山門駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山門駅
山門駅を兼ねる仏堂「普明殿」
山門駅を兼ねる仏堂「普明殿」
さんもん
Sammon
(0.2km) 多宝塔
所在地 京都府京都市左京区鞍馬本町
所属事業者 鞍馬寺
所属路線 鞍馬山鋼索鉄道
キロ程 0.0km(山門起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1957年昭和32年)1月1日
テンプレートを表示
「普明殿」の内部にある「ケーブル受付」
ケーブルカーのホームと「牛若號III」

山門駅(さんもんえき)は、京都府京都市左京区にある宗教法人鞍馬寺が運行するケーブルカー鞍馬山鋼索鉄道である。鞍馬鋼索鉄道の山下駅に相当し、その名のとおり鞍馬寺の山門(仁王門)をくぐってすぐの場所にある。

接続する鉄道路線[編集]

駅構造[編集]

「普明殿」という1992年完成の仏堂が、駅舎を兼ねている。1階の正面入口の正面には仏像毘沙門天)が安置されている。

「牛若號III」の時代は、1階に「ケーブル受付」という事実上の乗車券売場があり、ここで係員に諸堂維持寄付金(事実上の運賃)を納めて乗車票を受け取っていた。待合所は1階の右側にあり、乗り場はその奥にあった。待合所にはケーブルカーの案内パネルがあった。この頃の「普明殿」の2階には展示スペースが設置され、下りのケーブルカーに乗車した場合は必ずこの展示スペースを通って1階に下るようになっていた。登りのケーブルカーに乗車する際はこの展示スペースを通らなかったが、待ち時間等に2階に上がって展示スペースを見学することは可能であった。

2016年の「牛若號VI」の運行開始後は、2階にケーブルの待合室と乗り場が移され、かつての乗り場が下りケーブルカーに乗車した乗客の出口となった。2階にかつてあった展示は、規模を縮小して1階に移され、2階は完全な待合室となっている。階段を上がった場所には事実上の乗車券である「寄進票」を発売する自動券売機が置かれている。

ホームの柱や手摺は「牛若號III」の時代は朱塗りであったが、改装後は黒塗りとなった。

駅周辺[編集]

歴史[編集]

  • 1957年(昭和32年)1月1日 鞍馬山鋼索鉄道の開通に伴い開業。
  • 1992年(平成4年) 事実上の駅舎として「普明殿」を新築。

隣の駅[編集]

宗教法人鞍馬寺
鞍馬山鋼索鉄道
山門駅 - 多宝塔駅

関連項目[編集]