王の棺は、バルモラル城から一旦セント・ジャイルズ大聖堂に移された。エディンバラホリールード宮殿に移動するため、エディンバラの主要な道路は閉鎖された[66]。棺の移送はエディンバラ市議会英語版が、スコットランド政府及びスコットランド警察英語版と協力して計画した[66]。アン王女と夫のティモシー・ローレンスアンドリュー王子エドワード王子と妻のソフィー、また女王の孫のピーター・フィリップスザラ・ティンダルベアトリス王女ユージェニー王女ルイーズ・ウィンザーは、スコットランドにあるクラシー・カーク英語版礼拝を行い、バルモラル城外に供えられた多くの弔花を見て回った[67][68]。国王の子供たち(ウィリアム王子ハリー王子)と彼らの妻は、ウィンザー城外にある弔花を見て回った[69][70]

トラス首相などの高位の職にある議員達は、特別議会においてチャールズ3世に対し、忠誠の宣誓英語版を行った[71]。イギリス王室は、エリザベス2世の国葬が9月19日に執り行われることを発表し[72]、イギリス政府は国葬当日をバンク・ホリデーとすると発表した[73]。国王と王妃は、カンタベリー大主教と共にバッキンガム宮殿で再び首相と面会、この際にはトラス内閣の議員や野党の党首とも面会した[74]

アンティグア・バーブーダ首相であるガストン・ブラウンは演説を行い、チャールズ3世を国王として認めたが、3年以内に共和制に移行するかを問う国民投票が実施されると述べた[75]

2022年9月11日

[編集]

午前10時6分(英国夏時間[76]、スコットランドの王室旗に覆われ、ダリアスイートピーフロックス、白のギョリュウモドキと城郭庭園から供された松の毛皮を乗せた女王の棺が、葬列と共にバルモラル城(スコットランド北部)からエディンバラ(スコットランド首都)にあるホリールード宮殿の謁見室に向けて出発した[77][78]。葬列には、アン王女と夫のティモシー・ローレンスも並び、アバディーンシャーアバディーンアンガスダンディーパースファイフを通り、同日16時23分に、ウェッセクス伯爵エドワード王子同夫人ソフィーが待つホリールード宮殿に到着した[79][80]。葬列は6時間以上かけて、クラシー・カーク英語版ジョージ6世国王橋英語版クイーンズフェリー・クロッシング橋英語版など、女王と関わりのあった場所や建物を巡った[81][82]。葬列が通過する道沿いには多くの人が列を成し[83]、女王の治世を称え心から拍手を送った[84]。アバディーンシャーの農民たちは、軍隊の栄誉礼を模してトラクターを道路の側に並べて敬意を送った[85]

国王は王妃と共に高等弁務官とバッキンガム宮殿で面会した後、同じくバッキンガム宮殿でイギリス連邦事務局長英語版と面会した[86]。イギリス国内の様々な議員たちが女王への賛辞を送り、ウェールズ議会からの賛辞はウェールズ首相であるマーク・ドレイクフォード英語版が中心となって送られた[87][88]

BBC Oneは女王の崩御以来初めて通常のテレビ番組の放送を始め[89]ITVChannel 4Sky Newsも女王の崩御以来初めてCMを編入し始めた[90][91]

2022年9月12日

[編集]
ホリールード宮殿から出発する女王の棺
ロイヤル・マイルに集まった人々

国王と王妃は、ウエストミンスター・ホールにて庶民院貴族院から弔意を受けた後[92]、900人ほどの議員を前に演説を行った[93][94]。国王は、演説中に「議会民主主義の生きた、息をしている機構」であり[94]、エリザベス女王にならい、国王としての義務を忠実に果たしていくと述べた[95][96]。この儀式ではまた、両院の議員が新たな君主に忠誠を誓った[94]。国王と王妃はその後、女王の棺が安置されているエディンバラまで飛行機で移動[92]。ホリールード宮殿で多くの人と面会し、その後、国民によって供えられた弔花を見て回った[92]。その後国王はロイヤル・スコットランド連隊による栄誉礼を受け、国王がスコットランドを統治することを示すセレモニー・オブ・キーズ(鍵の式典の意)が行われた[92][94][97]。式典の後、棺をホリールードハウス宮殿から聖ジャイルズ大聖堂まで運ぶ葬列が組まれた[77][98]。棺はスコットランドの王室旗に包まれ、上には女王が生前愛した花であるスプレーバラ、白いフリージア、バルモラル城からのギョリュウモドキ、スプレーヒゴタイサイコアザミ)、葉、ローズマリーヘーベ英語版トベラで作られたリースが置かれていた[99]。国王、アン王女、ティモシー・ローレンス、アンドリュー王子、エドワード王子、ロイヤル・スコットランド連隊のベアラー・パーティー、そしてロイヤル・カンパニー・オブ・アーチャーズ英語版が、棺と共にロイヤル・マイル英語版を歩いた[92][94][96][100]。王妃とウェセックス夫人は、葬列の後ろを車でついていった[99]。なおこの際、王室としての公務を行っていないため軍服姿ではなく黒いモーニング服で参列したアンドリュー王子は[94][96]、「病んだ老いぼれ」と罵声を浴びせられ、警察は治安妨害英語版の疑いで22歳の男を逮捕した[101][102][103]。葬列の進行中は、エディンバラ城からは1分ごとに弔砲が撃たれ、大聖堂到着まで続けられた[92]

葬列の参列者、女王と親しかった人々、政治家やスコットランドの女王の慈善団体は、女王の人生を記念した、聖ジャイルズ大聖堂でのスコットランド感謝礼拝英語版に出席し、スコットランド女王としての統治を称えた[86][92][96]。祈りの前にハミルトン公爵が、棺の上にスコットランド王冠英語版を置いた[92]

国王はホリールード宮殿で、ニコラ・スタージョンスコットランド首相アリソン・ジョンストン英語版スコットランド議会議長英語版と面会し[86][96]、王妃と共にスコットランド議会で追悼の意を伝えられた[96][97]。彼らはスコットランド議会議員英語版と共に2分間の黙祷をささげた[104]。女王の棺は、ロイヤル・カンパニー・オブ・アーチャーズに守られながら大聖堂に24時間安置され、多くの一般市民が弔問に訪れた[86][105]。30000人余りの人が棺を見に訪れた[106]

夜には、国王と王室メンバーが、女王を追悼する通夜の式典(王子の通夜英語版)に参加した。国王をはじめとする4人の子供たちが棺の周囲に立ち、しばしの間女王の棺の番を行った。この儀式はこれまで、男性王族しか参加することができなかったが、アン王女は女性として初めて、この役を担った[86][94][107]

また、北アイルランド議会からも女王への敬意が表された[108][109]

2022年9月13日

[編集]

国王と王妃はジョージ・ベスト・ベルファスト・シティ空港に到着し、ロイヤル・ヒルズバラ英語版を訪問し、主要な道路で多くの国民と言葉を交わした[110]。その後ヒルズボロ城に移動し[111]、女王の北アイルランドとの関係の展示を見た。また、ここでも多くの国民と言葉を交わし、ヒルズボロ城外の弔花を見て回った[111]。国王はその後クリス・ヒートン=ハリス英語版北アイルランド相英語版や各党の党首と面会した[112]。この際、アレックス・マスキー英語版北アイルランド議会議長英語版は、追悼の意を示した[113][114]。ヒルズボロ城での接見の後、国王と王妃は北アイルランドの信仰指導者と面会し、ロンドンに向けて出発する前に聖アン大聖堂を訪れた[112][115]

聖アン大聖堂で行われた反省の奉仕では、アイルランド聖公会のアーマー大主教が、女王のアイルランドに平和をもたらすための努力に敬意を表した[112]シン・フェイン党はチャールズ3世の王位継承に関するイベントには参加しないとの声明を出したが、同党の代表は大聖堂に出席していた[116]。 また、イギリスのトラス首相、マイケル・D・ヒギンズアイルランド大統領ミホル・マーティンアイルランド首相も出席した[117]

スコットランド首相、スコットランド議会議長とアリスター・ジャック英語版スコットランド大臣は、セント・ジャイルズ大聖堂での最後の礼拝に出席[118]。その後、女王の棺は霊柩車に乗せられ、多くの人が見送る中、エディンバラ空港に移された[118]。棺はアン王女と夫のティモシー・ローレンスと共に、王立空軍C-17で、ノーソルト基地英語版に移された[119]。空軍の担ぎ手たちが棺を航空機に乗せ、ロイヤル・スコットランド連隊は栄誉礼で敬意を表した[120]

ロンドンでは、女王の色連隊英語版[訳語疑問点]が担ぎ手を担い、栄誉礼を行った[120]。棺は女王が設計にかかわった特注の霊柩車で[121]ロンドンを廻り、バッキンガム宮殿へ移された[120][122]。霊柩車が宮殿へ向かうまでの沿道には大勢の市民が並び、女王の棺を出迎えた[121][123]。棺は女王の子息と孫の前で宮殿のボウ・ルームに安置された[121][122][124]

2022年9月14日

[編集]

大英帝国王冠と、ホワイトローズ、スプレーホワイトローズ、白いダリアなどで作られた花輪が乗せられた女王の棺は、女王の両親の棺の移動にも使われた王立騎馬砲兵の砲車に乗せられ、午後2時22分に国王などの王族が加わった葬列と共にウェストミンスターホールに向けて出発した[122][123][125][126]。公務をしていない王族(アンドルー王子とヘンリー王子)は、軍服を着用しなかった[125]。王妃、ウェールズ公妃ウェセックス伯爵夫人サセックス公爵夫人は、2台の車で付き添った[127][128]ケント公爵マイケル・オブ・ケント王子は、ウェストミンスターホールで合流した。軍楽隊はベートーヴェンメンデルスゾーンショパンによる楽曲を演奏した[125]。移動中、ビッグベンの鐘が毎分鳴らされ、王立騎馬砲兵はハイド・パークから毎分弔砲を発射した[125][129]パーラメント・スクエアで棺を受け取るため、陸海空軍の兵隊は栄誉礼を行い、棺の到着後、グレナディアガーズが棺を棺台に置いた[125]。カンタベリー大主教とウェストミンスター首席司祭英語版は国王たち王族の前で奉仕を行い[113]詩編 第139篇英語版 が歌われた[125]。棺は17時からウェストミンスターホールに安置され、国葬が行われる19日朝まで一般人が弔問できるように取り計らわれた[113][130]ドイル・エアランでは、黙祷がささげられた[131]

