ソユーズMS-18

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ソユーズMS-18
Soyuz MS18 Launch.jpg
ソユーズ 2.1aで打ち上げられる「Y・A・ガガーリン」
名称ISS 64S
任務種別ISS乗員輸送
運用者ロスコスモス
COSPAR ID2021-029A
SATCAT №48159
ウェブサイトhttp://en.roscosmos.ru/
任務期間190日 20時間 53分
特性
宇宙機ソユーズMS No.748 「Y.A.ガガーリン」[1][2]
宇宙機種別ソユーズMS
製造者RKKエネルギア
乗員
乗員
コールサインKazbek [3]
任務開始
打ち上げ日2021年4月9日07:42:41UTC[4][5][6]
ロケットソユーズ 2.1a
打上げ場所バイコヌール宇宙基地31番射点
打ち上げ請負者プログレス国家研究生産ロケット宇宙センター
任務終了
着陸日2021年10月17日 04:35:44 UTC
着陸地点カザフステップ
軌道特性
参照座標地球周回軌道
体制低軌道
傾斜角51.66°
ISSのドッキング(捕捉)
ドッキング Rassvetモジュール天底
ドッキング(捕捉)日 2021年4月9日11:05 UTC[6][3]
分離日 2021年9月28日12:21 UTC
ドック時間 172日 1時間 16分間
ISS(再配置)のドッキング(捕捉)
ドッキング Naukaモジュール天底側
ドッキング(捕捉)日 2021年9月28日13:04 UTC
分離日 2021年10月17日01:14:00 UTC
ドック時間 18日 12時間 10分間
Soyuz-MS-18-Mission-Patch.png
Soyuz MS-18 mission patch
Expedition 64 Crew Qualification Exams (NHQ202009220006).jpg
マーク・ヴァンデ・ヘイ、オレグ・ノヴィツキーおよびピョートル・ドゥブロフ

ソユーズMS-18は2021年4月9日07:42:41UTCに打ち上げられたソユーズによる宇宙飛行である[4][7]第64次長期滞在英語版の乗組員を国際宇宙ステーション(ISS)に輸送する。ソユーズMS-18はソユーズ宇宙船に146回目の有人宇宙飛行である。乗組員はロシア人コマンダー、ロシア人フライトエンジニアおよびNASAのアメリカ人フライトエンジニアからなっている[8][9][10]。この宇宙船は191日間を宇宙で過ごした後、2021年10月17日に地球に帰還した[11]。このフライトでは約1週間で宇宙で映画 Vyzovロシア語: Вызов;挑戦)を撮影するためにソユーズMS-19でISSに到着した映画監督のクリム・シペンコ英語版および女優のユリア・ペレシルドの帰還船となった[12][13][14]

2021年3月9日、ロスコスモスはNASAの要請に応じて既存の飛行計画を変更し、メインクルーのセルゲイ・コルサコフ英語版にかえてマーク・T・ヴァンデ・ヘイ英語版を、バックアップクルーのディミトリー・ペテリン英語版にかえてアン・マクレーン英語版を配置することで、NASAの宇宙飛行士のソユーズ宇宙船でのフライトを、少なくとも1フライト延長すると発表した[15][16]。この取り決めはNASAとロスコスモスの間の補完的な乗組員輸送サービスのための現物取引であり、2つの機関の間での金銭的交換は発生しない[17][18]

2021年10月17日に、予定通り船長のオレッグ・ノヴィツキーおよび映画撮影のために滞在していたシペンコとペレシルドを載せて地球に帰還した[19]

クルー[編集]

地位 打ち上げ機乗組員 着陸機乗組員
コマンダー ロシアの旗 オレッグ・ノヴィツキー, ロスコスモス
第64次長期滞在英語版
3回目の宇宙飛行
フライトエンジニア/宇宙飛行参加者1 ロシアの旗 ピョートル・ドゥブロフ英語版, ロスコスモス
第64次英語版/第65次/第66次長期滞在英語版
1回目の宇宙飛行
ロシアの旗 クリム・シペンコ英語版, チャンネル1
映画 Vyzov(挑戦)
1回目の宇宙飛行
フライトエンジニア/宇宙飛行参加者2 アメリカ合衆国の旗 マーク・T・ヴァンデ・ヘイ英語版, NASA
第64次英語版/第65次/第66次長期滞在英語版
2回目の宇宙飛行
ロシアの旗 ユリア・ペレシルド, チャンネル1
映画 Vyzov(挑戦)
1回目の宇宙飛行

バックアップクルー[編集]

地位 乗組員
コマンダー ロシアの旗 アントン・シュカプレロフ, ロスコスモス
フライトエンジニア1 ロシアの旗 オレッグ・アルテミエフ英語版, ロスコスモス
フライトエンジニア2 アメリカ合衆国の旗 アン・マクレーン英語版, NASA

ロシア側モジュールの拡張[編集]

