対艦誘導弾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

対艦誘導弾(たいかんゆうどうだん)は、自衛隊をはじめとする政府機関、文書における対艦ミサイルの公称。空対艦誘導弾は航空機に搭載して艦艇を攻撃する空対艦ミサイル、地対艦誘導弾は陸上から海上の艦艇を攻撃する地対艦ミサイル、艦対艦誘導弾は艦艇に搭載し海上で敵艦艇を攻撃する艦対艦ミサイルである。

ここでは日本国内で開発した対艦誘導弾とそこから派生した一連の誘導弾とその後継となる誘導弾について説明する。

対艦誘導弾の発達・開発系譜

航空自衛隊[編集]

80式空対艦誘導弾(ASM-1)[編集]

制式名は80式空対艦誘導弾(はちまるしきくうたいかんゆうどうだん)、別称はASM-1

防衛庁(現 防衛省)が開発した国産初の対艦ミサイル。昭和48年開発開始、昭和54年開発完了。推進方式はロケットモーターで、誘導方式は慣性誘導(中間)とアクティブ・レーダー誘導(終末)を用いる。

航空自衛隊F-1支援戦闘機を発射母機とすることを前提に、同時開発されたもので、配備当時はハープーンに次いで射程が長いとされた。F-4EJ改戦闘機およびF-2戦闘機でも運用される。

93式空対艦誘導弾(ASM-2)[編集]

制式名93式空対艦誘導弾(きゅうさんしきくうたいかんゆうどうだん)、別称はASM-2

ASM-1の改良型。昭和63年開発開始、平成4年開発完了。ASM-1のロケットモーターからターボジェットへ変更したことで大幅な射程の延伸を果たした。また、誘導方式を赤外線としたことでECMを無効とし、赤外線画像による個艦識別や命中箇所の選択も可能といわれる。改良型の93式空対艦誘導弾(B)(ASM-2B)では中間誘導にGPS誘導方式を追加している。

退役したF-1においても運用可能であったが、F-1のレーダーやFCSではASM-2の射程を生かせなかったため、F-2の制式採用前は主にF-4EJ改で運用された。

XASM-3[編集]

ASM-1ならびにASM-2の後継となるミサイル。固体燃料ロケットブースターラムジェットエンジンを組み合わせた推進システムであるインテグラルロケットラムジェット(IRR)システムで超音速飛翔能力を有し、ステルス性を考慮した弾体形状とすることで、高性能な対空火器が搭載されている敵戦闘艦艇の対処時間を低下させる。

平成4年から平成13年度まで研究試作が行われ、平成14年度からの本開発への移行を目指したが予算が認められず、平成15年度から20年度まで推進装置の要素研究のみが継続された。平成22年度からの開発予算が認められたことで、総額325億円をかけ平成28年までに開発を完了させることが決定した。

陸上自衛隊[編集]

88式地対艦誘導弾(SSM-1)[編集]

制式名は88式地対艦誘導弾(はちはちしきちたいかんゆうどうだん)、別称はSSM-1

航空自衛隊のASM-1の改良型で、昭和57年開発開始、昭和63年開発完了。動力をターボジェットに変更し、初期加速用のロケットモーターの分だけ全長が伸びている。発射機、指揮統制装置、射撃統制装置、捜索標定レーダ装置などで構成される。陸上自衛隊の略称はSSM。2000年10月に防衛庁(当時)が公募し、2001年4月に採用した愛称はシーバスター。

ターボジェットによる長射程を生かし、海岸線付近に進出した捜索標定レーダ装置の射撃データを内陸部に配置された指揮統制装置に送り、射撃管制装置がミサイルに発射指示を下すという世界でも例を見ない構成を採る。発射されたミサイルは地形に沿って飛行して被発見率を下げるほか、発射陣地を秘匿するように経路をプログラムされる。高度なECCM能力や、ミサイルの同時着弾、特定目標に集中しないための独特の目標選択アルゴリズムを持つといわれる。

同誘導弾により地対艦ミサイル連隊が6個整備された。一時、3個連隊への縮小が計画されたが、中国の軍事的な脅威が高まったため、西方移転する形で編成数が保たれる見通しである。

  • 最終誘導方式:レーダーホーミング

12式地対艦誘導弾[編集]

88式地対艦誘導弾システム(改)として開発されていた誘導弾システム。試作は平成13年度からで平成24年度から調達が開始された。従来の慣性誘導(中間)+アクティブ・レーダー・ホーミング(終末)に加え、中間誘導にGPS誘導が追加されている。

システム全体の構成は88式と同様であるが、発射装置の外観は88式から大きく変わっている。88式より、射撃に関する能力の向上 、残存性の向上、ライフサイクルコストの抑制の点で優れている。

海上自衛隊[編集]

90式艦対艦誘導弾(SSM-1B)[編集]

制式名は90式艦対艦誘導弾(きゅうまるしきかんたいかんゆうどうだん)、別称はSSM-1B

陸上自衛隊のSSM-1の改良型で、昭和61年開発開始、平成元年開発完了。ハープーンに置き換えて装備・運用できるように配慮された艦対艦ミサイル

海上自衛隊むらさめ型たかなみ型あたご型二代目あきづき型護衛艦はやぶさ型ミサイル艇などが搭載している。画像

91式空対艦誘導弾(ASM-1C)[編集]

制式名は91式空対艦誘導弾(きゅうひとしきくうたいかんゆうどうだん)、別称はASM-1C

陸上自衛隊のSSM-1の航空機発射型。昭和61年開発開始、平成2年開発完了。海上自衛隊P-3C哨戒機で運用される。航空機から発射されるため、不要となった初期加速用のロケットモーターを装備しない。

新艦対艦誘導弾[編集]

SSM-1Bの後継の誘導弾で、陸上自衛隊の12式地対艦誘導弾の開発の成果を最大限活用する。2012年度(平成24年度)より開発開始し、2017年度(平成29年度)までに開発される予定である。SSM-1Bと比べて、射程の延伸、誘導精度の向上、目標情報のアップデート機能の追加が図られる[1]

登場作品[編集]

参考文献[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]