2022年9月15日

[編集]
ウェストミンスターホールに安置されている棺

ウェールズ公とウェールズ公妃はノーフォークを訪問し、サンドリンガム・ハウス外にあるお供え物を見た[132]ウェセックス伯爵ウェセックス伯爵夫人は同様のことをマンチェスターで行い[133]、アン王女とティモシー・ローレンスはグラスゴーを訪問した[134]

国王はハイグローヴ・ハウス英語版で、王妃はウィルトシャーにある私邸で一日を過ごした[135][136]

2022年9月16日

[編集]

国王と王妃は、イギリスの4つのカントリー巡りの最後となるウェールズを訪問した[113][137]カーディフ城英語版到着に伴い礼砲が撃たれた[138][139]。城内には大勢の人がおり、君主制廃止派の100人余りの人が沈黙の内に抗議を行った[140][139]

国王と王妃はまずランダフ大聖堂英語版での礼拝に参列[138]ランダフ主教英語版が祈りを捧げ、ウェールズ大主教英語版英語ウェールズ語で説教を行った[139][141]。この際には、現地のウェールズ語での祈りも行われた[141]。礼拝後、国王夫妻はランダフグリーンで多くの国民と面会した[142]

国王と王妃はウェールズ議会を訪れ、議会は追悼の意を示し[141]、国王は英語とウェールズ語の両方で演説をした[139]。カーディフ城では、国王はマーク・ドレイクフォード英語版ウェールズ首相とエリン・ジョーンズウェールズ議会議長英語版 と面会した[142][139]。また、王室を支援している個人とも面会し、その後城の庭では多くの一般市民と面会した[141]。また、ロンドンに帰還した際には、 バッキンガム宮殿でさまざまな宗教関係者と面会した[143]

ウェールズ公とウェールズ公妃はピンブライト陸軍訓練所英語版を訪れ、国葬のために配備されたカナダオーストラリアニュージーランドの軍と面会した[144]。ウェセックス伯爵とウェセックス伯爵夫人は、ウィンザー城で弔問に訪れた多くの国民と面会し、お供え物を見て回った[145]

ウェストミンスターホールでは、週前半にエディンバラで行ったのと同様に、女王の子供達が棺の周りで通夜を行った[146]。彼らは軍服を着て、棺台の四隅を10分ほど守った。アンドルー王子は女王の崩御以来軍服の着用を許されなかったが、今回だけは特別に着用が許された[146][147]。2020年に公務を引退したヘンリー王子は、国王の要請で軍服を着用した[147]

2022年9月17日

[編集]

国王は、第一海軍卿空軍参謀総長英語版陸軍参謀総長国防参謀総長国防参謀次長英語版戦略軍司令官英語版と面会し[148]、その後ランベスを訪れ、女王の国葬の一部を準備していた救急隊員と面会した[148]。国王とウェールズ公は、その後安置されている女王の棺を見るために並んでいる人々と言葉を交わし[149]、 ウェセックス伯爵と夫人はバッキンガム宮殿外にいる人々面会した[150]。イギリス連邦各国の総督は、国王、王妃、ウェールズ公と公妃、ウェセックス公と公妃、アン王女とティモシー・ローレンス、グロスター公夫人、ケント公、そしてアレクサンドラ王女によって主催された歓迎会とランチに出席した[148]。また、国王はカナダ、オーストラリア、バハマ、ジャマイカとニュージーランドの首相と面会した[148]

女王の孫たち(ウェールズ公サセックス公ベアトリス王女ユージェニー王女ルイーズ・ウィンザーウェセックス伯爵ピーター・フィリップスザラ・ティンダル)は、ウェストミンスターホールに安置してある棺で15分間、通夜を行った[151]。この際、国王からの要請で、ウェールズ公とサセックス公は軍服を着用した[152][153]

2022年9月18日

[編集]

午後8時、イギリス中で黙祷が行われる[154]

国王は翌19日に行われる国葬の前に、各国からの弔意に対して以下の声明を発表した[155]

この10日間、妻(カミラ王妃)と私は、国内外から寄せられた多くの弔辞や支援に深く心を打たれました。ロンドン、エディンバラ、ヒルズボロ、カーディフにおいて、わざわざお越しいただき、私の親愛なる母・エリザベス女王の生涯にわたる奉仕に敬意を表してくださった皆様に、私たちは計り知れない感動を覚えました。私たち全員が最後のお別れをする準備をしていますが、この場をお借りして、この悲しみのさなかに私と家族を支え、慰めてくださった数え切れないほどの方々に感謝の気持ちを伝えたいと思います。

王位継承

[編集]
当時プリンス・オブ・ウェールズであったチャールズ3世(2017年)

女王の崩御に伴い、長男のウェールズ公チャールズが、「チャールズ3世(Charles III)」としてイギリス及びその他の14の英連邦王国国王に即位した[37][156]

ダウニング街10番地でテレビ中継された公式声明において、トラス首相は新たな君主の統治名を次のように発表した。

千年以上の伝統に従い、本日、王位は新たな君主に受け継がれます。我々の新たな国家元首、チャールズ3世国王陛下です[157]

同日午後7時4分、チャールズ3世は国王として初めてとなる声明を発表した[158][159]

私の最愛の母である女王陛下の死は、私や家族にとって最大の悲しみです。私たちは、大切にされていた君主と愛されていた母が失われたことを嘆いています。女王の死は、英国中や英連邦、そして世界中の数え切れない人々の間で深く悼まれるでしょう。女王が広く深く敬愛されてきたと知ることで、私と家族はこの服喪と変化の時を乗り切り、慰められるでしょう。

9月10日、セント・ジェームズ宮殿においてトラス首相、枢密院メンバー、イギリス連邦諸国の代表、首相経験者6人(メージャーブレアブラウンキャメロンメイジョンソン)などから構成される「王位継承評議会英語版」が開催され、正式に国王チャールズ3世の即位が布告された[61]

またこの王位継承により、イギリス国歌が「女王陛下万歳(God Save the Queen)」から「国王陛下万歳God Save the King)」に変更された。また、イギリスの通貨であるスターリング・ポンドの紙幣・硬貨に描かれているエリザベス2世女王の肖像も、新国王のチャールズ3世に差し替えられることになる。

なお、チャールズ3世の戴冠式は、2023年5月6日に、ウェストミンスター寺院で執り行われた[160]

国葬

[編集]

エリザベス2世の国葬(エリザベスにせいのこくそう)は、女王の崩御から11日目となる2022年9月19日、英国夏時間午前11時より、首都ロンドンウェストミンスター寺院で執り行われた[161][162]。当日、イギリスは公休日となり、国葬の様子はテレビやインターネットで配信された[163]

計画

[編集]

1960年代から、何かしらの形で女王が崩御した際の計画は練られており[164]、女王はそれらの一切についてあらかじめ相談を受けていた[165]。国葬の責任者は、第18代ノーフォーク公軍務伯である[165]

国葬は、英国夏時間の2022年9月19日午前11時にウェストミンスター寺院で執り行われた[166]。同寺院で君主の葬儀が行われるのは1760年のジョージ2世以来であり[167][168]、イギリス国内での国葬はウィンストン・チャーチルの国葬以来初めてである[169]。計画の複雑さ、外交儀礼と警備の観点から見れば、チャーチルの国葬以来イギリスで最も大きなイベントとなった[170]。国葬が開催される時間は、国際連合に出席する予定の参列者がニューヨークに行くのに十分な余裕が持てるように配慮されていた[170]。参列者に対する招待はロシアベラルーシミャンマーシリアベネズエラアフガニスタンを除くイギリスが関係を有しているすべての国に送られた[170][171]。原則として、国家元首を国葬に招待しているが、イラン朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)、ニカラグアは上級の外交官のみを送るように要請している[172]。招待、通信と警備の調整は全て外務・英連邦・開発省が行った[173]

国葬当日は、多くの参列者がロンドン市内の宿を求めたこともあり、ホテルなどの宿泊料金も軒並み値上がりした[174]。また、国葬に参列する人々のために、イギリス各地からロンドンへ向かう臨時列車が運行された[175][176][177]

当日

[編集]

ウェストミンスター寺院への葬列

[編集]
砲車に乗せられた女王の棺

2022年9月19日午前10時44分、女王の棺は砲車英語版に乗せられて、音楽隊のバグパイプによる「霧がかかる山並(Mist Covered Mountains)」が演奏される中、ウェストミンスター宮殿のウェストミンスターホールからウェストミンスター寺院へ出発し[178]、砲車はヴィクトリア女王の国葬英語版以来の伝統に基づき王立海軍の水兵によって曳かれ[179]、国王と王室メンバーはその後ろを歩いた[180][181][182]。なお、公務を担っていないヨーク公アンドルー王子とサセックス公ヘンリー王子は、国葬と埋葬の礼拝で軍服を着用できなかった[183]。棺にはロイヤル・スタンダードが掛けられ、バッキンガム宮殿、ハイグローヴ・ハウス英語版クラレンス・ハウスから摘まれた弔花[注釈 4]が置かれ、「愛と献身の記憶に。チャールズ R.」と書かれた国王直筆のメッセージが添えられた[185][163]。ウェストミンスター寺院では、女王の96年の生涯を記念し、礼拝が始まる96分前から鐘が1分ごとに合計96回鳴らされた[186]。棺は午前10時52分にウェストミンスター寺院に到着した[187]。その際、蜘蛛が棺に乗った。多くの解説者は、蜘蛛が棺に乗ることはよいお告げであると言及した[188]

