恵比須駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
恵比須駅*
恵比須駅舎
恵比須駅舎
えびす
EBISU
KB50 志染 (2.0km)
(1.0km) 三木上の丸 KB52
兵庫県三木市大塚二丁目1-56[1]
駅番号 KB51
所属事業者 神戸電鉄
所属路線 粟生線
キロ程 17.6km(鈴蘭台起点)
湊川から25.1km
新開地から25.5km
駅構造 地上駅[1]
ホーム 1面1線[1]
乗車人員
-統計年度-
668人/日(降車客含まず)
-2015年-
開業年月日 1937年昭和12年)12月28日[1]
備考 無人駅[1]
* 1939年に久留美駅から改称[1]
テンプレートを表示

恵比須駅(えびすえき)は、兵庫県三木市大塚二丁目にある、神戸電鉄粟生線[1]。駅番号はKB51。第3回近畿の駅百選に選定されている。

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式1面1線のホームを持つ地平駅[1]。ホーム有効長は4両。

沿線光ネットワークに接続された駅務遠隔システムが導入されており、センター駅から自動券売機自動改札機自動精算機TVカメラインターホンシャッターが遠隔操作される。そのため駅員巡回駅となっており、構内売店も設けられていないが、駅近辺の飲食店で企画乗車券の委託販売を行っているようである。

2008年11月頃より自動精算機によるICカードチャージ・履歴確認ができるようになった。

駅周辺[編集]

当駅は、多くの公共施設が集まるシビックゾーンへの玄関口である。一方で、湯の山街道に代表される古い町並みも残っている。

バス[編集]

駅前の恵比須駅停留所、県道沿いのエビス停留所がある。志染駅前は狭い道が入り組んでいるため中型の路線バスしか発着できず、大型の路線バスは主に恵比須駅停留所まで乗り入れる。

注記のないものは 神姫バスが運行。みっきぃバス神姫ゾーンバスが運行するコミュニティバス。

恵比須駅

エビス(県道南側)

  • 急行 - 三木本町、三木営業所経由 西脇行き
  • 快速 - 上ノ丸、福有橋経由 三木営業所行き
  • 三木本町経由 三木営業所行き
  • みっきぃバス - 三木市民病院経由 三木営業所行き

エビス(県道北側)

  • 急行 - 志染公民館前経由 三ノ宮行き
  • 快速 - 自由が丘経由 三ノ宮行き
  • 安福田、志染公民館前、淡河経由 三田駅行き この区間の運賃は1090円[4]、対する神戸電鉄は680円である。[5]
  • 安福田、志染公民館前、淡河経由 岡場駅(停留所名は岡場駅前)行き この区間の運賃は960円、対する神戸電鉄は640円である。
  • 安福田、志染公民館前経由 淡河行き
  • みっきぃバス - 市役所前経由 森林公園行き

利用状況[編集]

  • 神姫バスが当駅 - 三ノ宮駅間で西脇急行線恵比須快速線を運行しており、こちらへ神鉄の乗客の多くが流れて粟生線は苦戦している。当駅でも神戸へ向かう客の多くが神姫バスを利用している[要出典]
  • 2015年の年間乗車人数は244千人(668人 / 日)である。(三木市統計書より)
年次 1日平均
乗車人員
2002 836
2003 819
2004 792
2005 764
2006 756
2007 767
2008 754
2009 740
2010 748
2011 759
2012 732
2013 710
2014 688
2015 668

隣の駅[編集]

神戸電鉄
粟生線
快速・急行・準急・普通
志染駅 (KB50) - 恵比須駅 (KB51) - 三木上の丸駅 (KB51)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 『兵庫の鉄道全駅 私鉄・公営鉄道』 神戸新聞総合出版センター、2012年12月10日、193頁。ISBN 9784343006745
  2. ^ “神戸電鉄/恵比須駅舎が完成/きょう 利用開始/笑顔で観光客 迎えたい”. 神戸新聞(朝刊) (神戸新聞社): p. 26(三木). (2002年3月21日) 
  3. ^ 主な一例として「三木平井山ぶどう狩りクーポンを発売します」 (PDF) (神戸電鉄公式サイト内のニュースリリース 2011年8月5日発信)などがある。
  4. ^ 乗車バス停に「エビス」、降車バス停に「三田駅」「岡場駅前」と入力するとそれぞれへの運賃が確認できる
  5. ^ 当駅から神戸電鉄全駅への運賃表 (PDF)

外部リンク[編集]