銃殺刑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エドゥアール・マネ作『皇帝マキシミリアンの処刑』。 メキシコ皇帝マクシミリアンは1867年失脚し銃殺刑に処された。「顔だけは撃たないでくれ」と銃殺隊員のメキシコ兵に金貨を配ったが、逆に狙い撃ちにされたという

銃殺刑(じゅうさつけい、銃殺隊による処刑、Execution by firing squad)は死刑の方法の一つであり、特に戦時において一般的な処刑方法である。

概要[編集]

銃殺刑には軍法に基づいて開かれた軍法会議による判決によって行われる銃殺刑と通常の刑法に基づいて開かれた裁判による判決によって行われる銃殺刑がある。現在では通常の刑法による刑事罰として銃殺刑を採用している国は非常に少ない。

EU加盟国は通常犯罪に関する死刑制度は全加盟国が廃止しているが、戦時の際の死刑については権利として認められていることから、軍法上の銃殺刑が存続している国もある。しかし、EU加盟国でこの権利を根拠とした銃殺刑が実施された事例は今のところない。近年は、戦時や軍法からも死刑を廃止する国が増えている。

銃殺刑は軍法違反者への最高刑罰であり、銃殺刑は軍人に対する最も一般的な死刑である。銃殺刑になった軍人は戦死とは扱われず給料も支払われず遺族への年金も支給されない。また戦死者が埋葬される国営墓地などにも入れない。旧日本軍においては銃殺刑になった軍人は靖国神社に祀られなかった。一方、上級階級の軍人を辱める処刑を行う際には、銃殺刑ではなく絞首刑が用いられた。第二次世界大戦後、連合国は戦犯とされた枢軸国側の主な軍人の処刑には絞首刑を用い、「何故、銃殺の名誉を与えないのか」などと批判された(本間雅晴は、軍人としての名誉を重んじられ、軍服着用を認められた上で銃殺刑に処されているが、山下奉文は囚人服姿で絞首刑にされている)。またヒトラーも暗殺計画に関わった軍人を絞首刑などに処している。ポーランドソビエト連邦デンマークノルウェーなどでは第二次世界大戦後の戦争犯罪者の処刑に銃殺を用いていた。

この他、ナチス・ドイツにおいては、処刑方法として銃殺刑以外にギロチンによる斬首や絞首刑が行われていた(ナチス政権下では銃殺刑よりも絞首刑の方が残酷極まりない刑罰との考え方があったため、自分が絞首刑になると聞いて銃殺刑を願うが通らず服毒自殺したヘルマン・ゲーリングなどの幹部がいる)。スターリン時代の大粛清においても銃殺刑が用いられており(ただし、厳密にいえばこれは拳銃で後頭部を撃ち抜く射殺Execution by shooting)にあたり、死刑執行を停止した近年までロシアにおいて行われていた)、恐怖政治の象徴として認識される側面もある。

軍法による銃殺刑は自国の軍人だけでなくゲリラ活動を行った者などに対しても行われる。ゲリラや、占領地で反抗的な行動をした(と事実の如何に関らず占領地の軍が判断した場合も含む)住民に対して見せしめとして公開処刑で執行される場合もあるが、このような行為は国際条約違反であり、条約批准国の軍人が行えば軍法会議によって重い刑罰を科せられ、銃殺刑になる場合もある。また、条約を批准していない国の軍人が行った場合でも交戦国が条約批准国だった場合には相手国の軍法会議によって銃殺刑にされる場合がある。

また、中国北朝鮮などでは、軍隊が司法警察権司法裁判権を持っている(逮捕、裁判、刑執行を全て軍隊が行ってしまう)場合があり、軍隊が逮捕し軍法会議によって死刑判決が出た場合に銃殺刑を用いている。銃殺刑においてしばしば公開処刑としていることが多く、国家権力が犯罪抑止の一環として行うケースも見られる。

銃殺隊[編集]

1914年10月の新聞から、第一次大戦時、目隠しして壁に立ち、ベルギー軍銃殺隊に処刑されるドイツのスパイ。実際には、新聞記者がスパイ役となり再現した写真であったが、スパイの処刑を描いた写真として戦時下広く流布した[1]

銃殺隊(firing squad)は数人の兵士で構成され、刑の対象となる人物に向けて同時に射撃を行うことにより刑が執行される。数人が一斉射撃することにより、一人で射撃する場合(銃殺射殺)に伴う射殺失敗を防ぐことが出来、また銃殺隊のうち誰が致命傷となる弾丸を撃ったのか分からなくて済む[2]という効果もある。

処刑される人物は、通常、目隠しを顔に巻きつけられたり、頭にフードをかぶせられたりする。あるいは動けない様に縛られるなど拘束される。銃殺隊の前に立たされることもあれば、座ったまま射殺されることもある。

場合によっては、銃殺隊のうち一人だけに、実包の代わりに空包を装填したが渡されることがあるが、誰に空包入りの銃が渡されたかは決して明らかにされない。これは銃殺隊の一人ひとりの心の負担や罪悪感を軽くし、処刑に当たって隊員が動揺するなどの事態を防ぐためとされている。銃殺隊員たちは処刑後に「自分の銃は空砲だったかもしれない、自分は殺さなかったかもしれない」と考えることができ、他の隊員に責任転嫁をすることもできる[3]。もっとも、射撃に熟練した兵士は反動の大小で実包と空包の違いを判断することは出来るが、後々の心理的な利益のために射撃時の反動に注意を払わなかったり、後で「あの反動は空包のものだった」と思い込んだりすることがある。