国葬

[編集]

葬儀前に、イギリス人作曲の音楽が演奏された[注釈 5][186]。葬儀は午前11時より始まり、1662年の祈祷書に沿って、ウェストミンスター首席司祭英語版によって執り行われた[186][190][191]パトリシア・スコットランド英語版イギリス連邦事務局長英語版リズ・トラス首相が聖書の一節を朗読し、ジャスティン・ウェルビーカンタベリー大主教が説教と頌栄を行った[186][192]。また、多くのキリスト教諸宗派の聖職者が祈りをささげた[193]

国葬中には、ジュディス・ウィアー英語版による「鹿が水を求めるがごとく(Like as the Hart)」、ジェームス・マクミラン英語版による「誰が我らをキリストの愛から引き離すことが出来ようか(Who Shall Separate Us?)」など国葬用に作られた曲や、女王の戴冠式や結婚式などで演奏された曲が演奏・合唱された[注釈 6][194]。一連の楽曲はウェストミンスター寺院合唱団英語版チャペル・ロイヤルによって合唱が行われ、ジェームス・オドンネル英語版指揮を行った。午前11時50分からは、カンタベリー大主教が女王への「告別の祈り」を捧げた。

午前11時57分頃、ラストポスト英語版と呼ばれる軍葬ラッパが演奏され、イギリス全土の国民が2分間の黙祷を捧げた[163][195]。黙祷中、ビッグベンの鐘が鳴らされた。黙祷終了後、起床ラッパ英語版が演奏され[163][187]、最後に女王のバグパイプ奏者によって[196]、哀悼曲「眠れ、愛しき人よ(Sleep,Dearie Sleep)」が演奏された後、正午に国歌「国王陛下万歳 (God Save the King)」が歌われた[186][195]。国葬を締めくくる曲としてバッハ作曲の「幻想曲ハ短調」の演奏後、午後0時15分頃に、ウェストミンスター寺院における葬儀が終了した[163]。葬儀後には、エドワード・エルガーによるオルガンソナタ第1番の第1楽章が演奏された。

ロンドン・ウィンザーでの葬列

[編集]

葬儀後、ウェストミンスター寺院からウェリントン・アーチ英語版まで、またウィンザーウィンザー・グレート・パーク英語版内で葬列が組まれた。

ロンドンでの葬列は午後0時15分から始まり、約3000人の軍人が1マイル以上に渡り葬列を組んだ。葬列はホワイトホールから始まり、ホース・ガーズザ・マルを通って、ハイド・パーク近くのウェリントン・アーチに到着した。沿道には、女王との最後の別れを惜しむ100万人を超える人々が集まった[197]

棺の後ろを歩く王族たち

葬列の先頭にはロンドン警視庁騎馬警察英語版王立カナダ騎馬警察グルカ兵楽団、そしてマルタ王立アルスター警察隊英語版、及び国民保健サービスの代表者が、後ろにはイギリス連邦各国の軍の代表者が、後ろにイギリス空軍イギリス陸軍イギリス海軍イギリス海兵隊の代表が、そしてその後ろには従軍聖職者紋章官キング・オブ・アームズイギリス王室家政部門英語版が続いた[198]。またその後ろに、142人の王立海軍船員により引かれ、護衛隊に囲まれた女王の棺が続いた[198]。国王をはじめ多くの王族がその後ろを歩き、さらにその後ろには車に乗った王族が続いた[198]。葬列の最後尾は、各公職の代表者が歩いた[198]

7つの軍楽隊が葬列の各所に配置され、ヨハン・ハインリヒ・ヴァルヒ英語版作曲の葬送行進曲を演奏した[198][199]。葬列の間、1分置きにビッグ・ベンの鐘が鳴らされ、ハイド・パークからは王立騎馬砲兵により弔砲が発射された[187]ザ・セノタフを通過する際には葬列者が敬礼、棺がヴィクトリア・メモリアル英語版を通過する際のバッキンガム宮殿では近衛兵が敬礼を行った[178]。 ウェリントン・アーチに到着すると、棺はウィンザーへ向かうため、特製の霊柩車に乗せられた[187]。午後1時30分、アン王女ティモシー・ローレンス夫妻に付き添われ、霊柩車がウィンザーに向けて出発した[200][201]

午後3時頃、霊柩車はウィンザーに到着。約1000人の軍人が葬列に加わり、ウィンザー城内の聖ジョージ礼拝堂に向けてウィンザー・グレート・パーク英語版を歩いた[187][202]。沿道には10万人近くの人々が並び、女王の葬列を見送った[197][202]。また、女王の愛馬であったフェルポニー英語版の「エマ」と、生前可愛がっていたロイヤルコーギー英語版の「ミック」と「サンディー」も、ウィンザー城内で葬列を見送った[203][204]。ウィンザーでの葬列の間、セバスタポル・ベル英語版とカーフュー・タワーの鐘が鳴らされ、王立騎馬砲兵がウィンザー城のイースト・ガーデンから毎分弔砲を発射した[187]。葬列が聖ジョージ礼拝堂に到着すると、グレナディアガーズ第1大隊で編成された儀仗兵により、棺は礼拝堂内へと移された[187]

埋葬式

[編集]

埋葬式は聖ジョージ礼拝堂で午後4時に始まり、王族、英連邦王国(コモンウェルス・レルム)各国からの総督首相、また女王の私有地の家政機関のスタッフなど800人が参列した[181][187][202][205]。聖ジョージ礼拝堂合唱団が、フィリップ王配葬儀英語版でも歌われた「故人へのロシアのコンタキオン(Kontakion of the Departed)」を合唱した[注釈 7]。式の前にも、多数の曲が演奏された[207]

式の主催者であるウィンザー主席司祭英語版が告別の祈りを捧げ、女王の治世を讃えた[181][187][207]。また女王の祖父母と父親の葬儀でも読み上げられたヨハネの黙示録第21章英語版の1節から7節までが読み上げられた。また、サンドリンガム英語版修道院長クラシー・カーク英語版大臣とウィンザー・グレート・パークのチャプレンが祈りを捧げ、最後にカンタベリー大主教が祝福を行った[187]

式の終盤、女王が1953年の戴冠式(Coronation of Elizabeth II)で受け取った、王権の象徴たる王冠宝珠王笏が、女王の棺から下ろされる儀式が行われた[187][205][208]。その後、国王がグレナディアガーズの旗を棺の上に掛け、宮内長官英語版国務大官の象徴である職杖英語版を半分に折り、棺の上に置いた[187][207]。この後、ガーター・プリンシパル・キング・オブ・アームズ英語版が女王と国王の役職を呼称英語版し、間に哀歌「ロイヤルフェンダースミスへの敬礼(A Salute to the Royal Fendersmith)」が女王のバグパイプ奏者によって演奏された。最後に国歌が歌われ、埋葬式は終了した。

埋葬

[編集]

女王の棺は王室のメンバ-が見守る中、午後7時30分に聖ジョージ礼拝堂の国王ジョージ6世記念礼拝堂英語版に埋葬された。埋葬場所は、父のジョージ6世と母のエリザベス王太后、夫のフィリップ王配の埋葬場所と、妹のマーガレット王女の遺灰の側となった[202][209][210]

エリザベス2世の棺は、崩御する30年以上前に製作されていた[注釈 8][211][212]。棺は欧州楢で作られており、また湿害を防止するためにで裏打ちされている。そのため非常に重く、通常であれば6人の棺側付き添い人英語版が、8人に増員された[211][212]

警備

[編集]

服喪期間中は、10000人ほどの警察官が警備にあたり、ロンドン警視庁はこれを「イギリス史上最大」の警備体制と呼んだ[213][214][215]テームズ渓谷警察英語版は、混雑する水路を新しくパトロールし、騎馬警官警察犬ドローンをウィンザーの警備に提供すると発表した[215][216][217][218]。国葬前、ストーカー性危険人物評価センター英語版[訳語疑問点]は、王室に危険を及ぼす可能性のある個人の監視を始めた[219]

MI5GCHQは、対テロ警察とロンドン警視庁と協力し、国葬の警備を実施した[220]。1500人の軍人が配備され、ウェストミンスターはアグスタウェストランド AW159ヘリコプターで調査された[220]。また、群衆整理のため、数百人の客室乗務員が警備会社から雇用された[220]

参列者

[編集]
1人以上の要人が参列した国の地図
参列した天皇徳仁皇后雅子

168ヵ国から、約2000人の要人が参加した[221][222][223]。日本からは、今上天皇皇后雅子が参列した[221][224][225][226]。座席の数が限られることから、参加者は配偶者のみ同行させることが許可された[227]

なお、海外からの参列者の渡航にあたっては、ロンドン・ヒースロー空港の駐機スペースや警備体制等の問題から、自国専用機・自家用機の利用を控え、民間機で渡航するよう呼び掛け、テロ対策等の理由から自国の政府専用機での渡航が必須となる国(日本(日本国政府専用機)・アメリカ(エアフォースワン)など)に対しては、当該国の空軍を通じ、ロンドン近郊のスタンステッド空港の利用を求めた[228]

費用

[編集]

国葬の費用は、イギリス政府が受け持つ[229][230]

反応

[編集]
在中華人民共和国英国大使館英語版に掲げられた半旗(2022年9月9日)

ウェールズ公妃ダイアナ死後に制定された規定に従い、バッキンガム宮殿ユニオンフラッグは半旗に降ろされた[231]

女王の崩御が発表されたとき、ロンドンのバッキンガム宮殿の門の外には何100人もの人々が集まっていた[231]。他の多くの人がソーシャルメディアを使用して、女王とイギリス王室への哀悼の意と賛辞を投稿した[232]

オタワカナダ国会議事堂ワシントンD.C.アメリカ合衆国議会議事堂の旗は、女王に敬意を表して半旗で掲げられた[233][234]

