鞍馬駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鞍馬駅
駅舎
駅舎
くらま - Kurama
E16 貴船口 (1.2km)
所在地 京都市左京区鞍馬本町191[1]
駅番号  E17 
所属事業者 叡山電鉄
所属路線 鞍馬線
キロ程 8.8km(宝ケ池起点)
出町柳から12.6km
駅構造 地上駅
ホーム 島式 1面2線
乗車人員
-統計年度-
732人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1929年12月20日[1]
テンプレートを表示
鞍馬駅を発車するパノラミック電車「きらら」
デナ21形電車の先頭部と動輪
迎春準備の整った駅入口
天狗のオブジェ

鞍馬駅(くらまえき)は、京都府京都市左京区鞍馬本町にある叡山電鉄鞍馬線終着駅である。駅ナンバリングE17

スルッとKANSAIのフリーパスタイプカードが使用できる駅としては最北端の鉄道駅[2]に当たる。

歴史[編集]

1929年10月20日から現在の駅が開業する同年12月20日までの2か月の間、現在の駅の位置から400メートル起点寄りに鞍馬仮駅が設置されていた[3]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地上駅。出入口は分離されており、出口のすぐ外側にトイレが設置されている[1]。かつてはスルッとKANSAI共通カード対応自動改札機が設置されていたが、2016年1月31日をもってスルッとKANSAI共通カードへの対応を取り止めた際に運用を停止した直後に撤去されている。駅舎は寺院風の木造建築であり、京阪鴨東線開業時に改築された[5]

朝晩以外は駅員が配置されている[1]。また、自動券売機が設置されており、9時30分から16時30分(観光シーズンなどは延長あり)まで稼動する。駅員が配置されている間は、出町柳からの電車が到着し、乗客がすべて下車するまでは、入口にロープが張られてホームに入場することはできない。無人時間帯は電車にて無人駅と同様の扱いを行う。駅舎は閉鎖され、駅舎左側を回り有人時間帯の出口横の通路よりホームに入る。なお、駅前からホームまではほぼ平面である。

駅前に天狗オブジェがあり、構内に長年この線を走り続けたデナ21形電車の先頭部と動輪が保存されている。

のりば
1 鞍馬線 宝ケ池出町柳方面
2 鞍馬線 宝ケ池・出町柳方面

駅周辺[編集]

駅前は小さいながら広場を有する。半分は駐車場となっているが、周囲には前記した天狗のオブジェや土産物店などがあり、くらま温泉の送迎バスなども発着する。

鞍馬街道に出て左に行くとすぐに鞍馬寺の山門がある。街道沿いには昔ながらの民家も多く残っている。山間の狭い所にある集落であり、農耕地は主に駅と反対側の民家裏に少し存在する程度である。2000年代時点では観光以外としては林業が中心であるが、京都市中心部まで40 - 50分程度、大阪市内まで約1時間30分(中之島駅までは約1時間40分)の所要時間であり通勤者も少なからずある。

バスのりば[編集]

駅から府道に出た所に、京都バスの「鞍馬」バス停留所がある。

  • 32系統:花脊峠・花背山の家・花背交流の森・大悲山口 経由 広河原行/上賀茂神社堀川通り・北大路堀川・北大路駅 経由 京阪出町柳駅行
    バス自体は出町柳駅から出ているが、実際には当駅まで叡電を利用してからバスに乗り継いだほうが通し乗車するよりも鞍馬以北へ速く行ける。但し運賃はバスだけで通し乗車するよりも少し高くなる。
  • 52系統:鞍馬温泉行/市原・地球研前経由国際会館駅
  • 95系統(北山バーディ号):以前は市原・江文神社前 経由 大原行が春分の日のみ運行されていたが、大原発の年1回片道化され、鞍馬発のバスは消滅した。

その他[編集]

  • 第1回近畿の駅百選に選定されている。
  • 京都模型より「昭和の駅舎シリーズ」として1/150サイズペーパーキットモデルが発売されている[6]
  • 当駅にて叡電さぶれなどのオリジナルグッズを販売している[7]

隣の駅[編集]

叡山電鉄
鞍馬線
貴船口駅 (E16) - 鞍馬駅 (E17)
  • 括弧内は駅番号を示す。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 各駅情報 | 鞍馬駅”. 叡山電鉄. 2016年2月13日閲覧。
  2. ^ 2016年1月31日までは磁気式の共通カードも利用出来た。バス停留所も含めた最北端は、滋賀県高島市の京都バス・朽木学校前停留所である(ただし利用は京都・大津市内との通し乗車に限る)。
  3. ^ a b c 今尾恵介(監修) 『日本鉄道旅行地図帳』9 関西2、新潮社2009年、40頁。ISBN 978-4-10-790027-2
  4. ^ a b c 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 公営鉄道・私鉄』4号 京福電気鉄道・叡山電鉄・嵯峨野観光鉄道・京都市交通局、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2011年4月3日、14-15頁。
  5. ^ 宮脇俊三原田勝正 『大阪・神戸・京都・福岡の私鉄』 小学館〈JR・私鉄全線各駅停車 別巻2〉、1993年、123頁。ISBN 4-09-395412-7
  6. ^ 京都模型オリジナル商品”. 京都模型. 2016年2月13日閲覧。
  7. ^ 叡電オリジナルグッズ”. 叡山電鉄. 2016年2月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]