12式地対艦誘導弾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
12式地対艦誘導弾
Type 12 Surface-to-Ship Missile.jpg
重装輪車両に搭載された誘導弾発射筒
種類 地対艦ミサイル
製造国 日本の旗 日本
設計 陸上自衛隊研究本部
製造 三菱重工業
性能諸元
ミサイル直径 約0.35m
ミサイル全長 約5m
ミサイル重量 約700kg
射程 百数十km
推進方式 固体燃料ロケットモーター(ブースター)+ターボジェットエンジン(巡航用)
誘導方式 中途航程:INSGPS
終末航程: ARH
飛翔速度 N/A
テンプレートを表示

12式地対艦誘導弾(ひとふたしきちたいかんゆうどうだん)は、日本陸上自衛隊が装備する地対艦ミサイル対艦誘導弾)システムで、2012年度から調達が開始された。

概要[編集]

88式地対艦誘導弾の後継であり、当初は88式地対艦誘導弾システム(改)と呼称されていた[1]。試作は平成13年度から行われており、開発所要経費は約138億円[1]。艦船における対艦ミサイル迎撃能力の向上に対応し、主にミサイルの生存性向上が改良の主眼となっている[1]

本システムは以下により構成される。

  • 捜索標定レーダー装置:2基(1/2tトラックに搭載)
  • 中継装置:1基(同上)
  • 指揮統制装置:1基(3 1/2tトラックに積載)
  • 射撃統制装置:1基(同上)
  • 発射機搭載車両:1-4輌
    • 及び誘導弾6発(1輌当たり)
  • 弾薬運搬車:1-4輌
    • 及び誘導弾(予備弾):(1輌あたり6発を7tトラックに搭載[2]

システム全体の構成は88式と同様であるが、発射装置の外観が88式から大きく変わり、識別は容易である。発射機搭載車両は重装輪回収車と共通の車体に発射機を搭載したものに変更され、誘導弾体を収める容器(キャニスター)も丸型の生産中止に伴い角型に変更されており、03式中距離地対空誘導弾の発射装置搭載車両に類似したものとなっている。

特徴[編集]

本システムは以前の88式地対艦誘導弾より次の点で優れている[1]

  • 射撃に関する能力の向上
    • 目標情報更新能力の向上
    • 目標大小判別能力と指揮統制機能の向上
    • 命中点のばらつき低減
    • 再装填時間の短縮
  • 残存性の向上
    • 同時弾着機能の高精度化
    • 高射角での発射が可能
    • 地形追随機能の向上
  • ライフサイクルコストの抑制

なお、誘導については従来の慣性誘導(中間)+アクティブ・レーダー・ホーミング(終末)に加え、中間誘導にGPS誘導が追加されている[3]

調達と配備[編集]

予算計上初年度となる平成24年度予算で発射機車両及び誘導弾の予算が計上されており、同26年度に配備される予定である。中国人民解放軍海軍南西諸島海域進出が著しいことから、西部方面隊への配備が濃厚とされる。

12式地対艦誘導弾の調達数
予算計上年度 調達数
平成24年度(2012年) 発射機車両2両 誘導弾24基
平成25年度(2013年) 発射機車両4両 誘導弾48基
平成26年度(2014年) 発射機車両16両 誘導弾192基
合計 発射機車両22両 誘導弾264基

2013年8月平成25年度富士総合火力演習においては、発射機車両が初めて一般に公開された。

配備予定部隊[編集]

派生型[編集]

対艦誘導弾の発達・開発系譜

12式地対艦誘導弾の開発の成果を最大限活用して、2013年度(平成25年度)から2017年度(平成29年度)にかけて90式艦対艦誘導弾(SSM-1B)の後継の新艦対艦誘導弾が開発される計画である。SSM-1Bと比べて、射程の延伸、誘導精度の向上、目標情報のアップデート機能の追加が図られる[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 平成24年度政策評価 事後の事業評価 88式地対艦誘導弾(改)システムの開発、防衛省公式サイト
  2. ^ 「平成23年度ライフサイクルコスト管理年次報告書」より。ただし「平成23年度事前の事業評価」の運用イメージにある弾薬運搬車は、重装輪回収車と共通の車体を用いた10tトラック(PLS付)が想定されている
  3. ^ 誘導武器の開発・調達の現状 平成23年5月 防衛省経理装備局システム装備課
  4. ^ 平成24年度政策評価 事前の事業評価 新艦対艦誘導弾の開発

関連項目[編集]

外部リンク[編集]