第46代アメリカ合衆国大統領ジョー・バイデンファーストレディジル・バイデンは女王が崩御した後、存命の全ての元大統領と同様にTwitterで声明を発表した[235][236]。バイデン大統領はまた、女王が埋葬される日の日没まで星条旗を半旗で掲げるように命じた[237]

イングランドのブライトンにあるロイヤル・パビリオンは、女王を偲んで王室の色[238]であり葬儀の色[239]でもあるで照らされた[240]

日本の宮内庁は「英国エリザベス二世女王陛下の崩御に際しての天皇陛下のお気持ち」を公表し[241]、今上天皇と皇后雅子が英国エリザベス2世女王崩御の報に接し、深い悲しみの気持ちと心よりの哀悼の意を持ち9月9日から11日までの3日間、お気持ちとして喪に服すことを伝えた[242]。また、上皇上皇后美智子も同様に9月9日から11日までの3日間、お気持ちとして喪に服すことを伝えた[243]

また、第101代内閣総理大臣岸田文雄は「エリザベス二世女王陛下の崩御に関する岸田内閣総理大臣の談話」を発表し[244]駐日英国大使館を弔問し記帳を行った[245]

脚注

[編集]

注釈

[編集]
  1. ^ 1959年はアンドルー王子、1963年はエドワード王子を妊娠していたので欠席した。
  2. ^ 休暇中の女王の滞在先。
  3. ^ 通常、国家元首が死去した際の弔砲や弔銃は21発が慣例となっているが、女王の享年に合わせて96発が発射された。
  4. ^ 花輪には、1947年にエリザベス王女とフィリップ・マウントバッテンの結婚式英語版で女王が持っていたブーケに使われていたものから育てられたギンバイカや、ローズマリーガーデンローズアジサイセダムダリアマツムシソウペラルゴニウムなどが使われた[184]
  5. ^ オーランド・ギボンズレイフ・ヴォーン・ウィリアムズピーター・マックスウェル・デイヴィスハロルド・ダーク英語版ヒーリー・ウィランハーバート・ハウエルズチャールズ・ヴィリアーズ・スタンフォードマルコム・ウィリアムソン英語版エドワード・エルガーによる楽曲が選ばれた[189]
  6. ^ この他にも多数の曲が演奏された。
  7. ^ 女王の棺が礼拝堂内を進む際にはウォルフォード・デイヴィスによって編曲された詩篇121篇が演奏され、他にも多数のモテットが歌われた[206][207][206]
  8. ^ 元の棺の製作所は、現在は閉鎖している。2人の葬祭業者の手に回った後、1991年にイギリス王室御用達葬儀業英語版となったLeverton & Sonsという葬祭業社が受け取った。棺の元の製作所であるヘンリー・スミスは、王配のフィリップが眠る棺も製作していた[211][212]