銃殺隊による銃殺刑は、銃による他の処刑、たとえば拳銃で首の後ろを撃つ射殺などとは区別される。しかし、こうした拳銃によるとどめの一撃(クー・デ・グラース、coup de grâce)は銃殺隊による銃殺と共に使われることがある。例えば、銃殺隊の一斉射撃で即死していなかった場合、拳銃で止めが刺されるほか、一斉射撃の後で処刑を確実なものとするため銃殺隊長が必ず拳銃で止めを刺す場合もある。

銃殺刑の対象[編集]

銃殺刑は、普通は戦時の敵国工作員処刑に適用される。また敵国のゲリラパルチザンに対して現地軍が執行する場合もある。

銃殺刑は軍法会議において、敵前逃亡など臆病な行為(cowardice)・脱走(desertion)・反抗(mutiny)など重大な軍規違反に対して、最高刑または懲戒の意味で言い渡される。また兵士による犯罪、例えば殺人や強姦などでも銃殺刑の判決が適用される。

銃殺刑は政治犯や間諜(スパイ)に対し執行されることもある。

アメリカ軍の銃殺刑[編集]

現代のアメリカ軍では死刑を注射刑としており軍法上も銃殺刑は無い。

1976年以降軍法会議にて死刑判決を受けているのは7名しかおらず、死刑執行は1961年4月以来行われていない。1961年4月に行われた最後の死刑執行は強姦と計画殺人未遂罪であり絞首刑が執行された[4]

旧日本軍の銃殺刑[編集]

旧日本軍における死刑の執行は銃殺刑であった。すなわち陸軍刑法21条に「陸軍ニ於テ死刑ヲ執行スルトキハ陸軍法衙ヲ管轄スル長官ノ定ムル場所ニ於テ銃殺ス」。 海軍もこれに準じて、海軍刑法16条に「海軍ニ於テ死刑ヲ執行スルトキハ海軍法衙ヲ管轄スル長官ノ定ムル場所ニ於テ銃殺ス」。その方法は、処刑者の眼を布で縛るか、顔全体を覆う麻袋を頭から被せた上で立たせこれに対し将校または下士官の指揮する1部隊の一斉射撃を以てされた。

軍隊以外に適用される銃殺刑[編集]

現在ほとんどの先進国では銃殺刑が残酷だという理由で行われなくなったが、途上国では現在も処刑法として銃殺刑が効率面から採用されている。

中華人民共和国[編集]

21世紀初頭現在の中華人民共和国では世界で最も多くの死刑が執行されており、一般犯罪者の死刑執行に銃殺が行われる場合があり、まれに一般公開もされていた。2007年以降、中国での銃殺刑の公開処刑が世界的に非難されたため、現在は非公開で執行されている。受刑者は後ろ手に縛られ、身動きが出来ないように二人がかりで座らせられた後、後ろからライフル銃で後頭部または胸部を撃たれて処刑される。

アメリカ合衆国[編集]

アメリカ合衆国成立後、およびその独立前、1608年から1987年までに142人が判決で銃殺刑に処されたとされる[5]。多くは南北戦争時の脱走兵やスパイだが、一部は軍人ではなく一般の犯罪者である。ユタ州では長年死刑に銃殺刑が使われ、志願した5人の警官により銃殺隊が組織されていた。2004年に銃殺刑を禁ずる州法が成立したが、それ以前に銃殺刑の判決を受けた死刑囚には遡及しないため、1985年に死刑判決を受け、銃殺刑を求めていたロニー・ガードナー死刑囚に対して、2010年6月18日1996年以来14年ぶりに執行された[6][7]。その他、アイダホ州オクラホマ州では未だ銃殺刑は適用可能だが、現在では薬物注射による処刑(薬殺刑、注射刑)が主流であり、銃殺刑は万一の場合のバックアップとして規定されているに過ぎない。しかし、薬殺刑は失敗すると死刑囚に多くの苦しみを与えることから、死刑賛成の立場からは銃殺刑を復活させようとの意見が聞かれる事がある[8]

タイ王国[編集]

タイノンタブリー県にある重罪犯専用のバンクワン刑務所にはタイ唯一の処刑場があり、斬首刑が廃止された1935年から薬殺刑が導入された2003年まで銃殺刑が行われていた。H&K MP5(ドイツ製短機関銃)及びライフル銃が使用され、死刑囚に目隠しをして十字架に対面させ、両手・両足・胴を拘束し背後から射撃するというものだった。

サウジアラビア[編集]

サウジアラビアでは現在でも死刑の執行方法として銃殺刑があり、死刑執行人によって行われている。その方法は死刑囚の頭に袋をかぶせ、アラーアクバルと唱えながら頭に銃口が触れるほどの至近距離から頭を打ち抜く公開処刑であり、この様子は国営放送で生放送されている。

銃殺によって処刑された有名人物[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.greatwardifferent.com/Great_War/Belgium/Belgium_War_Reporters_01.htm
  2. ^ 実際は、致命傷となった弾丸の施条痕を調べれば誰が撃ったかが分かってしまうが、そのような調査が行われることは通常は無い。
  3. ^ そのため、銃殺された者の遺族などによる銃殺の責任追及が困難になる原因にもなっている。
  4. ^ http://www.deathpenaltyinfo.org/executions-military
  5. ^ M. Watt Espy と John Ortiz Smylka の共著、Executions in the U.S. 1608-1987 による
  6. ^ 米国で14年ぶり銃殺刑、射撃手5人が一斉発射 読売新聞 2010年6月18日21時46分
  7. ^ 米ユタ州で銃殺による死刑執行 AFPBB NEWS 2010年06月18日 17:52
  8. ^ 石紀美子 (2014年5月20日). “のたうちまわる死刑囚、中止された凄惨な薬殺刑 死刑のあり方をめぐって米国で議論が白熱”. 日本ビジネスプレス. http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/40711 2014年5月25日閲覧。 

外部リンク[編集]