広野ゴルフ場前駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
広野ゴルフ場前駅*
駅舎
駅舎
ひろのゴルフじょうまえ
HIRONO GOLF JO MAE -
KB48 緑が丘 (0.7km)
(2.1km) 志染 KB50
兵庫県三木市志染町広野7-116[1]
駅番号 KB49
所属事業者 神戸電鉄
所属路線 粟生線
キロ程 13.5km(鈴蘭台起点)
湊川から21.0km
新開地から21.4km
駅構造 地上駅[1]
ホーム 1面2線[1]
乗車人員
-統計年度-
518人/日(降車客含まず)
-2014年-
開業年月日 1936年昭和11年)12月28日[1][2]
備考 無人駅[1]
* 1942年-1951年は広野新開駅[1]
テンプレートを表示

広野ゴルフ場前駅(ひろのゴルフじょうまええき)は、兵庫県三木市志染町広野7-116にある、神戸電鉄粟生線[1]。駅番号はKB49

歴史[編集]

  • 1936年昭和11年)12月28日 - 三木電気鉄道の広野ゴルフ場前駅として開業[1][2]。三木電気鉄道開業当初の終着駅であった[1][2]。また、電化が間に合わなかったため翌年4月15日まで芸備鉄道からガソリンカーを借り入れてしのいだ[1]
  • 1937年(昭和12年)12月28日 - 三木電気鉄道が三木東口駅(現在の三木上の丸駅)まで延伸し、途中駅となる[2]
  • 1942年(昭和17年)12月22日 - 広野新開駅と改名[1]
  • 1947年(昭和22年)1月9日 - 神戸有馬電気鉄道により合併され、神有三木電気鉄道(のちに神戸電鉄)の駅となる[2]
  • 1951年(昭和26年)4月1日 - 広野ゴルフ場前駅に改称[1]
  • 1984年(昭和59年)10月5日 - 交換設備の使用を開始[1]

駅構造[編集]

プラットホーム
改札口
券売機

島式1面2線のホームを持つ行違い可能な地平駅[1]。ホーム有効長は5両。駅舎は下り線西側にあり、ホームとは鈴蘭台寄りの構内踏切で連絡している[1]

沿線光ネットワークに接続された駅務遠隔システムが導入されており、センター駅から自動券売機自動改札機自動精算機TVカメラインターホンシャッターが遠隔操作される。そのため駅員巡回駅となっており、構内売店も設けられていない。隣の緑が丘駅とは700mしか離れていない。

のりば[編集]

1 粟生線(下り) 粟生小野三木方面
2 粟生線(上り) 湊川有馬温泉三田ウッディタウン中央方面

駅周辺[編集]

東側は住宅地である。西側はゴルフ場である。

駅前を発着する路線バスは1本もない。なお2009年11月からは平日の火曜日・木曜日だけであるがみっきぃバス三木南ルートの運行がはじまったが、本数は少ない。

利用状況[編集]

2012年の年間乗車人数は201千人(549人 / 日)である。(三木市統計書より) 兵庫県立三木北高等学校の生徒の利用も多い。

また、1日当たりの平均乗降人員は、1999年度(平成11年度)には2,162人だったが、2008年度(平成20年度)には1,218人となっている[3]


年度 1日平均
乗車人員
2002 877
2003 800
2004 768
2005 729
2006 663
2007 619
2008 598
2009 592
2010 578
2011 553
2012 549
2013 540
2014 518

隣の駅[編集]

神戸電鉄
粟生線
快速・急行・準急・普通
緑が丘駅 (KB48) - 広野ゴルフ場前駅 (KB49) - 志染駅 (KB50)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 『兵庫の鉄道全駅 私鉄・公営鉄道』 神戸新聞総合出版センター、2012年12月10日、191頁。ISBN 9784343006745
  2. ^ a b c d e 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 公営鉄道・私鉄』14号 神戸電鉄・能勢電鉄・北条鉄道・北近畿タンゴ鉄道、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2011年6月19日、11-12頁。
  3. ^ 粟生線・駅別乗降人員<1日平均>の推移 (PDF)

外部リンク[編集]