出典

[編集]
  1. ^ a b 【速報】英エリザベス女王(96)が死去 滞在先のスコットランドで 英王室が発表”. テレ朝news (2022年9月9日). 2023年9月22日閲覧。
  2. ^ エリザベス女王 国葬 天皇陛下らご臨席”. 産経新聞 (2022年9月19日). 2023年9月28日閲覧。
  3. ^ Murray, Jessica (2021年10月12日). “Queen seen using walking stick for first time in 20 years”. The Guardian. オリジナルの2022年3月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220331202326/https://www.theguardian.com/uk-news/2021/oct/12/the-queen-seen-using-walking-stick-at-service-for-british-legion 2022年9月8日閲覧。 
  4. ^ Taylor, Harry (21 October 2021), “The Queen spent night in hospital after cancelling Northern Ireland visit”, The Guardian, オリジナルの25 February 2022時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20220225193105/https://www.theguardian.com/uk-news/2021/oct/21/the-queen-spent-night-in-hospital-after-cancelling-northern-ireland-visit 2022年9月8日閲覧。 
  5. ^ Lee, Joseph (26 October 2021), “Queen will not attend COP26 climate change summit”, BBC News, オリジナルの1 February 2022時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20220201115457/https://www.bbc.com/news/uk-59056725 2022年9月8日閲覧。 
  6. ^ Becky Morton (14 November 2021), “The Queen to miss Remembrance Sunday service”, BBC News, オリジナルの9 March 2022時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20220309025216/https://www.bbc.co.uk/news/uk-59280608 2022年9月8日閲覧。 
  7. ^ Lauren, Turner (29 March 2022), “Queen attends Prince Philip memorial service at Westminster Abbey”, BBC News, オリジナルの6 June 2022時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20220606155117/https://www.bbc.com/news/uk-60902088 2022年4月5日閲覧。 
  8. ^ Thompson, Eliza (14 March 2022), Prince Charles Fills in for Queen Elizabeth II at Commonwealth Day Service Alongside Prince William, オリジナルの14 March 2022時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20220314202741/https://www.usmagazine.com/celebrity-news/news/queen-elizabeth-ii-misses-2022-commonwealth-day-service/ 2022年3月14日閲覧。 
  9. ^ Adams, Charley (14 April 2022), “Prince Charles stands in for Queen at Maundy Service”, BBC News, オリジナルの6 June 2022時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20220606155117/https://www.bbc.com/news/uk-61111303 2022年9月8日閲覧。 
  10. ^ “Queen to miss State Opening of Parliament – Prince of Wales to read speech instead”, Sky News, (9 May 2022), オリジナルの11 June 2022時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20220611195207/https://news.sky.com/story/queen-wont-be-attending-state-opening-of-parliament-12609353 2022年9月8日閲覧。 
  11. ^ Furness, Hannah (10 May 2022), “Queen's Speech: Why Prince William is attending State Opening of Parliament”, The Telegraph, オリジナルの12 June 2022時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20220612154417/https://www.telegraph.co.uk/royal-family/2022/05/10/prince-william-counsellors-state-queens-speech-state-opening/ 2022年9月8日閲覧。 
  12. ^ Duffy, Nick (2022年7月3日). “Queen's official duties trimmed down as power shifts to Prince Charles”. i. オリジナルの2022年7月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220703174441/https://inews.co.uk/news/queens-official-duties-trimmed-down-as-power-shifts-to-prince-charles-1720806 2022年9月8日閲覧。 
  13. ^ Landler, Mark (2022年5月9日). “Queen Elizabeth to Miss Opening of Parliament”. The New York Times. オリジナルの2022年9月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220907050520/https://www.nytimes.com/2022/05/09/world/europe/queen-elizabeth-parliament-opening.html 2022年9月8日閲覧。 
  14. ^ Landler, Mark (2022年6月2日). “Queen Elizabeth will skip Friday's church service after 'discomfort' during the jubilee's first day.”. The New York Times. オリジナルの2022年9月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220907042822/https://www.nytimes.com/2022/06/02/world/europe/queen-elizabeth-will-skip-a-church-service-on-friday-after-discomfort-during-jubilee-ceremony.html 2022年9月8日閲覧。 
  15. ^ Furness, Hannah (2 June 2022), “The Queen to miss service of thanksgiving after suffering discomfort”, The Telegraph, オリジナルの27 June 2022時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20220627180802/https://www.telegraph.co.uk/royal-family/2022/06/02/queen-miss-service-thanksgiving-suffering-discomfort/ 2022年9月8日閲覧。 
  16. ^ Bubola, Emma (2022年9月6日). “The queen will meet the new prime minister at Balmoral Castle in Scotland.”. The New York Times. オリジナルの2022年9月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220907154725/https://www.nytimes.com/2022/09/06/world/europe/liz-truss-queen-elizabeth-balmoral.html 2022年9月8日閲覧。 
  17. ^ Queen postpones senior ministers meeting to rest” (2022年9月7日). 2022年9月8日閲覧。
  18. ^ “In last public statement, Queen Elizabeth extended condolences following Saskatchewan stabbing rampage”. Saskatoon StarPhoenix. (2022年9月8日). オリジナルの2022年9月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220908193354/https://thestarphoenix.com/news/local-news/in-last-public-statement-queen-elizabeth-extended-condolences-following-saskatchewan-stabbing-rampage 2022年9月9日閲覧。 
  19. ^ a b Queen died ‘with Charles and Anne by side as other royals dashed to Balmoral’”. Evening Standard. 2022年9月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月10日閲覧。
  20. ^ a b King Charles and Princess Anne only senior royals who made it to Balmoral before Queen Elizabeth died” (英語). The Telegraph. 2022年9月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月10日閲覧。
  21. ^ Ripple of rumour around the Commons as concern grows for the Queen”. The Guardian (2022年9月8日). 2022年9月8日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月10日閲覧。
  22. ^ Whispers, hours of uncertainty – then news of the death of the Queen”. The Guardian (2022年9月8日). 2022年9月9日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月10日閲覧。
  23. ^ Ripple of rumour around the Commons as concern grows for the Queen”. The Guardian (2022年9月8日). 2022年9月8日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月10日閲覧。
  24. ^ Queen's doctors concerned for her health – palace”. BBC News (2022年9月8日). 2022年9月8日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月8日閲覧。
  25. ^ Davies, Caroline (2022年9月8日). “Queen under medical supervision at Balmoral after doctors' concerns”. The Guardian. 2022年9月8日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月8日閲覧。
  26. ^ Whittock, Jesse (2022年9月8日). “BBC Suspends Schedule As Concerns Grow Over Queen's Health; UK Broadcasters Cut Into Programs To Relay News” (英語). Deadline. 2022年9月8日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月8日閲覧。
  27. ^ Cost, Ben (2022年9月8日). “BBC correspondent falsely reported queen died, shocking Twitter” (英語). New York Post. 2022年9月8日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月8日閲覧。
  28. ^ a b Queen's cause of death given as 'old age' on death certificate”. 英国放送協会 (2022年9月29日). 2022年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月29日閲覧。
  29. ^ Silver, Christopher (2022年9月13日). “Elizabeth, the last Queen of Scots?”. Prospect. https://www.prospectmagazine.co.uk/politics/elizabeth-the-last-queen-of-scots 2022年9月26日閲覧。 
  30. ^ Morrison, Julia (2022年9月12日). “St. Giles' Cathedral and its Royal history”. Historic Environment Scotland Blog. 2022年10月13日閲覧。
  31. ^ Queen Elizabeth II dies: King Charles III expresses ‘greatest sadness’ upon passing of his mother in first statement as monarch – latest updates”. The Guardian (2022年9月8日). 2022年9月8日閲覧。
  32. ^ Quinn, Ben (2022年9月8日). “Queen Elizabeth dies: key moments from a dramatic day”. The Guardian. 2022年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月9日閲覧。
  33. ^ Politicians pay tribute to Queen's warmth and wisdom”. BBC News (2022年9月8日). 2022年9月8日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月9日閲覧。
  34. ^ Quinn, Ben (2022年9月8日). “Queen Elizabeth dies: key moments from a dramatic day”. The Guardian. 2022年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月9日閲覧。
  35. ^ “Queen Elizabeth II has died, Buckingham Palace announces” (英語). BBC News. (2022年9月8日). オリジナルの2022年9月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220908173308/https://www.bbc.com/news/uk-61585886 2022年9月8日閲覧。 
  36. ^ Hallemann, Caroline (2022年9月8日). “Queen Elizabeth, the Longest-Reigning British Monarch in History, Has Died” (英語). Town & Country. 2022年9月8日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月8日閲覧。
  37. ^ a b “Queen Elizabeth II has died, Buckingham Palace announces”. BBC News. (2022年9月8日). オリジナルの2022年9月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220908173308/https://www.bbc.com/news/uk-61585886 2022年9月8日閲覧。 
  38. ^ Farber, Alex (2022年9月11日). “News specials inform 16m of Queen’s death” (英語). Broadcast. 2022年9月12日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月11日閲覧。
  39. ^ UK and world react to death of Queen Elizabeth II”. BBC News. 2022年9月8日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月8日閲覧。
  40. ^ a b “Queen Elizabeth II: Flags lowered as Queen's death announced”. BBC News. (2022年9月8日). オリジナルの2022年9月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220911102107/https://www.bbc.com/news/av/uk-62839831 2022年9月9日閲覧。 
  41. ^ Findon, Mary-Kate (2022年9月8日). “Balmoral Castle flies union jack at half-mast following death of Queen Elizabeth II”. Independent. オリジナルの2022年9月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220909050727/https://www.independent.co.uk/tv/news/queen-elizabeth-ii-balmoral-flag-b2163188.html 2022年9月9日閲覧。 
  42. ^ “Queen Elizabeth II death: Cardiff Castle flag lowered”. BBC News. (2022年9月8日). オリジナルの2022年9月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220909072115/https://www.bbc.com/news/av/uk-wales-62839058 2022年9月9日閲覧。 
  43. ^ Hubbard, Lauren (8 September 2022). “Rainbows Appear at Windsor Castle and Buckingham Palace After Queen Elizabeth's Death”. Town & Country (New York City). オリジナルの9 September 2022時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220909102015/https://www.townandcountrymag.com/society/tradition/a41123522/rainbow-windsor-castle-queen-elizabeth-death-photos/ 2022年9月11日閲覧。. 
  44. ^ WATCH: King Charles III greets mourners at Buckingham Palace”. BBC News (2022年9月9日). 2022年9月10日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月9日閲覧。
  45. ^ a b c d King Charles to address nation as monarch for first time”. BBC News (2022年9月9日). 2022年9月9日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月9日閲覧。
