ゲイリー・ギルモア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゲイリー・マーク・ギルモア
Gary Mark Gilmore
生誕 1940年12月4日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国テキサス州ウェーコ
死没 1977年1月17日(満36歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ユタ州ドレイパー
罪名 第二級殺人
有罪判決 殺人罪
刑罰 死刑
現況 死没
配偶者

ゲイリー・マーク・ギルモア(Gary Mark Gilmore、1940年12月4日 - 1977年1月17日)は、アメリカ犯罪者、元死刑囚1976年に弁護士を通じて死刑を要求し全米から注目されるなか執行される。当時、死刑の廃止の潮流にあったアメリカの流れを変えるきっかけになった。

生涯[編集]

1940年、テキサス州ウェーコに四人兄弟の次男として生まれる。両親は不仲で家庭内暴力が絶えない環境で成長する。10歳で盗みを始めて犯罪をしては逮捕されるのを繰り返した。高い知能と絵の才能があったにもかかわらず感化院、州刑務所、連邦刑務所と人生の半分以上を塀の中で過ごす。獄中でも凶暴で独房に頻繁に放り込まれ他の囚人に重傷を負わせたこともあった。強盗罪で有罪となり、11年の刑期を終えた1976年4月に出所後、ユタ州オレゴンに住む。そこで恋人と同棲を始めるが、またしても盗みを繰り返したため愛想を尽かされて出て行かれてしまう。

7月19日、鬱憤が溜まって町をドライブしていた時、衝動的にガソリンスタンドを襲い強盗を働いた後、店員を射殺した。翌日もモーテルを襲い管理人を射殺した。この時の目撃者が元で逮捕された。

10月の裁判では有罪となり、死刑を宣告された。ユタ州の死刑制度では死刑囚は執行形式を銃殺刑絞首刑かのいずれかを選択することが出来るため、ギルモアは銃殺刑を選んだ。アメリカでは1967年の死刑制度再検討のためのモラトリアム実施以来、世界的な死刑廃止の潮流の高まりもあって死刑執行が停止されており、アメリカにおいても死刑廃止がいよいよ現実味を帯び始めたところだった。

ところが、これ以上の刑務所生活を望まないギルモアは新たに弁護士を雇い「死刑にされる権利」を州知事に要求する。しかし叶わなかったことから恋人と同時刻に睡眠薬を飲み自殺を図るが失敗した。この頃には世界中のマスコミの注目の的になっており、ワシントンD.C.で開かれた死刑制度に関する連邦議会の公聴会にも証人として出席し、いくつかの意見を述べている。

家族や死刑廃止団体が最後まで説得したものの、ギルモアは嘲笑し聞く耳を持たず、最終的には権利を勝ち取った。執行前にはハンガーストライキを行い、1977年1月17日、本人の希望どおりに複数の銃撃者により処刑された。

死後[編集]

  • その後、アメリカでは死刑が再開されるようになった。
  • 生前、獄中インタビューをした作家ノーマン・メイラーは『死刑執行人の歌』を執筆。ピューリッツアー賞を受賞した。
  • 末弟マイケル・ギルモアは、音楽ライターとなり、自身の一族の物語『心臓を貫かれて』を発表し話題を呼んだ。他の兄弟とともに、一族の血を後世に残す気がないために子供をつくらなかった。

関連作品[編集]

外部リンク[編集]