Naukaモジュール(左)に取り付けられた ERA のアーティストによるイメージ。予備のジョイントはRassvetモジュール(右)に取り付けられる

ソユーズMS-18の乗組員は、先行して打ち上げられてISSにドッキングしたNaukaモジュールに取り付けられる欧州ロボットアーム(ERA)の一部を輸送するめに2021年7月21日に打ち上げられたプロトン-M打ち上げロケットに先立って、2021年4月9日到着した。ISSロシア側モジュールへの Nauka およびERAを設置するための船外活動が第65次長期滞在英語版(ソユーズMS-18乗組員)によって計画され、7月29日に実行された[20][21][22][23]

Nauka がドッキングした後のロシア側モジュールのコンピューター生成画像

プリチャルモジュールの国際宇宙ステーションに向けてプログレスM-UMと一緒の打ち上げが2021年11月24日に予定されている。2021年2月4日にロスコスモスによって起草されたISSフライトマニフェストでは、Prichalが2021年11月に打ち上げられ、2日後にNaukaの天底側ポートにドッキングすることになっている[24]。Prichalの1つのポートにはNauka/MLMモジュールとのドッキングを可能とするアクティブ・ハイブリッド・ドッキング・ポートが装備されている。残りの5つのポートは、ソユーズおよびプログレス輸送機や、より重たいモジュールや、ドッキングシステムが変更された将来の宇宙船とのドッキング可能なパッシブ・ハイブリッド・ポートとなっている[25]。Prichalモジュールが宇宙ステーションに到着した後に、ソユーズM-18乗組員による船外活動が計画されている。この船外活動はモジュールの初期の準備作業に焦点が当てられている[7][25]

Prichalモジュールは2021年にロシア側モジュールへの2つ目の追加となる。

再配置後にナウカにドッキングするソユーズMS-18

エンジン点火事故[編集]

2021年10月15日の09:02 UTC、着陸に向けての宇宙船の推進システムの準備中に、ソユーズMS-18は予定の時間を超えて不用意にスラスターを噴射し、この結果として09:13 UTCにISSの姿勢が57°変化してしまった。 宇宙ステーションの姿勢制御システムはロシア軌道セグメントのスラスターを用いて対応処置を行なった。 このソユーズの誤ったエンジン点火は、試験を行なっていたオレッグ・ノヴィツキーに対してミッションコントロールが間違った手順で指令を送ったためだった。 幸いなことに、ソユーズ宇宙船に搭載された飛行管制システムには、テストに割り当てられた推進剤が全て使用されたら即座にエンジン停止指令を発生する、エンジンテスト時の限度設定が設けられていた。 この結果、宇宙船に搭載された推進剤の内、着陸に必要な分には手がつけられていなかった。 乗組員には危険はなかったが、これは2021年7月29日にナウカの制御が失われた時以来の2度目の事故だった [26][27]

帰還[編集]

映画監督と女優は、コマンダーのオレッグ・ノヴィツキーとともにソユーズMS-18で2021年10月17日に地球に帰還した。 ソユーズMS-18でISSに到着した宇宙飛行士ピョートル・ドゥブロフとマーク・ヴァンデ・ヘイは、シュカプレロフとともにソユーズMS-19で着陸する予定である [28]

脚注[編集]

