バンクワン刑務所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バンクワン刑務所英語: Bangwang Central Prison)はタイノンタブリー県にある重罪受刑者ばかりを収容する刑務所。約4,500人を収容する。

ここは外国人を収容する刑務所でもあり、2007年時点において8人の日本人も収容されている。

同刑務所内にはタイ唯一の処刑場がある[1]。1935年、斬首刑に代わって銃殺刑が導入された。ドイツ製のH&K MP5及びライフル銃が使用され、死刑囚に目隠しをして十字架に対面させ、両手、両足、胴を拘束し背後から射撃する。銃殺刑は約68年間続き、2003年に薬殺刑に切り替わった。

交通[編集]

チャオプラヤー・エクスプレス終点「ノンタブリー」船乗り場を背に40m直進し、食堂のある一つ目の角を左折し、直進して右側。

面会時間は、月曜日と水曜日の9:00~11:30、13:00~14:30。日本人の収容先はビルディング2。面会者の人数分の収容者と面会できる。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]