69式空対空誘導弾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
69式空対空誘導弾
JASDF AAM-1 Dummy.JPG
種類 短距離空対空ミサイル
製造国 日本の旗 日本
設計 三菱重工業
性能諸元
ミサイル直径 0.15m
ミサイル全長 2.5m
ミサイル重量 80kg
射程 5キロメートル (2.7 nmi)
推進方式 固体燃料ロケット
誘導方式 赤外線ホーミング(IRH)
飛翔速度 M1.7
テンプレートを表示

69式空対空誘導弾(ろくきゅうしきくうたいくうゆうどうだん)は、日本が初めて自主開発した短距離空対空ミサイル。開発・生産は三菱重工業、開発名称はAAM-1(エーエーエムワン、アームワン)

航空自衛隊が装備中であったAIM-9B サイドワインダーアメリカ合衆国製)が生産打ち切りの可能性があったため、開発された。1961年より試作が開始され、1969年昭和44年)に制式採用された。

誘導方式はパッシブ赤外線ホーミング。性能はAIM-9Bとほぼ同等と考えられ、実質的にはコピーと言われている。

実際にはサイドワインダーは生産し続けられたため、ほとんど運用されなかった。

関連項目[編集]