ニコラ・スタージョン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
The Right Honourable
ニコラ・スタージョン
MSP
Nicola Sturgeon SNP Conference (cropped).jpg
スコットランド首相
就任
2014年11月20日
君主Elizabeth II
代理官John Swinney
前任者Alex Salmond
スコットランド国民党党首
就任
2014年11月14日
代理官Stewart Hosie
Angus Robertson
Keith Brown
前任者Alex Salmond
スコットランド副首相
任期
2007年5月17日 – 2014年11月20日
州首相Alex Salmond
前任者Nicol Stephen
後任者John Swinney
Cabinet Secretary for Infrastructure, Investment and Cities
任期
2012年9月5日 – 2014年11月19日
州首相Alex Salmond
前任者Alex Neil
後任者Keith Brown
Cabinet Secretary for Health and Wellbeing
任期
2007年5月17日 – 2012年9月5日
州首相Alex Salmond
前任者Andy Kerr
後任者 Alex Neil
Deputy Leader of the
スコットランド国民党
任期
2004年9月3日 – 2014年11月14日
指導者Alex Salmond
前任者Roseanna Cunningham
後任者Stewart Hosie
Member of the Scottish Parliament
for Glasgow Southside
Glasgow Govan (2007–2011)
就任
2007年5月3日
前任者Gordon Jackson
得票差9,593 (38.5%)
Member of the Scottish Parliament
for Glasgow
(1 of 7 Regional MSPs)
任期
1999年5月6日 – 2007年5月3日
前任者Constituency established
後任者Bob Doris
個人情報
生誕Nicola Ferguson Sturgeon
(1970-07-19) 1970年7月19日(50歳)
スコットランドの旗 スコットランドアーバイン
政党スコットランド国民党
配偶者
Peter Murrell (m. 2010)
  • Robin Sturgeon
  • Joan Kerr Ferguson
住居ビュート・ハウス
出身校グラスゴー大学
署名
公式サイトFirst Minister of Scotland

ニコラ・スタージョン英語: Nicola Sturgeon1970年7月19日 - )は、スコットランドの政治家、フェミニスト。

経歴[編集]

アーバイン生まれ。16歳のときスコットランド国民党に入党し、以来スコットランド独立を訴え続けている。グラスゴー大学を卒業、事務弁護士として法律事務所に勤務した。1999年スコットランド議会議員に初当選した[1]

スコットランド自治政府副首相[2]、スコットランド国民党副党首を経て、2014年11月よりスコットランド自治政府首相、スコットランド国民党党首。

主張[編集]

2019年7月にイギリス首相に就任したボリス・ジョンソンが推し進めるブレグジット計画については、スコットランドの経済に有害との立場を取っており、スコットランド独立の是非を問う2回目の住民投票実施に向けた準備をすると警告している[3]

脚注[編集]

  1. ^ “Biography”. Scottish National Party. オリジナルの2014年9月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140921200028/http://www.snp.org/people/nicola-sturgeon 2014年9月25日閲覧。 
  2. ^ “スコットランド民族党の次期党首にスタージョン氏が名乗り”. AFPBB. (2014年9月24日). http://www.afpbb.com/articles/-/3026922 2014年9月25日閲覧。 
  3. ^ ジョンソン英首相、スコットランド訪問で公衆からブーイング”. 朝日新聞デジタル (2019年7月30日). 2019年7月30日閲覧。
[脚注の使い方]

外部リンク[編集]

先代:
アレックス・サモンド
スコットランド自治政府首相
2014年 -
次代:
-