1995年のナショナルリーグディビジョンシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1995年のナショナルリーグディビジョンシリーズ
チーム 勝数
アトランタ・ブレーブス 3
コロラド・ロッキーズ 1
シリーズ情報
試合日程 10月3日 - 10月7日
チーム情報
アトランタ・ブレーブス(ATL)
監督 ボビー・コックス
シーズン成績 90勝64敗(東地区優勝)
コロラド・ロッキーズ(COL)
監督 ドン・ベイラー
シーズン成績 77勝67敗(ワイルドカード
チーム 勝数
シンシナティ・レッズ 3
ロサンゼルス・ドジャース 0
シリーズ情報
試合日程 10月3日 - 10月6日
チーム情報
シンシナティ・レッズ(CIN)
監督 デービー・ジョンソン
シーズン成績 85勝59敗(中地区優勝)
ロサンゼルス・ドジャース(LAD)
監督 トミー・ラソーダ
シーズン成績 78勝66敗(西地区優勝)

 < 1981
NLDS
1995

1996 > 

 < 1981
ALDS
1995

1996 > 
1995NLCS 1995ワールドシリーズ

1995年のナショナルリーグディビジョンシリーズ1995 National League Division Series, NLDS)は、1995年10月3日から10月7日まで行われたMLBナショナルリーグディビジョンシリーズ(地区シリーズ)である。

概要[編集]

1994年から東中西3地区制に移行し、各地区の優勝チームとワイルドカードを含めた4チームでディビジョンシリーズが開催された。実際は前年から実施されるはずであったが、ストライキでシーズンが途中で中断されたため開催されず、この年からの開催となった。

1995年の対戦は、東地区優勝のアトランタ・ブレーブスワイルドカードコロラド・ロッキーズ中地区シンシナティ・レッズ西地区優勝のロサンゼルス・ドジャースとの対戦となった。結果は、3勝1敗でアトランタ・ブレーブス、3勝0敗でシンシナティ・レッズがそれぞれ勝利し、リーグチャンピオンシップシリーズへ進出した。

この年から3年間は、第1戦を本拠地で開催する権利があるチーム(ホストチーム)があらかじめ決められており、対戦カードはワイルドカードチームが同地区チーム及びホストチームと当たらないように組まれていた。また、第5戦は第3・4戦が開催された球場で行われていた。

試合結果[編集]

表中のR得点H安打E失策を示す。日付は現地時間。

ロッキーズ対ブレーブス[編集]

第1試合 10月3日[編集]

コロラド州デンバー - クアーズ・フィールド

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ブレーブス 0 0 1 0 0 2 0 1 1 5 12 1
ロッキーズ 0 0 0 3 0 0 0 1 0 4 13 4
  1. : アレハンドロ・ペーニャ (1-0)  : カート・レスカニック (0-1)  S: マーク・ウォーラーズ (1)  
  2. :  ATL – マーキス・グリッソム (1) チッパー・ジョーンズ 2 (2)  COL – ビニー・カスティーヤ (1)
  3. 観客動員数: 50,040人 試合時間: 3時間19分

第2試合 10月4日[編集]

コロラド州デンバー - クアーズ・フィールド

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ブレーブス 1 0 1 1 0 0 0 0 4 7 13 1
ロッキーズ 0 0 0 0 0 3 0 1 0 4 8 2
  1. : アレハンドロ・ペーニャ (2-0)  : マイク・ムニョス (0-1)  S: マーク・ウォーラーズ (2)  
  2. :  ATL – マーキス・グリッソム 2 (3)  COL – ラリー・ウォーカー (1)
  3. 観客動員数: 50,063人 試合時間: 3時間08分

第3試合 10月6日[編集]

ジョージア州アトランタ - アトランタ・フルトン・カウンティ・スタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R H E
ロッキーズ 1 0 2 0 0 2 0 0 0 2 7 9 0
ブレーブス 0 0 0 3 0 0 1 0 1 0 5 11 0
  1. : ダレン・ホームズ (1-0)  : マーク・ウォーラーズ (0-1)  S: マーク・トンプソン (1)  
  2. :  COL – エリック・ヤング (1) ビニー・カスティーヤ (2)
  3. 観客動員数: 51,300人 試合時間: 3時間16分

第4試合 10月7日[編集]

ジョージア州アトランタ - アトランタ・フルトン・カウンティ・スタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ロッキーズ 0 0 3 0 0 1 0 0 0 4 11 1
ブレーブス 0 0 4 2 1 3 0 0 X 10 15 0
  1. : グレッグ・マダックス (1-0)  : ブレット・セイバーヘイゲン (0-1)  
  2. :  COL – ダンテ・ビシェット (1) ビニー・カスティーヤ (3)  ATL – フレッド・マグリフ 2 (2)
  3. 観客動員数: 50,027人 試合時間: 2時間38分

ドジャース対レッズ[編集]

第1試合 10月3日[編集]

カリフォルニア州ロサンゼルス - ドジャー・スタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
レッズ 4 0 0 0 3 0 0 0 0 7 12 0
ドジャース 0 0 0 0 1 1 0 0 0 2 8 0
  1. : ピート・ショーレック (1-0)  : ラモン・マルティネス (0-1)  
  2. :  CIN – ベニート・サンティアゴ (1)  LAD – マイク・ピアッツァ (1)
  3. 観客動員数: 44,199人 試合時間: 3時間15分

第2試合 10月4日[編集]

カリフォルニア州ロサンゼルス - ドジャー・スタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
レッズ 0 0 0 2 0 0 0 1 2 5 6 0
ドジャース 1 0 0 1 0 0 0 0 2 4 14 2
  1. : デーブ・バーバ (1-0)  : アントニオ・オスーナ (0-1)  S: ジェフ・ブラントリー (1)  
  2. :  CIN – レジー・サンダース (1)  LAD – エリック・キャロス 2 (2)
  3. 観客動員数: 46,051人 試合時間: 3時間21分

第3試合 10月6日[編集]

オハイオ州シンシナティ - リバーフロント・スタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ドジャース 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 9 0
レッズ 0 0 2 1 0 4 3 0 X 10 11 2
  1. : デービッド・ウェルズ (1-0)  : 野茂英雄 (0-1)  
  2. :  CIN – ロン・ガント (1) ブレット・ブーン (1) マーク・ルイス (1)
  3. 観客動員数: 53,276人 試合時間: 3時間27分

参考文献[編集]