杉本良吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

杉本 良吉(すぎもと りょうきち、1907年2月9日 - 1939年10月20日)は、演出家。本名は吉田好正。女優の岡田嘉子ロシア亡命し、スパイ容疑で銃殺刑に処せられた。

人物・来歴[編集]

東京生まれ。東京府立第一中学校卒業。1924年4月 北海道帝国大学農学部予科に入学するも中退、1925年4月 早稲田大学文学部露文科に入学するも同じく中退。1927年から前衛座などのプロレタリア演劇の演出に当たる。同年、知り合いのロシア人の家でダンスホールに勤める杉山智恵子と知り合い、のちに結婚する。1935年新協劇団に入り、1937年『北東の風』(久板栄二郎)などを演出する。

日本共産党員であり、1938年1月3日に、妻を置いて女優岡田嘉子と共に樺太国境北緯50度線)を越えてソ連(現在のロシア)へ亡命した[1]。しかし、時は大粛清の只中であり、杉本と岡田はスパイとして捕らえられた。杉本はソ連在住だった演出家の佐野碩土方与志を頼るつもりであったといわれる。だが佐野と土方の二人は前年の8月に大粛清に巻き込まれて国外追放処分になっていたが、杉本はそれを知らなかった。この点について、千田是也は「自分たちの新築地劇団のグループは前年9月にその事実を知っていたが、当時新築地劇団と演劇理論などで対立していた新協劇団の杉本はこの事実を知らなかった」と後に述懐している[1]。逆にソ連当局の拷問を伴った取り調べに「自分はメイエルホリドに会いに来たスパイで、メイエルホリドの助手である佐野もスパイである」という虚偽の供述を強要された。杉本は後の軍事法廷ではこの供述を虚偽と語り、「そのような嘘をついたことを恥ずかしく思う」と述べた(武田、2000年および下記外部リンク参照)が、スパイ容疑で1939年銃殺刑に処せられた。ソ連崩壊後に明らかにされたメイエルホリドの供述調書では佐野の名前は頻出するが、杉本(本名である吉田)の名前はほとんど出ておらず、起訴状にもスパイ容疑を「裏付ける」供述者4人の1人として記されているに過ぎない。この点に関してメイエルホリド研究者の武田清は「杉本の強制自白がメイエルホリド粛清の口実になった」という名越健郎の見解を否定し、メイエルホリドが粛清の対象であることは何年も前からスターリンの方針であり、たまたま日ソ関係が最悪の時期に密入国してメイエルホリドや彼と結びつく佐野の名前を口にした杉本がその「最後の仕上げに利用されただけ」だと記している[2]

1959年名誉回復。しかし銃殺されたことは長らく日本では知られておらず、病死とされてきた。グラスノスチの進行の結果、ようやく知られるようになった。ただし、岡田嘉子は1972年の日本への「里帰り」以前にこの事実を知っていたのは確実であると、岡田の没後に現地で調査・取材をおこなったテレビディレクターの今野勉は述べている[3]

家族[編集]

妻・智恵子は足利出身。地元ではマドンナと呼ばれるほどの美人だった。実家の没落で小学校卒業と同時に郵便局に勤め、のちに一家で上京。親戚の土建会社に勤めるかたわら、弟(文芸評論家の杉山英樹)の学費を稼ぐため夜はダンスホールで働いていたところ、同僚のロシア人を通じて、当時前進座のメンバーだった良吉と知り合う。良吉の白いルパシカ姿にひと目惚れし、良吉も智恵子会いたさに翻訳業に精を出し足繁く智恵子の店に通った。二人ともクリスチャンであったことから急速に親しくなり、結婚。良吉が岡田と出奔後、31歳の若さで死亡。[4]

関連項目[編集]

著書[編集]

  • 現代演劇論 高橋健二共著 天人社, 1930
  • 演出者の手記 杉本良吉演劇論集 菅井幸雄編 新日本出版社, 1980

翻訳[編集]

  • 労農ロシヤ戯曲集 労農ロシヤ文学叢書 マルクス書房, 1929
  • 巡洋艦ザリヤー ベ・ラヴレニヨフ マルクス書房, 1930
  • 共産大学生の日記 オグニヨフ 叢文閣, 1930
  • マルチンの犯罪 ヴェ・パフメーチェフ 鉄塔書院, 1931
  • 鋼鉄はいかに鍛へられたか 第1部 エヌ・ア・オストロフスキイ ナウカ社, 1936
  • エゴール・ブルィチョフ ゴーリキイ 改造社, 1937
  • すばらしい合金・風の街 ヴエ・エム・キルション 改造社, 1937

参考文献[編集]

  • 岡田嘉子 『悔いなき命を』 広済堂、1973年(1999年に日本図書センターより再刊)。
  • 加藤哲郎 『国民国家のエルゴロジー』 平凡社 1994年(『国境を越えるユートピア』に改題の上2002年平凡社ライブラリーに収録)。
  • 今野勉「岡田嘉子の失われた十年」『中央公論』1994年10月号
  • 武田清「「メイエルホリドの暗い環Ⅱ-そこにはいなかった佐野碩の影-」『大正演劇研究』第8号、明治大学大正演劇研究会、2000年[2]
  • 名越越郎『クレムリン秘密文書は語る』中公新書、1994年
  • 杉山直樹 『血をわたる』 自由国民社、2011年2月10日 ISBN978-4-426-10888-5
  • 長太三『杉山智恵子: 杉本良吉の妻の生涯』1998年

脚注[編集]

  1. ^ この件について、のちに宮本顕治が、「小林多喜二とその戦友たち」(『文化評論』1973年5月号)で、1932年に、今村恒夫と杉本をコミンテルンとの連絡のためにソ連へ派遣しようという計画があり、二人は小樽まで行ったが、船がうまく調達できずに引き返したことがあったと語っている。
  2. ^ 武田、2000年
  3. ^ 朝日新聞be編集グループ『またまたサザエさんをさがして』朝日新聞社、2007年、p136
  4. ^ 両毛新聞掲載「私のノート」より 杉山直樹(弟英樹の息子)

外部リンク[編集]