王凌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「王淩」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。

王 凌(おう りょう、172年 - 251年)は、中国後漢末期から三国時代の武将。に仕えた。彦雲并州太原郡祁県(現・山西省晋中市太谷県)の人。父は王宏[1]。叔父は王允。兄は王晨。子は王広・王飛梟・王金虎・王明山[2]

略歴[編集]

同僚の蒋済は王凌のことを、文武を兼ね備えた人物だと評した。

192年、叔父がらによって殺害されると、兄と共に城壁を乗り越えて、郷里に逃げ戻った。後に孝廉へ推挙され、発干県長・中山太守を歴任した。やがて曹操に認められ、中央に出仕した。

222年呂範との戦いの功績で、建武将軍となり宜城亭侯に封じられた。

228年石亭の戦いでは負け戦となったが、王凌が奮戦して敵の包囲を破ったので、曹休を逃がすことができた。

王凌は統治能力に優れていたため、兗州青州豫州揚州刺史になった。また人民は王凌の統治を称賛している。特に、王基と共に荒廃した青州の政治を立て直した時は、民から非常に称えられた。満寵とは意見が対立したため、その失脚を狙ったが失敗したという。呉の武将の孫布が魏への降伏を申し出た際には、満寵が偽装降伏であると見抜いたが、王凌はそれに従わず孫布を迎えに行くために出兵し、大敗した。

241年、王凌は呉の全琮を撃退し、秦晃を戦死させた。この功績により南郷侯に爵位が進み、車騎将軍となった。その後、三公司空太尉を歴任した。

249年、甥の令狐愚と共に曹芳(斉王)の廃位を企み、曹彪の擁立を企てた。曹芳が年少で頼りなく、司馬懿のような権臣が勢力を振るうので、年長の曹彪に代えようとしたのである。これを長子の王広が激しく諫めたが、王凌は取り合わなかった。また、甥の死後もその計画を推し進めた。

しかし251年、司馬懿に計画を察知されて失敗し、降伏した。その後、司馬懿が自分を誅殺するつもりであることを悟ったため、護送の途中で賈逵を祀った廟の前を通りかかった時に「梁道(賈逵の字)殿、この王凌は元より魏の社稷に忠実な男です。あなたに神格があるのなら、ご存知の筈です」と叫んだという。まもなく、都への到着を前にという地域を通りかかった時、服毒自殺した。齢80。やがて、計画を諫めた長子の王広らと孫・曾孫らも含めて、王凌の三族は皆処刑された。

王凌の妹は郭淮の妻である。彼女もまた兄の王凌に連座して誅殺されかけたが、彼女の子である郭統ら五人の息子は涙を流しながら、地面に額を叩きつけ血を流し生母の助命を哀願していたという。事の重大さを覚った郭淮が、司馬懿に対し「五人の息子は母を憐んでおり、もし母に死を賜れば彼らはその後を追うことでしょう。また五人の息子を亡くせば、私もすぐに妻の後を追うことになるでしょう」と言上したため、彼女は助命されたという[3]

南北朝時代、王凌の従兄弟の6世の子孫にあたる王玄謨は、幼少の頃から優秀さを褒められ王凌のようだ(太尉の彦雲の風あり)、といわれたという[4]

なお、小説『三国志演義』には登場しない。

脚注[編集]

  1. ^ 字は長文。弟の王允と宋翼とともに殺害されている(『後漢書郭泰伝注が引く謝承の『後漢書』、『後漢書』王允伝による。ただし王先謙『後漢書集解』注釈では汪文台曰「郭泰伝注謝承書云、太原王長文弟子師位至司徒」則宏乃允之兄也。とある)。
  2. ^ いずれも飛梟・金虎・明山などは字で、名は不詳。
  3. ^ 三国志』魏書王淩伝の注に引く『世語
  4. ^ 宋書』王玄謨伝