神戸電鉄神戸高速線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
神戸電鉄 神戸高速線
新開地駅の神戸電鉄神戸高速線ホームに停車する神戸電鉄車両
新開地駅の神戸電鉄神戸高速線ホームに
停車する神戸電鉄車両
基本情報
日本の旗 日本
所在地 兵庫県神戸市兵庫区
起点 新開地駅[1]
終点 湊川駅
駅数 2駅
路線記号 KB KB
開業 1968年4月7日
所有者 Kobe-kosoku logo.svg 神戸高速鉄道(第3種鉄道事業者)
運営者 Kobe rallway logo mark.svg 神戸電鉄(第2種鉄道事業者)
使用車両 神戸電鉄#車両を参照
路線諸元
路線距離 0.4 km
軌間 1,067 mm狭軌
線路数 複線
電化方式 直流1,500 V 架空電車線方式
保安装置 神鉄型ATS
路線図
Kobe Kosoku Line.png
テンプレートを表示
停車場・施設・接続路線
阪神Number prefix Hanshin Railway.png 神戸高速線
tSTRq
tSTRq
阪急Number prefix Hankyu Kobe line.png 神戸高速線
0.0 KB01 新開地駅
tSTRq tKRZt
Subway KobeSeishin.svg湊川公園駅
HUBrf
0.4 KB02 湊川駅
tSTRe
LSTR
Number prefix Kobe Railway line.png 有馬線
HST
KB06 鈴蘭台駅
STR+l ABZlr STR+r
LSTR
Number prefix Kobe Railway line.png 粟生線
LSTR KHSTe
KB59 粟生駅
HST
KB15 有馬口駅
ABZgl STR+r
KHSTe LSTR
KB16 有馬温泉駅
LSTR
Number prefix Kobe Railway line.png 三田線
KHSTe
KB29 三田駅

神戸高速線(こうべこうそくせん)は、兵庫県神戸市兵庫区新開地駅から湊川駅[1]に至る神戸電鉄鉄道路線である。全区間にわたり神戸高速鉄道第三種鉄道事業者となっており、神戸電鉄が第二種鉄道事業者として列車を運行している。神戸高速鉄道としての路線名は南北線であり、2010年9月30日まではこの名前で営業されていた。

実質的には神戸電鉄有馬線の延伸(ただし運賃計算上は別路線)。神戸電鉄のターミナル駅となった新開地駅で阪神阪急山陽電鉄の列車と連絡している。全線が地下線となっている。

神戸高速鉄道が計画された当初は、南北線は現在のルートとはまったく異なるものであった。地図を見ると、湊川公園の東側から神戸駅まで「し」の字型に伸びる道路があるが、この道路ルートが、当初計画されていた南北線のルートとほぼ一致する。そして、この計画では、新開地駅は一切設置されず、神戸電鉄が神戸駅に、それも(地形の関係上)高架で乗り入れるというものであった。また、同じ軌間国鉄東海道本線(現・JR神戸線)経由で三ノ宮駅方面へ乗り入れる構想もあったとされる。

路線データ[編集]

神戸高速鉄道は第三種鉄道事業者として南北線を保有し、神戸電鉄が第二種鉄道事業者として列車を運行している。

運行形態[編集]

すべての列車が有馬線や粟生線と一体的に運行されている。阪神・阪急の神戸高速線(神戸高速鉄道東西線)とは軌間が異なるため直通運転はできない。

歴史[編集]

  • 1968年(昭和43年)4月7日:新開地 - 湊川間が開業。神戸電鉄が乗り入れ開始[3]
  • 1988年(昭和63年)4月1日:神戸高速鉄道が第三種鉄道事業営業開始。神戸電鉄が南北線全線で神戸高速線として第二種鉄道事業営業開始[4]
  • 1995年(平成7年)1月17日阪神・淡路大震災で被災。同年6月22日復旧[5]
  • 2010年(平成22年)10月1日:運営体制が変更され、神戸高速鉄道に委託されていた駅や施設の管理を神戸電鉄が引き継ぐ。

駅一覧[編集]

駅番号 駅名 営業キロ 接続路線
KB01 新開地駅 0.0 阪神電気鉄道阪急電鉄HS 阪神神戸高速線阪急神戸高速線(HS 36)
KB02 湊川駅 0.4 神戸電鉄KB 有馬線(直通)
神戸市営地下鉄Subway KobeSeishin.svg 西神・山手線湊川公園駅)(S06)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 距離を示すキロポストは全線地下線のために新開地起点なのか湊川起点なのかが不明である。
  2. ^ a b c 『歴史でめぐる鉄道全路線 公営鉄道・私鉄』14号 3頁
  3. ^ 『歴史でめぐる鉄道全路線 公営鉄道・私鉄』14号 12頁
  4. ^ 『歴史でめぐる鉄道全路線 公営鉄道・私鉄』14号 13頁
  5. ^ 「阪神大震災から1年」、『鉄道ジャーナル』第30巻第4号、鉄道ジャーナル社1996年4月、 86-88頁。
  6. ^ 全駅に駅ナンバリングを導入します (PDF) - 神戸電鉄、2014年3月3日

参考文献[編集]

  • 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 公営鉄道・私鉄』14号 神戸電鉄・能勢電鉄・北条鉄道・北近畿タンゴ鉄道、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2011年6月19日

関連項目[編集]