すずつき (護衛艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Suzutsuki (DD-117) meert af in Ōminato, -7 april 2014 b.jpg
大湊・第一突堤にて
艦歴
建造者 三菱重工業 長崎造船所
運用者 Flag of Japan.svg海上自衛隊
計画 平成21年度計画
発注 2009年
起工 2011年5月18日
進水 2012年10月17日
竣工
就役 2014年3月12日
退役
除籍
除籍後
その後
母港 {{{母港}}}
主要諸元
艦種 護衛艦
艦級 あきづき型
排水量 基準 5,000トン
満載 6,800トン
全長 150.5m
全幅 18.3m
深さ 10.9m
高さ {{{高さ}}}
吃水
機関 COGAG方式、2軸推進
SM1Cガスタービンエンジン × 4基
機関出力 64,000PS
速力 最大30kt
燃料
航続距離
潜航限界深度
乗員 約200名
搭載量
兵装 Mk.45 62口径5インチ単装砲 × 1基
高性能20ミリ機関砲CIWS) × 2基
90式SSM 4連装発射筒 × 2基
Mk.41 VLS (32セル)
HOS-303 3連装短魚雷発射管 × 2基
艦載艇 {{{艦載艇}}}
艦載機 {{{航空機}}}
艦載機 SH-60K哨戒ヘリコプター ×1機ないし2機
搭載総数 {{{総搭載機数}}}
飛行甲板
C4I MOFシステムSUPERBIRD B2)
海軍戦術情報システム
OYQ-11 ACDSリンク 11/14/16
FCS-3A FCS
レーダー FCS-3A 多機能レーダー × 1基
OPS-20C 対水上レーダー × 1基
ソナー OQQ-22 統合ソナー・システム
探索装置・
その他装置
電子戦
対抗手段
NOLQ-3D 統合電子戦システム
Mk 36 SRBOC 対抗手段システム
愛称
モットー
その他

すずつきローマ字JS Suzutsuki, DD-117)は、海上自衛隊護衛艦あきづき型護衛艦 (2代)の3番艦。

艦歴[編集]

「すずつき」は、中期防衛力整備計画に基づき平成21年度計画5,000トン型護衛艦2246号艦として、三菱重工業長崎造船所で2011年5月18日起工し、2012年10月17日に三菱重工長崎造船所にて挙行された進水・命名式において、「爽やかに澄み切った秋の月」を意味する[1]「すずつき」と命名された。なお「すずつき」の名を持つ艦艇としては旧海軍駆逐艦涼月に続いて2代目である。

2014年3月12日に就役し、第4護衛隊群第8護衛隊に編入された。定係港は佐世保である。

歴代艦長[編集]

歴代艦長(特記ない限り2等海佐
氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職 備考
艤装員長
  恒益 俊春 2012.10.17-      
 艦長
1 恒益 俊春 2014.03.12 -        

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 海上自衛隊公式サイト:命名・進水式 なおこのページでは基準排水量が約5,100トン全長151m 幅18.3m 深さ10.9mとなっている。

関連項目[編集]

ウィキメディア・コモンズには、すずつき (護衛艦)に関するカテゴリがあります。