第26回気候変動枠組条約締約国会議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第26回気候変動枠組条約締約国会議
COP26 Logo.png
日付2021年10月31日 – 11月13日 (2021-10-31 – 2021-11-13)
場所スコットランドの旗SEC Centre / 英国スコットランド グラスゴー
別名COP26 (UNFCCC)
CMP16 (京都議定書)
CMA3 (パリ協定)
関係者UNFCCC締約国
前回COP25
議長アロック・シャルマ
ウェブサイトhttps://ukcop26.org/

COP26としても知られる第26回気候変動枠組条約締約国会議(だい26かいきこうへんどうわくぐみじょうやくていやくこくかいぎ、COP26 : United Nations Climate Change conference)は、2020年11月9日から11月20日の日程で英国スコットランドグラスゴーで開催を予定されていたが、後述の通り、コロナ禍のため2021年に延期された。この会議には、国連気候変動枠組条約第26回締約国会議、京都議定書の第16回締約国会議、パリ協定の第3回締約国会議が組み込まれる。

新型コロナウイルス感染症の世界的流行により世界的に人々の移動が厳しく制限されるようになった2020年4月1日、イギリス政府はCOP26の2021年への延期を決め[1]5月28日に開催日程を2021年11月1日から12日までとすると発表した[2]

主な合意[編集]

日本国内閣総理大臣岸田文雄オーストラリア連邦首相Scott Morrison

森林破壊[編集]

世界の森林面積の85%を占める100か国以上(カナダロシア連邦アメリカ合衆国[3]コンゴ民主共和国など)が2030年までに終了することで合意。

パリ協定 (Article 6)[編集]

金融[編集]

気候変動適応策地球温暖化対策は同意の主要なトピックとなった。パリ協定では2020年までに発展途上国のために1000億米ドルの拠出に合意[4]。しかし、裕福な国家がそれに応えることに失敗。OECD参加国が2023年までに合意する可能性は低い[5]

石炭[編集]

南アフリカ共和国石炭依存解消のために85億ドルを受け取ることとなった。チリポーランドウクライナ大韓民国インドネシアおよびベトナムは2030年代までに石炭の利用を終了することを宣言。ただし、アメリカ合衆国中華人民共和国インドといった主要利用国は同意に至っていない[6] [7]

メタン[編集]

メタン (CH4) の排出量削減に米国その他の国家が同意[8]。80か国以上が2030年までに30%削減することに署名。

脚注[編集]

外部リンク[編集]