中距離多目的誘導弾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中距離多目的誘導弾
JGSDF Middle range Multi-Purpose missile and launcher.jpg
種類 対舟艇・対戦車ミサイル
製造国 日本の旗 日本
設計 防衛省技術研究本部
製造 川崎重工業
性能諸元
ミサイル直径 約14cm
ミサイル全長 約1.4m
ミサイル全幅 約33cm
ミサイル重量 約26kg
誘導方式 光波ホーミング誘導
IIR, SALHの併用)
テンプレートを表示

中距離多目的誘導弾(ちゅうきょりたもくてきゆうどうだん; 英語: Middle range Multi-Purpose missile, MMPM)は、防衛省技術研究本部川崎重工業が開発した新しい舟艇対戦車ミサイル・システムである。

制式化ではなく部隊使用承認の形で採用されているため、○○式という名称は付けられていない。

開発[編集]

本来は、制式化から20年近く経過した87式対戦車誘導弾(中MAT)の後継として、XATM-6の名で2004年(平成16年)度から開発が開始された。

しかし、79式対舟艇対戦車誘導弾(重MAT)の後継であった96式多目的誘導弾システム(MPMS)が1セット20億円(2009年(平成21年)度調達)という高価格と、高機動車・大型を含めた車両6両で1セット(1個射撃分隊)という複雑な構成から重MAT全てを更新することが不可能になったため、中MAT・重MAT両方の後継としても考慮されて開発されることになった。

構造[編集]

誘導方式は、2種類の光波ホーミング誘導赤外線画像(IIR)及びセミアクティブ・レーザー・ホーミング(SALH))の併用による第3世代方式で、照準は赤外線画像(IIR)またはミリ波レーダーで行なう。1秒間隔の連続射撃で同時多目標への対処能力[1]撃ち放し能力を有しており、また、LOAL(発射後ロックオン)が可能といわれる。市街戦や対ゲリラコマンド任務を考慮して、舟艇装甲・非装甲、人員、構造物などに対して対処が可能とされている。

従来の重MATや中MATが車上から一旦降ろして射撃する必要があり、また、MPMSは発射機や照準機が別々の車両に搭載されていたことから、中距離多目的誘導弾は高機動車に発射機と追尾装置、さらに自己評価装置を一体化したシステムを搭載し、自己完結性の高いシステムとなっている。また、発射機と照準装置の分離や、これらを降ろして地上に設置することも可能になっている(ただし87ATMのように1人では運用不可)。

前翼を持たず後部に矩形翼を持つ、アメリカヘルファイア・ミサイルを小型化したような形状をしている。サイドスラスター方式の推進装置や共通の赤外線画像シーカーなど、01式軽対戦車誘導弾(軽MAT)の開発で得た技術が生かされているとされる。


調達と配備[編集]

2009年(平成21年)度予算に10セット経費総額41億円が初めて盛り込まれ、2011年(平成23年)度に普通科部隊などへの配備が開始される予定である。この配備に伴い、配備予定の普通科連隊においては各普通科中隊対戦車小隊連隊直轄の対戦車小隊に再編[2]する予定が組まれている。

運用[編集]

射撃分隊(分隊長、操縦士、誘導手)×2ないし3で1個対戦車小隊を構成し4個対戦車小隊で1個対戦車中隊を構成予定

調達実績[編集]

調達数
調達年度 数量
2009年度(平成21年度) 10セット
2010年度(平成22年度) 13セット
2011年度(平成23年度) 12セット
2012年度(平成24年度) 11セット
2013年度(平成25年度) 11セット
2014年度(平成26年度) 18セット
合計 75セット

配備部隊[編集]

なお、試作品は陸上自衛隊広報センターおよび霞ヶ浦駐屯地において展示されている。

参考文献[編集]

  • 『2010陸海空自衛隊最新装備 JSDFニューウェポン・カタログ』 『』新春2月特別号別冊付録 潮書房 2010年

脚注[編集]

  1. ^ 2012年8月19日 富士総合火力演習 中距離多目的誘導弾 その2(修正版)
  2. ^ 普通科中隊の対機甲戦闘は中隊本部に設置予定の対戦車分隊(01式ATM)を主体に行う計画

関連項目[編集]

外部リンク[編集]