  46. ^ King Charles III's address to the nation and Commonwealth in full”. BBC News (2022年9月9日). 2022年9月9日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月9日閲覧。
  47. ^ Queen Elizabeth II: MPs share funny and moving memories of Queen”. BBC News (2022年9月9日). 2022年9月10日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月9日閲覧。
  48. ^ a b c d e Mourning and Condolence arrangements at the Royal Residences”. The Royal Family (2022年9月9日). 2022年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月9日閲覧。
  49. ^ Edinburgh Castle gun salute as Scotland mourns Queen's death”. BBC News (2022年9月9日). 2022年9月9日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月9日閲覧。
  50. ^ “Queen Elizabeth II: Gun salute tribute in Cardiff”. BBC News. (2022年9月9日). オリジナルの2022年9月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220909083716/https://www.bbc.com/news/uk-wales-62846906 2022年9月9日閲覧。 
  51. ^ a b The Queen: Gun salutes held across Wales to honour the Queen”. BBC News (2022年9月9日). 2022年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月9日閲覧。
  52. ^ Queen Elizabeth II: Gun salute tribute fired at Stonehenge”. BBC News (2022年9月9日). 2022年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月9日閲覧。
  53. ^ Queen Elizabeth II: Yorkshire pays tribute to her 'faithful presence'”. BBC News (2022年9月9日). 2022年9月9日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月9日閲覧。
  54. ^ 「英空母「クイーン・エリザベス」ニューヨークへ」 『世界の艦船』第985集(2022年12月号) P.60-63
  55. ^ 「女王の逝去を悼む英軍艦たち」 『世界の艦船』第985集(2022年12月号) P.64-65
  56. ^ Queen Elizabeth II: Bells ring out in tribute to monarch”. BBC News (2022年9月9日). 2022年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月9日閲覧。
  57. ^ Queen Elizabeth II: Tributes as bells ring across the East”. BBC News (2022年9月9日). 2022年9月9日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月9日閲覧。
  58. ^ Queen Elizabeth II: Church bells ring across Wales”. BBC News (2022年9月9日). 2022年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月9日閲覧。
  59. ^ Capurro, Daniel (2022年9月9日). “Sebastopol bell at Windsor tolls 96 times to mark Queen Elizabeth II's life”. MSN. 2022年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月15日閲覧。
  60. ^ a b Gillespie, Tom (2022年9月9日). “God Save The King sang at end of memorial service for Queen at St Paul's Cathedral”. Sky News. 2022年9月10日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月9日閲覧。
  61. ^ a b チャールズ新国王の即位、正式布告 女王の国葬は19日に”. 英国放送協会 (2022年9月10日). 2022年9月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月18日閲覧。
  62. ^ Colchester: Formal 21-gun salute marks Proclamation of the King”. BBC News (2022年9月10日). 2022年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月10日閲覧。
  63. ^ Gun salute in Guernsey marks proclamation of King”. BBC News (2022年9月10日). 2022年9月10日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月10日閲覧。
  64. ^ King Charles III: Hillsborough gun salute marks King Charles's proclamation”. BBC News (2022年9月10日). 2022年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月10日閲覧。
  65. ^ Charles III greets crowds after proclamation ceremony”. BBC News (2022年9月10日). 2022年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月10日閲覧。
  66. ^ a b “Edinburgh roads close as city prepares for Queen mourners”. BBC News. (2022年9月10日). オリジナルの2022年9月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220911113124/https://www.bbc.com/news/uk-scotland-edinburgh-east-fife-62847658 2022年9月10日閲覧。 
  67. ^ Royal Family view floral tributes at Balmoral Castle gates”. BBC News (2022年9月10日). 2022年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月10日閲覧。
  68. ^ Queen Elizabeth II: Royal Family meet well-wishers at Balmoral”. BBC News (2022年9月10日). 2022年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月10日閲覧。
  69. ^ William, Kate, Meghan and Harry pay respects at Windsor”. BBC News (2022年9月10日). 2022年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月10日閲覧。
  70. ^ Couzens, Jo (2022年9月10日). “William, Harry, Meghan and Kate on walkabout outside Windsor”. BBC News. 2022年9月10日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月10日閲覧。
  71. ^ Senior MPs take oath of allegiance to King Charles”. BBC News (2022年9月10日). 2022年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月10日閲覧。
  72. ^ Davies, Caroline (2022年9月10日). “Queen Elizabeth's funeral will be held on Monday 19 September”. The Guardian. 2022年9月10日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月10日閲覧。
  73. ^ Bank holiday announced for Her Majesty Queen Elizabeth II's State Funeral on Monday 19 September”. GOV.UK. 2022年9月10日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月10日閲覧。
  74. ^ The King's Audiences”. The Royal Family (2022年9月10日). 2022年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月11日閲覧。
  75. ^ Murphy, Matt (2022年9月11日). “Charles III: Antigua and Barbuda plans vote on King's role as head of state”. BBC News. 2022年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月11日閲覧。
  76. ^ Queen's coffin arrives in Edinburgh after journey from Balmoral” (英語). BBC News. 2022年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月11日閲覧。
  77. ^ a b Queen Elizabeth II: Coffin to travel by road from Balmoral to Edinburgh”. BBC News (2022年9月10日). 2022年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月10日閲覧。
  78. ^ Her Majesty The Queen's coffin leaves Balmoral Castle”. The Royal Family (2022年9月11日). 2022年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月11日閲覧。
  79. ^ Queen's coffin arrives in Edinburgh after journey from Balmoral” (英語). BBC News. 2022年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月11日閲覧。
  80. ^ Faulkner, Doug (2022年9月11日). “Queen Elizabeth II's cortege arrives to huge crowds in Edinburgh”. BBC News. 2022年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月11日閲覧。
  81. ^ Queen's coffin arrives in Edinburgh after journey from Balmoral” (英語). BBC News. 2022年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月11日閲覧。
  82. ^ Rutherford, Nichola (2022年9月10日). “Queen's final Scottish journey charts a life of service”. BBC News. 2022年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月10日閲覧。
  83. ^ Pictures of Queen Elizabeth II's journey from Balmoral to Edinburgh”. BBC News (2022年9月11日). 2022年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月11日閲覧。
  84. ^ Queen Elizabeth II's coffin makes somber journey through Scotland”. CBS News (2022年9月11日). 2022年9月16日閲覧。
  85. ^ Macaskill, Andrew; Holden, Michael (2022年9月11日). “Queen Elizabeth's coffin arrives in Edinburgh as mourners line streets”. Reuters. オリジナルの2022年9月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220912035523/https://www.reuters.com/world/uk/queen-elizabeths-coffin-make-slow-journey-edinburgh-2022-09-11/ 2022年9月11日閲覧。 
  86. ^ a b c d e Queen Elizabeth II: A day-by-day guide from now to the funeral”. BBC News (2022年9月10日). 2022年9月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月10日閲覧。
  87. ^ Queen Elizabeth II: MPs from the West pay tribute in Parliament”. BBC News (2022年9月11日). 2022年9月12日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月11日閲覧。
  88. ^ Queen Elizabeth II: Senedd pays tribute to Queen's 'remarkable life'”. BBC News (2022年9月11日). 2022年9月12日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月11日閲覧。
  89. ^ BBC One reveals Sunday schedule changes following Queen's passing”. Radio Times. 2022年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月11日閲覧。
  90. ^ Sweney, Mark (2022年9月9日). “Media firms introduce advertising blackouts to respect late Queen” (英語). The Guardian. 2022年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月11日閲覧。
  91. ^ Fitzpatrick, Katie (2022年9月10日). “ITV releases schedule for Sunday following death of Queen – including Emmerdale”. Manchester Evening News. 2022年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月11日閲覧。
  92. ^ a b c d e f g h Thousands line Edinburgh's streets to see Queen's coffin”. BBC News (2022年9月11日). 2022年9月12日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月11日閲覧。
  93. ^ King Charles III's speech to Parliament: 'A very simple, but extremely moving occasion'”. BBC News (2022年9月12日). 2022年9月12日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月12日閲覧。
  94. ^ a b c d e f g チャールズ国王が英議会で演説 エディンバラでは女王の葬列と通夜に参加”. 英国放送協会 (2022年9月13日). 2022年9月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月16日閲覧。
  95. ^ 【速報】「国王としての義務忠実に果たす」チャールズ新国王 イギリス議会内で初演説”. テレビ朝日 (2022年9月12日). 2022年9月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月16日閲覧。
  96. ^ a b c d e f Gregory, James (2022年9月12日). “King Charles III promises to follow Queen's selfless duty”. BBC News. 2022年9月12日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月12日閲覧。
  97. ^ a b An update on His Majesty The King's Programme”. The Royal Family (2022年9月10日). 2022年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月10日閲覧。
  98. ^ Dunn, Charlotte (2022年9月10日). “Arrangements for the Funeral of Her Majesty The Queen”. The Royal Family. 2022年9月10日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月10日閲覧。
  99. ^ a b Procession of Her Majesty's Coffin from the Palace of Holyroodhouse to St Giles' Cathedral”. The Royal Family (2022年9月12日). 2022年9月12日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月12日閲覧。
  100. ^ Coughlan, Sean (2022年9月13日). “Queen Elizabeth II's children in poignant reunion walk”. BBC News. 2022年9月13日閲覧。
  101. ^ 'Andrew, you're a sick man': police drag heckler from crowd during Queen's procession – video”. The Guardian (2022年9月12日). 2022年9月12日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月12日閲覧。
  102. ^ Man charged over heckling of Prince Andrew as he followed coffin”. BBC News. 2022年9月13日閲覧。
  103. ^ 英女王次男を罵倒、男逮捕 「病んだ老いぼれ」”. 産経新聞 (2022年9月13日). 2022年9月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月17日閲覧。
  104. ^ Little, Allan (2022年9月13日). “The quiet symbolism of the Queen's farewell to Scotland”. BBC News. 2022年9月13日閲覧。
  105. ^ エリザベス女王の棺、バルモラル城からエディンバラに到着 各地で大勢の市民が見送り”. 英国放送協会 (2022年9月12日). 2022年9月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月18日閲覧。
  106. ^ Queen's coffin vigil in Edinburgh witnessed by 33,000 people”. BBC News (2022年9月13日). 2022年9月13日閲覧。
  107. ^ “Princess Anne makes history by standing guard over the Queen's coffin for the Vigil of the Princes”. Independent. (2022年9月13日). https://www.independent.co.uk/life-style/royal-family/princess-anne-queen-vigil-standing-guard-history-b2166036.html 2022年9月14日閲覧。 
