ソユーズMS-06

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ソユーズMS-06
Expedition 53 Soyuz Launch (NHQ201709130002).jpg
夜間に打ち上げられたソユーズMS-06
運用者 ロスコスモス
COSPAR ID 2017-054A
SATCAT № 42937
任務期間 168日5時間13分58秒
特性
宇宙機種別 ソユーズMS 11F747
製造者 RKKエネルギア
乗員
乗員数 3
乗員 アレクサンドル・ミシュルキン
マーク・T・ヴァンデハイ
ジョセフ・アカバ
任務開始
打ち上げ日 2017年9月12日 21:17:02 UTC [1]
ロケット ソユーズFG
打上げ場所 バイコヌール宇宙基地 LC 1/5
任務終了
着陸日 2018年2月28日 02:31 UTC [2]
着陸地点 カザフスタン
軌道特性
参照座標 地球周回軌道
体制 低軌道
ISSのドッキング(捕捉)
ドッキング ポイスク
ドッキング(捕捉)日 2017年9月13日 02:55 UTC
分離日 2018年2月27日 23:08 UTC
dock時間 167日20時間13分

Soyuz-MS-06-Mission-Patch.png

Soyuz MS-06 crew.jpg
左からアカバ、ミシュルキン、ヴァンデハイ
ソユーズ計画
(有人宇宙飛行)

ソユーズMS-06国際宇宙ステーションに第53次長期滞在クルーを送り届けるために2017年9月13日に打ち上げられたソユーズ宇宙船である[1]。135機目のソユーズ宇宙船で、ロシア人のコマンダーとアメリカ人のフライトエンジニア2名の計3名が搭乗した[3]。軌道上に168日留まった後、2018年2月28日に帰還した[2]

クルー[編集]

地位 メンバー
コマンダー ロシアの旗 アレクサンドル・ミシュルキン, RSA
第53次長期滞在
2回目の宇宙飛行
フライトエンジニア 1 アメリカ合衆国の旗 マーク・T・ヴァンデハイ, NASA
第53次長期滞在
1回目の宇宙飛行
フライトエンジニア 2 アメリカ合衆国の旗 ジョセフ・アカバ, NASA
第53次長期滞在
3回目の宇宙飛行

Backup crew[編集]

地位[4] メンバー
コマンダー ロシアの旗 アレクサンドル・スクボルソフ, RSA
フライトエンジニア 1 アメリカ合衆国の旗 スコット・ティングル, NASA
フライトエンジニア 2 アメリカ合衆国の旗 シャノン・ウォーカー, NASA
映像外部リンク
モスクワ上空を飛行するソユーズMS-06と国際宇宙ステーション (2017年9月13日).

2017年にロシアが国際宇宙ステーションに派遣する宇宙飛行士の人数を削減することを決定したため、クルーの搭乗割が変更された[3]。このため、元々ソユーズMS-04に搭乗するはずだったアレクサンドル・ミシュルキンとマーク・T・ヴァンデハイがソユーズMS-06に搭乗することになった[3]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Pietrobon, Steven (2017年2月5日). “Russian Launch Manifest”. 2017年2月12日閲覧。
  2. ^ a b Bergin, Chris (2018年2月27日). “Soyuz MS-06 returns three ISS crew members to Earth”. 2018年2月28日閲覧。
  3. ^ a b c NASA Updates 2017 International Space Station Crew Assignments”. NASA (2016年11月15日). 2016年11月22日閲覧。
  4. ^ Manned Spaceflight Launch and Landing Schedule”. spacefacts. 2016年11月22日閲覧。
  • ウィキメディア・コモンズには、ソユーズMS-06に関するカテゴリがあります。