アルブレヒト・メルツ・フォン・クイルンハイム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルプレヒト・リッター(騎士)・メルツ・フォン・クイルンハイムAlbrecht Ritter Mertz von Quirnheim, 1905年3月25日 - 1944年7月21日)は、第二次大戦中のナチス・ドイツ軍人。最終階級は大佐ドイツ語では「クヴィルンハイム」とも読む。ヒトラー暗殺計画に参加したが、失敗し処刑された。

生い立ち[編集]

父親はバイエルン王国軍参謀部の大尉で、後に国立公文書館総裁を務めたヘルマン・メルツ・フォン・クイルンハイムミュンヘンに生まれる。父の国立公文書館総裁就任に伴い、1919年にポツダムに引っ越す。この当時すでに、のちにヒトラー暗殺計画で協力関係となるヴェルナー・フォン・ヘフテンと知り合った。ギムナジウムを卒業し、アビトゥーア合格後の1923年にヴァイマル共和国軍に入り、士官候補生となる。1925年以降、クラウス・フォン・シュタウフェンベルクの友人になる。1928年に少尉に任官。1931年に中尉に昇進。

ナチスの権力掌握を当初歓迎していたが、次第にその反対者になっていった。1935年大尉に昇進。第二次世界大戦中の1940年に少佐、1942年に中佐に昇進。戦争当初は参謀本部組織部参謀を務めていたが、1941年、ドイツ軍占領地住民の人道的取扱いを要求して、東方占領地相アルフレート・ローゼンベルクやウクライナ総督エーリヒ・コッホと衝突した。1942年、義兄弟のヴィルヘルム・ディークマンを通じて反ヒトラー運動に参加する。同年東部戦線へ転属して第24軍団参謀長となる。翌年大佐に昇進し、結婚する。

ベルリン・ベンドラーブロックにあるクヴィルンハイムらの記念碑

1944年クラウス・フォン・シュタウフェンベルク大佐の後任としてフリードリヒ・オルブリヒト将軍の参謀長(Chef des Stabes im Allgemeinen Heeresamt)となる。1944年7月15日にシュタウフェンベルクはオストプロイセンの総統大本営ヴォルフスシャンツェ」でヒトラー暗殺のために作戦会議室へ向かうが当日の会議は既に終了してしまっていた。

5日後の7月20日に再度、計画を実行したシュタウフェンベルクから暗殺成功の連絡を受け、オルブリヒト将軍はクイルンハイムに「ワルキューレ作戦」発令のテレタイプ発信を命令する。これを受けてパリでは予定通りに親衛隊幹部が拘束された。

しかし、ヒトラー暗殺計画は失敗し、クイルンハイムはシュタウフェンベルク、オルプリヒト、ヴェルナー・フォン・ヘフテン中尉とともに国内予備軍司令官フリードリヒ・フロム将軍に逮捕され、7月21日の午前0時過ぎにベルリンの国内予備軍司令部の中庭(Bendlerblock)で銃殺された。仮埋葬されていた遺体はハインリヒ・ヒムラーの命により掘り返され、焼却され遺灰は撒かれた。両親と姉妹も逮捕されたうえ、義兄弟のディークマンは9月にゲシュタポにより射殺された。

外部リンク[編集]