  1. ^ Zak, Anatoly (2021年3月13日). “Planned Russian orbital launches in 2021”. RussianSpaceWeb.com. 2021年3月14日閲覧。 “A Soyuz-2-1a rocket to launch the Soyuz MS-18 spacecraft (Vehicle No. 748, ISS mission 64S)...”
  2. ^ Pearlman, Robert (2021年3月23日). “Russia's next space station-bound Soyuz named for first cosmonaut”. collectSPACE. 2021年3月27日閲覧。 “Roscosmos cosmonauts Oleg Novitsky and Pyotr Dubrov, together with NASA astronaut Mark Vande Hei, are set to lift off to the International Space Station on Russia's Soyuz MS-18 spacecraft, which has been named the "Yu.A. Gagarin"”
  3. ^ a b Becker, Joachim Wilhelm Josef. “Soyuz MS-18”. Space Facts. 2021年3月24日閲覧。 “International Flight No. 321; Soyuz MS-18; Kazbek”
  4. ^ a b Baylor, Michael (2020年4月1日). “Status – Soyuz MS-18”. Next Spaceflight. https://nextspaceflight.com/launches/details/2969 2020年10月13日閲覧。 
  5. ^ Zak, Anatoly (2020年12月1日). “Evolution of the Soyuz MS-17 flight program”. RussianSpaceWeb.com. 2020年12月3日閲覧。
  6. ^ a b NASA [@nasa]. "A recap of today's journey for three space travelers, including @Astro_Sabot, on a Soyuz spacecraft (all times ET):" (ツイート). Twitterより2021年8月9日閲覧
  7. ^ a b Zak, Anatoly (2020年9月2日). “Planned Russian space missions in 2021: Soyuz MS-18”. RussianSpaceWeb.com. 2020年10月12日閲覧。
  8. ^ @anik1982space (2020年2月28日). "Первоначально в основной экипаж "Союза МС-18" (старт весной 2021 года) входили Сергей Рыжиков, Сергей Кудь-Сверчков и Сергей Корсаков. Можно предположить, что Кэтлин Рубинс теперь в этом экипаже вместо Корсакова, а в дублирующем – Томас Маршберн.pic.twitter.com/ICQtgZU8Mx" [Initially, the prime crew of the Soyuz MS-18 (starting in the spring of 2021) included Sergei Ryzhikov, Sergei Kud-Sverchkov and Sergei Korsakov. We can assume that Kathleen Rubins is now in this crew instead of Korsakov, and in the backup one – Thomas Marshburn.pic.twitter.com / ICQtgZU8Mx] (ツイート) (ロシア語). Twitterより2020年3月3日閲覧
  9. ^ “Для возможного полета на "Союзе" в 2021 году выбрали Кэтлин Рубинс” (ロシア語). (2020年3月6日). https://ria.ru/20200306/1568227299.html 
  10. ^ “Роскосмос подтвердил подписание контракта на доставку астронавта NASA на корабле "Союз"” (ロシア語). TASS. (2020年3月12日). https://tass.ru/kosmos/8456907 
  11. ^ Zak, Anatoly (2021年6月2日). “Soyuz MS-18 mission to support ISS expansion lifts off”. RussianSpaceWeb.com. 2021年8月22日閲覧。
  12. ^ “Russian actress to head to ISS in 2021 to star in first feature film in space”. TASS. (2020年11月2日). https://tass.com/society/1219251 2021年4月2日閲覧。 
  13. ^ “Выбраны 20 претенденток на роль в фильме, который будут снимать на МКС” (ロシア語). Интерфакс. (2021年3月9日). https://www.interfax.ru/russia/755118 
  14. ^ Фильм "Вызов": итоги медкомиссии” (ロシア語). Roscosmos (2021年5月13日). 2021年8月9日閲覧。
  15. ^ Новости. Астронавт NASA назначен в экипаж корабля "Союз МС-18"” (ロシア語). roscosmos.ru. Roscosmos (2021年3月9日). 2021年3月9日閲覧。
  16. ^ Brown, Katherine (2021年3月8日). “NASA Assigns Astronaut Mark Vande Hei to Space Station Crew”. NASA. 2021年3月22日閲覧。  この記述には、アメリカ合衆国内でパブリックドメインとなっている記述を含む。
  17. ^ NASA Weighs Options for Additional Crew Transportation for Spring Soyuz Mission to Space Station”. NASA. 2021年3月10日閲覧。  この記述には、アメリカ合衆国内でパブリックドメインとなっている記述を含む。
  18. ^ NASA confirms plan to fly astronaut on upcoming Soyuz mission”. SpaceNews. 2021年3月10日閲覧。
  19. ^ “国際宇宙ステーションで初の長編映画撮影を行っていたロシア映画班が無事に帰還”. Tech Crunch. (2021年10月18日). https://jp.techcrunch.com/2021/10/18/russian-film-crew-returns-from-iss/ 2021年10月18日閲覧。 
  20. ^ Davenport, Justin (2021年4月8日). “Soyuz MS-18 launch marks 60 years of human spaceflight”. NASASpaceFlight.com. 2021年4月25日閲覧。
  21. ^ Zak, Anatoly (2021年2月9日). “ISS set for the Russian expansion”. RussianSpaceWeb.com. 2021年2月9日閲覧。
  22. ^ ロシア初の実験棟、ISSに連結 「ナウカ」、国営企業が開発”. 共同通信社 nordot (2021年7月30日). 2021年7月30日閲覧。
  23. ^ 実験棟「ナウカ」、ISSとドッキング成功 ロシア”. 時事通信ドットコム (2021年7月30日). 2021年7月30日閲覧。
  24. ^ Zak, Anatoly (2020年10月10日). “Planned Russian space missions in 2021”. RussianSpaceWeb.com. 2020年11月17日閲覧。
  25. ^ a b Zak, Anatoly (15 January 2011), Prichal Node Module, UM, RussianSpaceWeb.com, http://www.russianspaceweb.com/iss_node.html 2020年11月17日閲覧。 
  26. ^ Errant Russian spacecraft thruster firing tilts space station by accident again”. Space.com (2021年10月15日). 2021年10月16日閲覧。
  27. ^ Crew Work and Station Attitude Update Before Soyuz Crew Departure”. NASA (2021年10月15日). 2021年10月16日閲覧。  この記述には、アメリカ合衆国内でパブリックドメインとなっている記述を含む。
  28. ^ На МКС 10 человек”. Роскосмос (2021年4月9日). 2021年4月30日閲覧。