  108. ^ Queen Elizabeth II: NI Assembly to pay tribute to monarch”. BBC News (2022年9月12日). 2022年9月12日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月12日閲覧。
  109. ^ The Queen: Stormont politicians pay tribute during special sitting”. BBC News (2022年9月12日). 2022年9月12日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月12日閲覧。
  110. ^ In pictures: Charles III on first visit to Northern Ireland as King”. BBC News (2022年9月13日). 2022年9月13日閲覧。
  111. ^ a b Gordon, Ali (2022年9月13日). “Q&A: King Charles III's visit to Northern Ireland”. 英国放送協会. 2022年9月18日閲覧。
  112. ^ a b c King Charles III says Queen prayed for Northern Ireland”. BBC News (2022年9月13日). 2022年9月13日閲覧。
  113. ^ a b c d Queen Elizabeth II: A day-by-day guide from now to the funeral”. BBC News (2022年9月10日). 2022年9月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月10日閲覧。
  114. ^ McClafferty, Enda (2022年9月13日). “King Charles III: A condolence speech laced with political undertones”. BBC News. 2022年9月13日閲覧。
  115. ^ “King Charles III and Camilla attend memorial service at St Anne's Cathedral in Belfast”. ABC News. (2022年9月13日). https://www.abc.net.au/news/2022-09-13/king-charles-camilla-visit-northern-ireland/101436436 2022年9月13日閲覧。 
  116. ^ McClafferty, Enda (2022年9月12日). “Queen Elizabeth II: The evolution of Sinn Féin's Royal relationship”. BBC News. 2022年9月12日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月12日閲覧。
  117. ^ “President Higgins and Taoiseach attend NI service for queen”. RTÉ News. (2022年9月13日). https://www.rte.ie/news/ulster/2022/0913/1322081-queen-elizabeth-belfast/ 2022年9月13日閲覧。 
  118. ^ a b Crowds line streets as Queen's coffin makes final Scottish journey”. BBC News (2022年9月13日). 2022年9月13日閲覧。
  119. ^ Queen to lie in state for four full days before state funeral”. BBC News (2022年9月10日). 2022年9月10日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月10日閲覧。
  120. ^ a b c Her Majesty The Queen's coffin will return to London”. The Royal Family (2022年9月12日). 2022年9月12日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月12日閲覧。
  121. ^ a b c Royal Family greet Queen Elizabeth II's coffin at Buckingham Palace”. BBC News (2022年9月13日). 2022年9月13日閲覧。
  122. ^ a b c 英女王の棺、バッキンガム宮殿に到着 家族が出迎え”. 英国放送協会 (2022年9月14日). 2022年9月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月19日閲覧。
  123. ^ a b エリザベス女王のひつぎ ロンドンのバッキンガム宮殿に”. 日本放送協会 (2022年9月14日). 2022年9月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月19日閲覧。
  124. ^ Burack, Emily (2022年9月13日). “Queen Elizabeth's Coffin Arrives in London”. Town & Country. 2022年9月15日閲覧。
  125. ^ a b c d e f Coughlan, Sean (2022年9月14日). “William and Harry side by side behind Queen's coffin”. BBC News. https://www.bbc.co.uk/news/uk-62866247 2022年9月14日閲覧。 
  126. ^ King Charles and Princes William and Harry walk behind Queen Elizabeth's coffin”. BBC News (2022年9月14日). 2022年9月14日閲覧。
  127. ^ William and Harry to walk behind Queen's coffin to Westminster Hall”. BBC News (2022年9月13日). 2022年9月13日閲覧。
  128. ^ Watch: Queen Consort and Princess of Wales follow procession by car”. BBC News (2022年9月14日). 2022年9月14日閲覧。
  129. ^ Her Majesty The Queen's coffin Procession to Westminster Hall”. The Royal Family (2022年9月14日). 2022年9月14日閲覧。
  130. ^ イギリス エリザベス女王 一般の弔問前から 会場近くに長い列”. 日本放送協会 (2022年9月14日). 2022年9月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月19日閲覧。
  131. ^ Queen Elizabeth II: Minute's silence held in Dáil”. BBC News (2022年9月14日). 2022年9月14日閲覧。
  132. ^ Diana memories made Queen's procession challenging - William”. BBC News (2022年9月15日). 2022年9月15日閲覧。
  133. ^ Queen Elizabeth II: Earl and Countess of Wessex visit Manchester”. BBC News (2022年9月15日). 2022年9月15日閲覧。
  134. ^ Princess Anne meets Queen well-wishers on Scotland visit”. BBC News (2022年9月15日). 2022年9月15日閲覧。
  135. ^ King Charles III: Monarch returns to Highgrove”. BBC News (2022年9月14日). 2022年9月14日閲覧。
  136. ^ Wilkins, Bridie (2022年9月15日). “Queen Consort returns to her £850k Wiltshire home alone - see photos”. Hello!. 2022年9月15日閲覧。
  137. ^ King Charles III: Llandaff prepares for Royal couple's first visit”. BBC News (2022年9月13日). 2022年9月13日閲覧。
  138. ^ a b Cathy Owen (2022年9月16日). “Charles III visits Wales for the first time as King as thousands greet new monarch”. Wales Online. 2022年9月16日閲覧。
  139. ^ a b c d e King Charles III in Cardiff for first Wales visit as monarch”. BBC News (2022年9月16日). 2022年9月16日閲覧。
  140. ^ King Charles III: Public invited to greet monarch in Cardiff”. BBC News (2022年9月15日). 2022年9月15日閲覧。
  141. ^ a b c d King Charles III: Cardiff to host first visit to Wales by new monarch”. BBC News (2022年9月14日). 2022年9月14日閲覧。
  142. ^ a b Deans, David (2022年9月15日). “King Charles III: What happens during Cardiff royal visit?”. BBC News. 2022年9月15日閲覧。
  143. ^ Davies, Caroline (2022年9月16日). “King tells faith leaders he has personal 'duty to protect diversity of our country'”. The Guardian. 2022年9月16日閲覧。
  144. ^ Sanchez, Chelsey (2022年9月16日). “Prince William and Kate Middleton Meet with Troops Ahead of the Queen's Funeral”. Harper's Bazaar. 2022年9月16日閲覧。
  145. ^ Lloyd, Nina (2022年9月16日). “Earl and Countess of Wessex meet mourners on walkabout in Windsor”. The Independent. https://www.independent.co.uk/news/uk/sophie-london-windsor-castle-berkshire-b2169018.html 2022年9月16日閲覧。 
  146. ^ a b Therrien, Alex (2022年9月16日). “Royals hold sombre watch over Queen's coffin”. BBC News. 2022年9月16日閲覧。
  147. ^ a b エリザベス女王の子供や孫も棺の不寝番に 一般弔問の中”. 英国放送協会 (2022年9月18日). 2022年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月21日閲覧。
  148. ^ a b c d Saturday 17 September”. The Royal Family (2022年9月17日). 2022年9月17日閲覧。
  149. ^ Binley, Alex (2022年9月17日). “King Charles and Prince William meet people in lying-in-state queue”. BBC News. 2022年9月17日閲覧。
  150. ^ Bates, Sophie (2022年9月17日). “Prince Edward and Sophie Wessex greet crowds at Buckingham Palace”. Hello!. 2022年9月17日閲覧。
  151. ^ Queen Elizabeth II's grandchildren to observe lying-in-state vigil”. BBC News (2022年9月16日). 2022年9月16日閲覧。
  152. ^ “Queen's grandchildren to stand vigil beside coffin on Saturday”. The Guardian. PA Media. (2022年9月16日). https://www.theguardian.com/uk-news/2022/sep/16/eight-of-queens-grandchildren-to-stand-vigil-prince-william-harry 2022年9月16日閲覧。 
  153. ^ William and Harry lead historic coffin vigil”. BBC News (2022年9月17日). 2022年9月17日閲覧。
  154. ^ Morris, Sophie (2022年9月12日). “UK to hold minute's silence for the Queen on Sunday in shared national moment of reflection”. Sky News. 2022年9月12日閲覧。
  155. ^ チャールズ国王、国内外からの弔意に感謝 ≪声明全文≫”. 日本テレビ (2022年9月18日). 2022年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月21日閲覧。
  156. ^ “Charles is the new King” (英語). BBC News. (2022年9月8日). https://www.bbc.com/news/uk-59135132 2022年9月8日閲覧。 
  157. ^ トラス英首相、エリザベス女王は「まさに英国の精神だった」”. CNN.co.jp (2022年9月9日). 2022年9月9日閲覧。
  158. ^ チャールズ皇太子 新国王に即位”. TBSテレビ (2022年9月9日). 2022年9月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月24日閲覧。
  159. ^ Busari, Stephanie (2022年9月8日). “How the royal family announced the death of Queen Elizabeth II”. CNN. オリジナルの2022年9月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220908222908/https://www.cnn.com/2022/09/08/uk/buckingham-palace-queen-announcement-intl/index.html 2022年9月9日閲覧。 
  160. ^ “英チャールズ新国王の戴冠式、900年前と同じ場所 来年5月6日に”. 朝日新聞デジタル. (2022年10月12日). オリジナルの2022年10月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20221012003152/https://www.asahi.com/articles/ASQBD1FP4QBCUHBI04Y.html 2022年10月12日閲覧。 
  161. ^ The Queen's funeral: what we can expect over the next 10 days” (英語). the Guardian (2022年9月8日). 2022年9月8日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月8日閲覧。
  162. ^ 英エリザベス女王の国葬、執り行われる 奉仕の生涯を追悼”. BBC (2022年9月20日). 2023年9月28日閲覧。
  163. ^ a b c d e “エリザベス女王国葬【詳細】ウィンザー城内の礼拝堂に埋葬”. 日本放送協会. (2022年9月20日). オリジナルの2022年9月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220927020902/https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220919/k10013821831000.html 2022年10月8日閲覧。 
  164. ^ Operation Unicorn: the secret strategy for the Queen dying in Scotland”. The Herald (2019年7月7日). 2022年9月1日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月8日閲覧。
  165. ^ a b Queen Elizabeth II's personal touches in plans for funeral day”. BBC News (2022年9月15日). 2022年9月15日閲覧。
  166. ^ Dunn, Charlotte (2022年9月10日). “Arrangements for the Funeral of Her Majesty The Queen”. The Royal Family. 2022年9月10日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月10日閲覧。
  167. ^ Plans for the Queen's lying in state and funeral”. BBC News (2022年9月9日). 2022年9月9日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月9日閲覧。
  168. ^ A History of Royal Burials and Funerals”. Westminster Abbey. 2022年9月12日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月11日閲覧。
  169. ^ Zeldin-O'Neill, Sophie (2022年9月10日). “King Charles approves bank holiday for day of Queen's funeral”. The Guardian. 2022年9月18日閲覧。
  170. ^ a b c Patrick, Wintour (2022年9月13日). “Logistics of Queen's funeral equivalent to hundreds of state visits, officials say”. The Guardian. 2022年9月18日閲覧。
  171. ^ “Syria, Venezuela and Afghanistan not invited to Queen's funeral” (英語). (2022年9月15日). https://www.independent.co.uk/news/uk/syria-venezuela-afghanistan-nicaragua-north-korea-b2167103.html 2022年9月17日閲覧。 
  172. ^ “サウジ皇太子は女王葬儀に出席しない見通し=報道”. BBCNEWS JAPAN. (2022年9月19日). https://www.bbc.com/japanese/62951387 2022年9月20日閲覧。 
  173. ^ Landale, James (2022年9月15日). “Funeral: Mammoth task of organising '100 state visits at once'”. BBC News. 2022年9月15日閲覧。
  174. ^ Central London gets a deep clean ahead of the Queen's funeral”. BBC News (2022年9月14日). 2022年9月14日閲覧。
  175. ^ Queen Elizabeth II: Extra trains from Manchester for mourners”. BBC News (2022年9月13日). 2022年9月13日閲覧。
  176. ^ Queen Elizabeth II: Trains and coaches busy as mourners head to London”. BBC News (2022年9月14日). 2022年9月14日閲覧。
  177. ^ Austin, Katy (2022年9月14日). “Queen Elizabeth II: First night trains for mourners set to depart”. BBC News. 2022年9月14日閲覧。
  178. ^ a b Sophie.Hunter (2022年9月19日). “The State Funeral for Her Majesty The Queen” (英語). The Royal Family. 2022年9月24日閲覧。
  179. ^ Why do Royal Navy sailors escort the Queen's coffin?” (英語). The Independent (2022年9月19日). 2022年9月22日閲覧。
  180. ^ Max Foster and Lauren Said-Moorhouse (2022年9月15日). “Queen's funeral service to end with two-minute nationwide silence, palace officials say”. CNN. https://www.cnn.com/2022/09/15/uk/queen-elizabeth-funeral-service-intl-gbr/index.html 2022年9月15日閲覧。 
  181. ^ a b c Plans for the Queen's lying in state and funeral”. BBC News (2022年9月9日). 2022年9月9日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月9日閲覧。
  182. ^ Queen's coffin carried to Westminster Abbey”. BBC News (2022年9月19日). 2022年9月19日閲覧。
  183. ^ エリザベス女王の式典で「軍服」を着用するのは現役王室メンバーのみ、ヘンリー王子とアンドルー王子は着用できず”. ハーパーズ バザー (2022年9月13日). 2022年10月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年10月2日閲覧。
  184. ^ 思い出のものも…エリザベス女王の棺に添えられた「花」の意味”. コスモポリタン. 2022年10月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年10月2日閲覧。
  185. ^ Funeral honours Queen's 'lifelong sense of duty'”. BBC News (2022年9月19日). 2022年9月19日閲覧。
  186. ^ a b c d e The State Funeral of Her Majesty The Queen”. The Royal Family (2022年9月18日). 2022年9月19日閲覧。
  187. ^ a b c d e f g h i j k l The State Funeral and Committal Service for Her Majesty The Queen”. The Royal Family (2022年9月15日). 2022年9月15日閲覧。
  188. ^ Spider on Queen Elizabeth's Coffin Spotted During State Funeral: 'It's a Good Omen'”. People (2022年9月19日). 2022年10月2日閲覧。
  189. ^ Queen Elizabeth's funeral: Order of service”. BBC News (2022年9月18日). 2022年9月18日閲覧。
  190. ^ Sophie.Hunter (2022年9月19日). “The State Funeral for Her Majesty The Queen” (英語). The Royal Family. 2022年9月23日閲覧。
  191. ^ Sherwood, Harriet (2022年9月18日). “Queen did not want 'long, boring' funeral, says former archbishop of York”. The Guardian. 2022年9月19日閲覧。
  192. ^ Dunn, Charlotte (2022年9月18日). “The State Funeral of Her Majesty The Queen” (英語). The Royal Family. 2022年9月22日閲覧。
  193. ^ “Order of Service for Queen Elizabeth II's funeral”. AP News. (2022年9月19日). https://apnews.com/article/queen-elizabeth-ii-funeral-order-of-service-0954989c2505907a9d5c7a06ee239377 2022年9月21日閲覧。 
  194. ^ 小町碧. “エリザベス女王の国葬と音楽〜受け継がれる伝統と新たな響きが女王の想いを映し出す”. ONTOMO. 音楽之友社. 2022年10月11日閲覧。
  195. ^ a b “英エリザベス女王の国葬、執り行われる 奉仕の生涯を追悼”. 英国放送協会. (2022年9月19日). オリジナルの2022年10月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20221004210903/https://www.bbc.com/japanese/62958700 2022年10月4日閲覧。 
  196. ^ にしぐち瑞穂 (2022年9月20日). “エリザベス女王の国葬を全解説。注目ポイントや感動の瞬間も。”. 25ans. ハースト婦人画報社. 2022年10月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年10月7日閲覧。
  197. ^ a b Minelle, Bethany (2022年9月19日). “Tens of thousands in London and Windsor as world says goodbye to the Queen at her funeral”. Sky News. オリジナルの2022年9月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220929185357/https://news.sky.com/story/crowds-gather-in-london-and-windsor-as-world-prepares-to-say-goodbye-to-the-queen-at-her-funeral-12701321 2022年9月19日閲覧。 
  198. ^ a b c d e “Queen's funeral: Full guide to the gun carriage and the main procession”. BBC News. (2022年9月20日). オリジナルの2022年10月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20221006015147/https://www.bbc.com/news/uk-62941422 2022年10月6日閲覧。 
  199. ^ The Queen's funeral: how music moved a nation at Westminster Abbey and beyond”. Classic FM (2022年9月19日). 2022年9月24日閲覧。
  200. ^ Queen Elizabeth II's funeral: What will happen in Windsor?”. BBC News (2022年9月18日). 2022年9月18日閲覧。
  201. ^ Clark, David (2022年9月16日). “Mourners given chance to pay respects as Queen's final journey avoids motorway” (英語). mirror. 2022年9月24日閲覧。
  202. ^ a b c d Your complete guide to the Queen's funeral”. BBC News (2022年9月19日). 2022年9月19日閲覧。
  203. ^ Heald, Claire (2022年9月19日). “Queen's corgis and pony wait at Windsor Castle as coffin approaches”. BBC News. 2022年9月19日閲覧。
  204. ^ “英女王の葬列、愛犬コーギーとポニーも見送る”. AFPBB. (2022年9月20日). オリジナルの2022年9月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220928101753/https://www.afpbb.com/articles/-/3424608 2022年10月8日閲覧。 
  205. ^ a b “エリザベス英女王の埋葬式、棺から王権の象徴が下ろされ”. 英国放送協会. (2022年9月20日). オリジナルの2022年9月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220928014955/https://www.bbc.com/japanese/video-62964715 2022年10月10日閲覧。 
  206. ^ a b Order of Service for The Committal of Her Majesty Queen Elizabeth II”. The Royal Family. 2022年9月18日閲覧。
  207. ^ a b c d The order of service for Queen's committal at St George's Chapel at Windsor Castle”. BBC News (2022年9月19日). 2022年9月19日閲覧。
  208. ^ Queen Elizabeth II's personal touches in plans for funeral day”. BBC News (2022年9月15日). 2022年9月15日閲覧。
  209. ^ The State Funeral for Her Majesty The Queen”. The Royal Family (2022年9月19日). 2022年9月19日閲覧。
  210. ^ “エリザベス女王の国葬 ひつぎはウィンザー城内の礼拝堂に埋葬”. 日本放送協会. (2022年9月20日). オリジナルの2022年9月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220929164505/https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220920/k10013826991000.html 2022年10月12日閲覧。 
  211. ^ a b c McTaggart, India; Rayner, Gordon (2022年9月17日). “Heart of oak − international spotlight on Queen Elizabeth's coffin”. The Daily Telegraph. オリジナルの2022年9月18日時点におけるアーカイブ。. https://archive.today/a2knG 2022年9月18日閲覧. "So much time has passed from its manufacture, however, that the coffin has passed through the hands of two funeral companies since then and the precise date of its creation has been lost." 
  212. ^ a b c Low, Valentine (2022年9月12日). “The Queen's oak coffin was ready 30 years ago”. The Times. オリジナルの2022年9月12日時点におけるアーカイブ。. https://archive.today/S6pYz 2022年9月18日閲覧。 
  213. ^ Extra officers drafted in to police London ahead of the Queen's funeral”. BBC News (2022年9月11日). 2022年9月12日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月11日閲覧。
  214. ^ Blakey, Ashlie (2022年9月19日). “Security operation for the Queen's funeral is 'biggest the UK has ever seen'” (英語). Manchester Evening News. 2022年9月24日閲覧。
  215. ^ a b “The Queen's Funeral Sets Off the Biggest UK Police Operation Ever”. Wired UK. ISSN 1357-0978. https://www.wired.co.uk/article/queen-elizabeth-ii-funeral-details-security 2022年9月18日閲覧。. 
  216. ^ Queen Elizabeth II: Mounted police and drone patrols in Windsor”. BBC News (2022年9月12日). 2022年9月12日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月12日閲覧。
  217. ^ Queen Elizabeth II: Water patrols introduced ahead of committal in Windsor”. BBC News (2022年9月13日). 2022年9月13日閲覧。
  218. ^ Queen Elizabeth II: 'Largest ever operation' to police Windsor Castle”. BBC News (2022年9月14日). 2022年9月14日閲覧。
  219. ^ Jordan, Mary; Sullivan, Kevin (2022年9月16日). “Queen Elizabeth II's funeral: U.K.'s biggest security detail post-WWII”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/world/2022/09/16/funeral-security-queen-elizabeth/ 2022年9月19日閲覧。 
  220. ^ a b c Sandford, Daniel (2022年9月14日). “Police take to rooftops and manholes ahead of funeral for massive security operation”. BBC News. 2022年9月14日閲覧。
  221. ^ a b “エリザベス女王国葬の海外からの主な参列者/一覧”. 日刊スポーツ. (2022年9月20日). オリジナルの2022年10月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20221003164417/https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/202209200000063.html 2022年10月12日閲覧。 
  222. ^ Your complete guide to the Queen's funeral”. BBC News (2022年9月19日). 2022年9月19日閲覧。
  223. ^ Queen's funeral guests: Who's coming and who's not?”. BBC News (2022年9月13日). 2022年9月13日閲覧。
  224. ^ 皇室のご活動 > 天皇皇后両陛下のご日程 > 英国ご訪問(令和4年)”. 宮内庁 (2022年9月16日). 2023年5月19日閲覧。
  225. ^ エリザベス女王 国葬 天皇陛下らご臨席”. 産経新聞 (2022年9月19日). 2023年5月19日閲覧。
  226. ^ 天皇皇后両陛下 エリザベス女王国葬参列 ~皇室と英王室の絆~”. 日本放送協会 (2022年9月22日). 2023年5月19日閲覧。
  227. ^ Foreign dignitaries must share buses to travel to the Queen's funeral”. The Guardian (2022年9月11日). 2022年9月13日閲覧。
  228. ^ バスで移動、自家用機は自粛を 女王国葬控え各国に要請―英”. 時事通信社. 2022年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月24日閲覧。
  229. ^ Jenny Gross (2022年9月14日). “The queen's funeral will be paid for by British taxpayers”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2022/09/14/world/europe/queen-funeral-costs.html 2022年9月15日閲覧。 
  230. ^ Isabella McRae (2022年9月13日). “How much will the Queen's funeral cost?”. The Big Issue. https://www.bigissue.com/news/social-justice/how-much-queens-funeral-cost/ 2022年9月15日閲覧。 
  231. ^ a b UK and world react to death of Queen Elizabeth II”. BBC News. 2022年9月8日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月8日閲覧。
  232. ^ Reichard, Ryan (2022年9月8日). “Late Queen Elizabeth II Mourned on Social Media: See Twitter Reactions to Her Majesty's Death”. PopCrush. 2022年9月8日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年9月8日閲覧。
  233. ^ @DanTaekema (2022年9月8日). "The flag at the Peace Tower on Parliament Hill is now flying at half-mast to mark the passing of Queen Elizabeth II". X(旧Twitter)より2022年9月9日閲覧
  234. ^ Wang, Amy (2022年9月8日). “Pelosi orders Capitol flags to be flown at half-staff after queen's death”. The Washington Post. オリジナルの2022年9月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220908151529/https://www.washingtonpost.com/world/2022/09/08/queen-elizabeth-ii/ 2022年9月8日閲覧。 
  235. ^ @POTUS (2022年9月8日). "Our statement on the death of Queen Elizabeth II". 2022年9月8日時点のオリジナルよりアーカイブX(旧Twitter)より2022年9月8日閲覧 [self-published]
  236. ^ US Presidents React to News of Queen Elizabeth's Death: 'She Defined An Era'” (英語). Peoplemag. 2022年9月8日閲覧。
  237. ^ House, The White (2022年9月8日). “A Proclamation on the Death of Queen Elizabeth II” (英語). The White House. 2022年9月8日閲覧。
  238. ^ Dunn, Casey (2013年10月9日). “The Color of Royalty, Bestowed by Science and Snails” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2013/10/09/science/the-color-of-royalty-bestowed-by-science-and-snails.html 2020年4月4日閲覧。 
  239. ^ English Funeral and mourning clothing”. ox.ac.uk. 2022年9月9日閲覧。
  240. ^ Royal Pavilion in Brighton lit up in memory of Queen Elizabeth II”. www.theargus.co.uk. 2022年9月8日閲覧。
  241. ^ “【速報】天皇陛下が「お気持ち」を発表 エリザベス女王崩御に際して<文書全文>”, TBS, (2022-09-09), https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/148416?display=1 2022年9月17日閲覧。 
  242. ^ “英国エリザベス二世女王陛下の崩御に際しての天皇皇后両陛下のお気持ちとしての御服喪”, 宮内庁, (2022-09-10), https://www.kunaicho.go.jp/news/okimochi-fukumo.html 2022年9月17日閲覧。 
  243. ^ “英国女王エリザベス2世陛下崩御に伴う御服喪について”, 宮内庁, (2022-09-10), https://www.kunaicho.go.jp/kunaicho/koho/kohyo/kohyo-r04-0910.html 2022年9月17日閲覧。 
  244. ^ “令和4年9月9日 エリザベス二世女王陛下の崩御に関する岸田内閣総理大臣の談話”, 内閣総理大臣官邸, (2022-09-09), https://www.kantei.go.jp/jp/101_kishida/discourse/20220909message.html 2022年9月17日閲覧。 
  245. ^ “令和4年9月9日 エリザベス二世女王陛下の崩御に伴う弔問”, 内閣総理大臣官邸, (2022-09-09), https://www.kantei.go.jp/jp/101_kishida/actions/202209/09choumon.html 2022年9月17日閲覧。 

関連項目

[編集]